タグ:海外旅行 ( 103 ) タグの人気記事

2014年 05月 26日
グリンデルワルト 1
1月14日
f0103459_19501365.jpg f0103459_19441572.jpg
7.30に起こしてもらう。まだ薄暗い。すぐ支度、食事をして9時の電車に乗る。ガスはなく山はみな見えるが快晴は望めそうもない。間近に仰ぎ見るヴェッターホルンなどの巨大な壁の迫力は何とも一寸表現のしようがない。瀟洒な家々のすぐ背面に屹立する様子は壮絶である。これでアイガーの北壁などにお目にかかったらどうなるかと心配になるほどだ。昨夜Sが少し話をしてきた英国人の家族4人が案内してくれるというので、これ幸いとついて行くことのする。37分かかってKL.Scheideggに登る。登山電車を使ってのスキーは初めてだが広いし暖房も良く効いているし大勢の人を眺めたり話も出来るからリフトやゴンドラなどよりは遥かに快適である。上はやはり少しガスがかかり雪がちらつきアイガーなどもその下部が見えるだけだ。
 途中で冷えないせいもあるだろうが、アメリカのスキー場やボストンなどの寒さを経験した後だけに暖かく感ずる。事実少し動くと汗ばんでくるし軍手一つで充分なのだから気温はそう低くないはずだ。そのうえ風が全くない。土産物屋を冷やかしていると早速、槙有恒氏の名前が出てくる。やはりここでの彼はそれほど有名なのだろう。それに商売がおんぶしている感じだ。
まずラウバーホルンのTバーリフトに乗る。ガスで凹凸や新雪の場所などが全くわからないので時々エアポケットのようにストンと落ちたり、新雪の所へ飛び込んだり散々苦労して何とか下に降りる。次いでユングフラウヨッホの方へ登る。電車で二つ三つ先の駅まで登りそこからまた別のリフトの出発点へ滑り下り、リフトでまた登ってKL.Scheideggへなどと滑る中にすっかり疲れてしまった。滑降量が大きい事もあるだろうが今シーズンまだほとんどスキーらしいスキーをしていないこと、慣れない長い(1000メートル位だろうか)急なTバーリフトで休まる暇が少ないことが原因らしい。
 昼食は宿から渡されたお弁当にスープを頼んで食べる。ところがこの弁当がまたすごい。バターをたっぷり塊のまま塗りつけ2塊のチーズを添えたパン、サラミと焼豚様の肉をサンドしたパンがそれぞれ1つずつ。それにゆで卵、リンゴ、オレンジ、更にクラッカ、ウエハースなどの小さな包みが1つでとても1人では食べきれない。
 昨夜もそうだったがこの辺りで暖かくして食べるものは皆白い陶器の深い大きな長方形のお皿の様なものの中に携帯燃料のようなものが入れてあるらしくマッチで火をつけその上にお皿を乗せて運んでくる。ともかくなにかにつけ心憎いばかりだ。例えば2度目にKL.Scheideggから乗った電車にしても綺麗にニスで外側を塗りあげそこに真鍮の金具やマークが光っているといった具合いだ。コースの標識は色分けしたポールが、危ない所には三角旗を並べたような形の柵が作られている。午後Wengenの方に半分ほど下る。これがまたご機嫌の斜面だ。晴れていたら涙が流れそうだ。反対側のWengenから登ってくる電車でまたKL.Scheideggに戻る。雪が次第にひどくなってきたので少し早目だが諦めて降りることにする。ところが暫く滑ると雪も小やみにガスも晴れてきた。良さそうに
スキー学校の生徒が10人ぐらいずつまとまって気分さそうに良さそうに飛ばして行くととても帰る気にはなれなくなる。午前中は何も見えず不意にコブから突き落とされて蛙の様に潰されそうになったり、そのブザマさはキリントンの再来だった。イモだと思っていたイギリス人の家族4人が意外と強く、危く置いて行かれそうになったのもショックだった。暫くするとうまい具合いに電車の途中駅にすべりこめたのでこれ幸いともう1度滑る。Sとは途中ではぐれてしまった。今度はKL.Scheideggから1発で降りてやろうなどと目論んだが、野心を抱くと得てしてうまくゆかないもので、何度かコース外に飛び出したり、ひと休みしようとすると同時に滑り出した女の子に追い抜かれたりしてヨレヨレになる。更にこの辺からは雪がかなり固く小休止を繰り返してようやく下に着く。
 Grinderwaldの駅の前では小さな子供達が広いリンクでスケートを楽しんでいる。ニス塗りの自転車型のソリがたくさん実用で使われていたり、店のウインドウにはヨダレの出そうなものが一杯に並んでいる。あちこちひっかかりながら宿へ帰る。夕映えが美しく夕食もまた快適。毎日、何か名前もわからぬものを出されるが食べると皆それぞれうまい。今夜は青のりにニンニクを加えペースト状にしたものだが洋風な味だった。夕食はパンよりじゃがいもを炒めたものが主食だ。スキー場でもこれを皿に山盛りにして食べていた人がいた。色々ウマそうな物を食べている人がいるのだがこちらは弁当で手一杯なのが残念だった。
 月明かりの中に見える山々の姿は昼間の何倍も美しく荘厳だ。この感じは文字でも写真でも映画でもその何分の1も表現出来ない。明日の晴天を祈る。書き忘れたが今日アイガー氷河を見た。美しくものすごい。
宿以外の電車やお土産などはかなり高い。

by my-pixy | 2014-05-26 08:06
2014年 05月 25日
Grinderwald、Zermatt、St.Antonに行き先決定
1月13日(水)
朝8時まだ重い体をムチ打って起きる。不充分ながら昨夜は6時間ぐらいは眠ったので少しは回復した.もうこれ以上無駄な日は使いたくないが、相変わらずスキー場に行く交通も、そのスケジュールなども皆目分からない。ホテルで少し聞き日航に行く。こういう時のJALのオフィスは救いの女神だ。St.Moritzの近くにいる田島とかいう人にTelしてくれたのでいろいろ聞き大分様子が分かる。さらに旅行社、駅のinformationなどと渡り歩いて、大体のまわる順序だけは決まる。やはり2週間という期間では3ヶ所位にすべきだと、目をつぶりGrinderwald、Zermatt、St.Antonのみに絞る。Holiday ticketが有利とのことだがそれを作ってもらうのに2時間ほどかかるというのでカメラを持って街へ。コペンよりは充実してきれいだ。フランクフルト較べると街も人も感じがよい。靴屋などは欲しい靴でいっぱいだ。

13.20分の列車でルツェルン、インターラーケン経由でグリンデルワルトへ。初めての列車の旅。改札口はまったくない.ポーターが1個70円位で荷物はみな車内に運び入れてくれる。広軌とはいえそれ程広いという感じはない。2等車のシートは日本のものよりは簡単だが、少し広くきれいな仕上げだ。しかし何といっても目を見はるのは、発車後2〜3分すると両側に拡がる風景だ。重苦しく曇ってはいるが その美しさは素晴らしい。緩やかな起伏で続く緑の斜面と点在する家々、さらに小さな湖なども入り混じって延々と続く。 その何処を切り取ってもカレンダーの写真になりそうだ。ルツェルンまでの1時間、左右の車窓にこうしたシーンが趣を変えながら走り去っていく。その美しさは文字通り表現すべき言葉がなく沈黙する。東海道線なら品川を過ぎる頃から、小さな駅は緑の中にポツンと置かれるようになり、周囲には店舗も看板も何一つなくなる。あるものは唯、緑の斜面と渋い山小屋風の家、小さな点景として置かれるこども達の服装ぐらいである。もし晴れていたらこの美しさは倍増するだろう。これは本当に恐ろしいような事実だ。
 日本での33年間も、そして今回日本を出ての2週間もいろいろ美しいものを見てきた。サンフランシスコの住宅街とコペンハーゲンの女性にはひどいショックを受けた。世の中に少なくとも形の上では完璧というものがあることを知らされた。しかしこの車窓からの眺め、ルツェルンの待ち合わせ時間、駅前で見た湖と町の姿はさらに美しいものがあることを教えられた。SFOの美しさは建物の調和によるものだったが、ここでは更にその上に手入れされたゴルフ場のような自然と、一軒一軒の家の家の美しさまでがプラスされていた。

f0103459_1105734.jpg ルツェルンからの2時間は単線で狭軌だが、玩具の電車ような可愛い車両で走る。途中からギアを入れて登り始めたらしい音になる。Griderwaldにつく前に日はすっかり暮れてしまった.明るければ恐らくアイガーやメンヒの岸壁がぐんぐん近づいてきていたことだろう。6時半到着し教えられたビューローに行くがすでに閉店。仕方なく店じまいをしていた食料品店の人に尋ねるとまだ殆ど空いているらしい。こちらの希望をいうと3Fr.出せば電話をかけて送ってくれるという。なかなかドライで面白い。OKというと電話をかけ店じまいも早々にトラックで荷物と共に送ってくれる。5Fr.渡すと喜んで帰って行った。ホテルというより民宿か季節旅館的な感じだ。といっても志賀高原高天原に並ぶロッジのような感じのよい家で、マダムと思われる人のほか数人の女性が迎えてくれる。アットホームな感じだ。
 われわれの部屋は1階だが、食堂などは2階でこちらがGround Floorになっているので、外を回る。日本でいえば離れ家式で、バス以外は全部つき3食でTax.Service料こみで2100円とのこと。その安さにびっくり。早速、夕食に出かけるが、その豊かさ美味しさにまたびっくり。これだけでも東京なら2100円だ。
すっかりご機嫌で、もう他へ行くのは止めようかというような気分になる.家族的で暖かな雰囲気で言葉の壁がなければ天国だ。

by my-pixy | 2014-05-25 18:10
2014年 05月 24日
欠航とオーバーウエイト
1月12日 f0103459_8201093.jpg
 9:45分発のSASでFrankfrut Muenchen経由でBadgasteinへ。待望のスキーが出来る事で嬉しいはずなのだがそれがさほどでもない。コペンでの深夜にわたる日本語談義で体は重い。真っ暗な朝8時に起き出発、空港で3日間愛用したボルボと別れ、ナポレオンを4.75$で買い込む。リアジェットのカラベルのお腹の下から乗り込む。飛行中の音が低く快適。ところがFrankfurtで乗り換えの待ち合わせをすること2時間Muenchen行きは天候が悪くて飛ばないという。すでに1時半、慌てて荷物を取りに行くやらSASと話をするやら大騒ぎとなるが、こうなってくると舞台はドイツ、怪しげな英語の能力が俄然問題になってくる。それでもどうやら列車への振替、一等乗車券、急行券などをもらって駅行きのバスに乗り込む。ほんの少しだがAutoバーンを走る。名神なみと見た。駅に着いてからまた一騒ぎ。結局すぐExpressに乗ってもBad着は夜中の3時頃になるとの事。ここでわれわれの英語の能力の限界にきた。根本的対策を相談すべくJALのオフィスを探す。今までのように一応レールの上に乗った旅行や誰かの力を頼れる時はともかく、こういうケースで、時間がギリギリときては不案内なな土地のことでもありgive upである。幸いJALのオフィスがすぐ見つかったのでそこに泣きつく。結局例の列車に乗るか夜の8時頃まで待ってZurichに飛びBadを諦めるかということのなる。時間は3時半。睡眠不足のうえ大きな荷物と喋る苦労に疲れ果て,そのうえ夜中の3時まで列車に乗って翌朝全く未知のスキー場でスキーのバッケンつけから始めてデモの場所を探して本番の撮影。これではとても無理と涙をのんでBadは諦める。朝からほとんど何にもありついていないのでこう決めると空腹がどっと襲ってくる。切符の変更等に約1時間ほどを要し5時頃やっと昼食。ところがこれが肉はともかく他のものはハワイ以来のヒドさときて更にイラつきやっと立食いでソーセージなどを食べて小康を得る。
 荷物を預けて散歩する。今朝コペンを出る時はTWAの何人かのスチュワーデスを見かけたが彼女達がひどく野暮ったく見えた。ところがここドイツとなるとまたそれより数段悪い。ただデカいだけで取得がない。隣り合わせた国同志のようでも随分異なるものだ。これで3つ目の国だが身体はそのいずれでもそう大きいとは思えない。もっと大きな人間に取り囲まれ若干のコンプレックスを感じるのではないかと思っていたがこれは意外だった。6時頃にSwiss Airのオフィスへ行く。ここのオフィスは今までの中では最も感じが良くない。大変ガサツな感じだ。そのうえここの今夜のチーフと思われる禿あがったユダヤ的顔付きで眼鏡を鼻先までずり落とした男が荷物がover weightだと言う。
 確かだが1人当り3㎏である。しかも今朝のSASで来たままの状態であることは相手も解っている。それでそれにchargeをするため延々40分余りにわたって書類をかき回すやら、あちこと電話をするやらして料金を調べ出した。こちらは静感、40分後やっと全部で2マルク(180円)だときた。一応承知した様な顔をしていた。するとどこの金で払うか、マルクは持っているかと言うからマルクで敵が計算していることがわかっていたのでとぼけて持っていないと答えた。この間も他の若い連中はしばしばこのチャージに反対しているらしいが彼は全然蛙の面に水である。その感じからこれは絶対免れる見込みはないと考えた。そしてそれなら出来るだけ面倒をかけてやろうと決心した。その中Sがスキーは1台かと聞かれうっかり2台と答えたためチャージは倍になる。
f0103459_822519.jpg ビンディングなしで1つのケースに入っているので一寸解らなかったのに。これでいよいよ決心はかたく2人のEXESSのチケットからそれぞれ2マルクづつとるようにと言ってチケットを出す。明らかに狼狽が感じられ少し気を良くする。なぜならわれわれのチケットは$で、わずか180円のために面倒なチケットを2通作り直さなければならなくなるからである。重ねて現金はないか空港へのバスで2マルク必要だぞ、などというから半分通じないような顔をしてとぼける。とうとう敵は諦めバスの発車寸前までまた40分ほどかかってチケットを作り直した。その間こちらは嫌味を言う文句を考えておいた。自分の会社の飛行機で自分の国へ金を落としに来ていること。その朝同じ荷物でコペンからSASで来ているお客に対してのこの態度は我慢がならなかった。他の仕事を放り出して1時間半もかかって僅か360円もらってお客をカンカンに怒らせる。こういう馬鹿はどこにでもいるものだ。最後の文句は完全な口ゲンカになったがこの時ほどタイミングよく次々と言葉が感情を込めて出て来た事は今までになかったことだ。大変満足。JALでも若い男が言葉ばかり丁寧だがヤル気が全くない男に頭にきたが、日本語で喋れる事で我慢に我慢をした。しかしここではドイツ人の小母さんが彼の至らぬ所を十二分に補って色々ホテルの予約、キャンセルの事まで面倒みてくれ感激した。お互いに不自由な英語の会話なのに。
 Swiss Airの飛行機は年代物のDC-3。日本ではとっくにお蔵になっているJALスタート以前のもので少々心配。ZurichのAir Portでまたまたスキーで40分余りも待たされる。どうもスイスの第一印象、特にSwiss Airは良くない。Zurichの空港も羽田以下。JAL手配のホテルがまた最低。床は一歩ごとにギーギー。フロントのオヤジは感じ悪くベッドはツインのはずなのにダブルと補助ベッド。部屋は汚く明かりは暗い。せめてナポレオンでもガブ飲みして眠ることにする。

by my-pixy | 2014-05-24 18:06
2014年 05月 23日
コペンハーゲン
1月9日
 ヨーロッパ、コペンハーゲンはやはり楽しみだ。1時間ほどウトウトしただけで2度目の食事もそこそこに雨のコペンハーゲンに着く。出迎えのDr.Kには無駄足をさせたようだ。電文が一寸わかりにくかったらしい。税関は何のチェックもなし。欧州車のレンタカーという事でボルボを借りることにする。シーズンオフなので係員がいなかったりで一寸時間をとる。ボルボは噂以上に快調。特に加速、ギアシフトなどはご機嫌そのもの。メルクールホテルでDr Aと会い4人で話し込み昼頃外に出る。雨がひどく食事をしただけでDr.Aのアパートに帰る。一見した所コペンハーゲンの街は古く小さくBostonから新しい建築を除いた感じに近い。空港もハワイ程度でアメリカの各都市のものとは比較にならない。しかし気のせいかやはりアメリカの都市にはない雰囲気を感じる。ただ1日が短く北国特有のどんよりした重い空が午後4時には真っ暗になってしまう。ウイスキーを飲みながら話をしたり自炊の夕食を作ったりしている間にすっかり夜になってしまう。昨夜ほとんど眠れなかっただけにクタクタで疲れきって早目に眠る。

1月10日
f0103459_7563843.jpg 昨日は土曜日と雨と疲労から何も出来ずに終わってしまったので明日こそはと思っていたのだが、約束の10時にDr.Kに起こされるまで何も知らなかった。多少の雪が散らついているが青空が次第に広がりつつありすっかり雪化粧した町が一際美しい。バタバタ支度を済ませてDr.Aと4人でボルボでクロングボルグ城へ出掛ける。ドライバーが左側通行に不慣れなところに道案内が歩行者的感覚で、かつ時々意見が対立するという始末で、運転の方は益々おかしくなりなかなかボルボ544の良さを楽しむまでに至らない。道路の両側に散在する家々は雪をかぶって全く北欧というイメージにピッタリの姿になる。道は日本のいい所と較べれば大差ない。小1時間走って目的のお城に着く。お城それ自体よりもその堀の周りの斜面でソリで遊ぶ子供達が大変可愛らしくその方に興味を惹かれた。また門の所にある彫刻も城の壁面をバックとして美しかった。食事をして少し回り道をして帰る。ボルボのほとんどは素晴らしいがやはり腰高な感じには免れない。
 コペンハーゲンに帰り着くともう暗くなってしまう。もっと色々見たいのに恨めしくなるほど陽が短い。夜ビヤホールに出掛ける。来た時は空いていたが1時間程で満員。若い連中がほとんどで中央の金の手すりの中で踊り始める。この手すりを通して中の連中を見るとどうも滑稽だ。しかし女の子の美しさは大変なものだ。アメリカでの2週間でそう簡単に金髪には騙されなくなったつもりだったが、ここの女の子の美しさには完全にお手上げだ。アメリカではちょこちょこ大変美しい人にお目にかかった。しかし一方には随分ひどいのも多かった。しかしここでは俺も外国に来て2週間で早くも頭がおかしくなり始めたのではないかと思うほど、ほとんどがスタイルブックの挿画から抜け出して来たような美しさだ。顔の造作には多少のバラつきはあるが格好の良いことは驚くべきものだ。町を歩いていた時から多少は気がついていたが分厚いオーバーを脱いだ時の彼女等の素晴らしさを見せつけられて、なぜか今までどうしても感じなかった日本との距離感をひどくハッキリと感じた。また同じ白色人種の中でもここの連中の白さは生の白魚のような透き通るような白さでDr.Kの言葉を借りれば「ロー人形のような感じ」さえする。この後ここのビートの溜まり場とかいうバーへ連れて行かれたが、こちらは何か濁った目つきで膚の色艶がないような連中が多く、店の感じもイヤな感じで早々に引き上げる。

1月11日
f0103459_862115.jpg 土日で2日間お預けを喰らった買い物。むしろハワイ以来ずっと我慢してきた買い物をしょうと張り切って起きる。ところが9時だというのに空は明けきらずおまけに雨がシトシト。これでもう少し撮り足そうと思っていた8ミリも諦め車を使って買い物に出る。ところが案内者がいないのでParkしては歩きまわってくると何処にParkしたのかわからなくなるなどあまり効果的ではなかった。17時半までの営業時間を気にしながら1日中あちこち歩き回ったがさして面白いものも見つからなかった。夜はDr.Kにコペン最高というペッパーステーキをご馳走になる。テーブルのすぐ横にワゴンを持って来て肉を焼きブランデーをそのフライパンの中に注ぎ込む。それが燃え上がる美しい火を見ながらの食事はなかなかゴージャスなムードだった。ここでは酒、煙草はひどく高く米国のフィルタ付は20本入りが250〜350円もする。アル中増加防止策との事だ。Dr.Kと食事をしながら日本の母校内部のこと、歯科医師会のこと、社保のこと、コペンの大学の単位や教授の資格のこと、彼の研究のことから人生観に至まで長いことかたい話をする。0時近くまで。彼を送ってホテルに帰る。これで丸3日間のコペンの生活を終えたわけだが考えてみるとこれといってまとまった事は何もない3日間だった。見物をするでもスキーをするでも仕事の見学をするでもなく3日間が終わってしまった。なんといっても陽の短いことが致命的で本当に使えるのは10:30〜14:30位でその中昼食に1時間をとられてはほとんど何も出来ない。オマケに土日にぶつかった事。10日を除いて雨・雪などに降られ9日はほとんど前夜の不眠で元気がないとあっては致し方あるまい。女の子の美しさとは引き換え街の方はあまり強い印象を受けなかったのはアメリカから渡って来た旅行者の通例なのだろうか。

by my-pixy | 2014-05-23 18:00
2014年 05月 21日
三度N.Y.へ戻りデンタルオフィス見学
午後4時のEastern Air LでN.Yに帰る。BostonではDr.Hに色々お世話になった。色々な点でやはり案内者のあることは楽だがやはり思うようにならない事も多かった。Bostonでの食事の中では直径1m程もあるピザを8つ切りにして出してくれる店に2、3度通った。六本木辺りのものより遥かにうまく2切れにコーラが付いて80 ¢前後とすこぶる安くご機嫌だった。

 ラガーディア空港着。M氏のアパートに立ち寄った後Peggyを誘って夜のグリニッジビレッジ見物に出かける。”As Spanish As Spain”というキャッチフレーズのELCHCOとやらで食事をする。どうもアーニーなどとBostonで食事をした時のCHIVASの痛飲がたたったらしく胃の具合がおかしく飲めない。貝や海老が殻ごとまざっているチャーハン様の食事がうまかった。21:30からショーが始まったが1時間にわたって少しも退屈させないのはさすがだし、小さな店であれだけのショーをやってかなりのんで4人で47$とかいうのは日本のクラブなどよりはるかに安い。ショーの途中で引きずり出されたのには閉口。終わると白髪のお年寄りが自分は東京や京都で大変楽しかったなどとわざわざ話にやって来る。お客は10組位でそのほとんどが年配の夫婦だったが、見ていて大変気持ち良く彼らのダンスは正確で美しかった。

 ショーが終わりここを出て他のバーに移る。ここは皆かなり年配のウエイターで、彼らが店の中央のグランドピアノの所へ来てオペラの一部や民謡などを歌ういわばジローのアメリカ版のような所だ。よくわからないが皆なかなか良い声で本格的な歌い方だ。そして他のウエイター達がそれに合わせて合唱になったり掛け合いで歌ったりもするが、そのタイミングの良さなども心憎いばかりだ。店は古いビヤホールのような簡単な造りだが、しばらくいると言葉がよく分からなくてもぐんぐんその雰囲気に引き込まれていく。60を越すのではないかと思われるようなお婆さんのウエイトレスも、自分の出番を待ちかねるようにしてハミングしたり一緒にコーラスに加わったり、先ほどのCHICOと同じく全くアットホームで気持ちの良い雰囲気だ。こういったものや若いアーティストやビートなどからグリニッジビレッジは形作られているらしく楽しい町だ。銀座のオバケ座敷のような雰囲気はどこにもなかった。0時過ぎMに送られ帰る。

1月7日 NYU デンタルオフィス見学
 Dr.Fと待ち合わせてN.Y.U.のHospitalに。Under post graduate courseの補綴部門を中心に見せてもらう。口蓋破裂の処置が切札らしくしばしば話に出てくるが時に目をひくものはない。基礎を忠実にやっているという事は解るが技術的にそう感心するようなものはない。レジン前装のベニアクラウンがやたらに多いが、医局員はあまり実際にはタッチしていないらしく仕上がりはどうも頂きかねる。帰りがけ見せられたオーラルリハビテーション後の顎運動をX rayで撮ったの16ミリは実用になれば結構なことだと思った。
 キャフェテリアで食事をしてプライベートオフィス見学に出かける。No1.は名前は忘れたがタイムススクエアに近くの大きなビルの8階辺りに親子でオフィスを持っている人で、1人が1日30人位づつの患者を見るので、他のDr.と3人で100人近くの患者を見るとの事で、5つのO.Pはほとんど日本並みの設備でRitterのCentury unitのjunier型にMotor chair、Caritron sound masking 麻酔器以外に特に変わった設備はない。RitterのひどくclassicなX rayすら補助的ではあるが使用されている。アメリカの水準をやや下回ると思われるごく月並みなオフィスで早々に退散する。

f0103459_1231037.jpg 次はDr.Silverman Pan AMのビルの近くのオフィス街の1階に独自の入り口をもちその入り口に植え込みなどを持った感じの良い外観で、中に入ると短い廊下の正面は待合室に、横にHygの部屋に通じる別のドアがある。待合室は管理学会などの説通り絨毯を敷きつめた落ち着いた部屋で、表通りに面した所以外には窓がなく落ち着いた部屋である。暫く待つとDr.が現れる。典型的なアメリカのDentistという感じの人でBostonのDr.Gavelとはまた異なった仂き盛りという感じで気持ちの良い人だ。N.Y.U.の補綴の主任教授院長だけのムードを身につけた人だ。そして順次中を案内していただく。いくつかのO.Pはブルー、サーモンピンク、アイボリーなど一つ一つ異なった色彩で統一されている。そして色彩以外はキャビネット、ユニット、椅子など全部がいずれも同じ物に統一されている。一つ一つのO.P Labなどは色彩的なコントロールなどの点を除けばさほどのものはない。ただここの良さは全部の部屋が始めから理想的な状態にアレンジされていることだと思う。そしてそれぞれが皆かなり高い水準でそれぞれの部屋の必要を満たすように作られている。Dr.のプライベートルーム、アシスタント達のrest room、待合室、escape doorなどすべてそうである。患者で忙しそうな合間を見ては大変親切に説明して頂いた。

f0103459_1295268.jpg 次いでDr.Mittelmanのオフィスを訪れる。ドアを開けるとすぐかなりの広さの待合室でその一部に受付用の大きなデスクと必要なの事務用品がありアシスタントが坐っている。待合室のテーブルにはパンフレットやSound maskingがお得意とみえてその切り抜きの貼ったアルバム、そしてわれわれにもおなじみのSimplification in D.Practice.が置かれている。マークされた所を開くとこのDr.の原稿と写真が載っている。self P.R.のうまい人を予想する。現れたDr.は大体想像通り小柄で頭の真中が禿げ上がったちょっとずるそうな目つきの人で、早速Sound m.に関するパンフレットを渡される。彼のオフィスは今までのものと異なって一つのO.Pがかなり広い。そして同じく広い壁面には一杯に淡い色彩の画が書かれている。その反対側の入り口に近い部分にcontor cとDentimo L型のキャビネットなどが接近して置かれている。従って画に近い方にはかなりの広さの空間がありその一つの隅に彼のデスクが置かれている。O.Pはこれ一つで暗室などを挟んでもう一つのHyg用のO.Pがあるがこれもほとんど同じ広さ空間をもっている。ここにはテレコと連動するオートスライドが椅子のすぐ横にあり、またSound m用のテープが各種並べられている。それには各種の音楽が録音されそのところどころに口腔衛生普及用のナレーションが挟まっている。Sound mの講釈をHygから一式聞かされる。アメリカではLab、Hygなどが早くいえば大変威張っている。特にHygはほとんどが自分のO.Pをもちネームプレートなどをそこに張り付けている。Dr.の治療ぶりを拝見する。L型キャビネットの一部が移動式になっていて彼はそれをすぐ横に置き椅子を水平に倒し排唾管を入れて上顎のPreparationをやっていたがなかなか具合が良さそうだ。Hygは別のO.Pに、アシスタントは受付の方にいて彼は全く1人で治療をしている。したがってDr.のまわりをC.Tray、 M.Cab、Dentimoなどがとりまいている。SuctionのMouth tipはミラーの柄の中が中空になって鏡の部分で開口しているものが使われている。面白い。Kilpatrikなどと同じグループらしいところが随所見られる。今まで見てきたものの中では最も進歩的で面白かった。
 次いで日本に交換教授として見えていたDr.Landaのオフィスに行く。大変喜ばれたが内容はご高齢の方で何もなく早々に退散。18時頃ホテルに帰りMと会いPeggyの所へ出掛ける。地下鉄に初めて乗る。ブレッソンの写真を思い出す。大変便利な乗り物で15¢で何処までも早く行けるし終夜運転だとの事だが、階段を降りて行くと鼻をつく悪臭と電車の汚さは大変なものだ。また猛烈に沢山の線があるので一寸案内者なしでは利用出来ない。Peggyのアパートは1つのフロアを3人で利用していてMのように綺麗ではないが広さも設備も充分だ。食事をしながらまた食後にも色々話す。途中から帰って来た彼女の友人が大変面白い人で結構面白かったが、会話の難しさは1対1の場合より大勢になるほど大変だ。結局ついていけず黙ってしまうことになる。いい経験だが大変くたびれた。明日はスキー場で会ったTed達がヘリコプターでN.Y見物をさせてくれるとの事で楽しみに帰る。

1月8日
 朝目を覚ますとひどいガスと雨。がっかりして何をする元気もなくなる。昼近くまで色々整理などして約束の時間にMのオフィスに行く。地下鉄で逆に3倍もの時間がかかる。ここでTomに会い食事をご馳走になり、その後彼の案内でウォール街などを歩く。忙しくなったMとは途中で別れる。雪がないのは残念だったが大変お世話になった。2時間ほどウォール街を歩きまわってTomと別れる。N.Y空中見物が流れたのは全く残念だった。M宅に帰り荷物をまとめ彼の車で清子夫人に送られて空港へ。
 飛行機は満席。ひどく窮屈だし前の中国人らしい2人連れが大変不愉快だ。スチュワーデスは頑張っているが満員になるとさすがサービス満点とはいい難くなる。7時半に出て9時着(翌日)だからかなり時間があるようでも、7時間の時差があるから2度の食事などでほとんど眠れない。隣りのスウェーデンの人と色々話しをする。ひどいなまりだが割合よく解る。スチュワーデスやスチュワードの英語も大変わかり易くかつ通じ易くなりぐっと気が楽になる。

by my-pixy | 2014-05-21 16:10
2014年 05月 20日
Boston
f0103459_1139198.jpg

1月4日
 9時半、音に聞くフォーサイスに行く。意外と小さいことに驚く。診療室内の色調はペンキの色、肌の色、髪の色などがちょうどS.F.Oの家並みのように淡いトーンに統一され、日本では考えられない色彩効果を出している。ユニットを右側に移しスピットンのみを椅子の左に置いたアレンジ、オートクレーブ、アマルガメーターなど器械を真中に集中させた配置が面白い。移動式キャビネットはわれわれと同じだがすごく美しい。ペルトンのライトがほとんど使われている。クラウン等のダイは錫メッキが主でクリプテックス等がサブに使われている。その他椅子のバックにシリンジを取付けたり、トレーシステム等も試験的に行われているがすでに書籍ではおなじみの設備だった。外科の器械はすべてオートバッグに入れられすべてが使い捨てのアメリカ的消耗品が随所に見られた。
 続いて技工所見物。かなりの人数で、ビルの2つのフロアで完全な分業で各種の仕事が行われている。ポーセレンは三回の焼成で、始め薄いキャップを、二回目にやや大きめにラフな形成でボディ切端色をスパチュラで盛り上げ、小さな電気カミソリのバイブレーターでコンデンスをし、三回目の焼成の前にダイヤモンドディスクで形成してグレーズしている。一見ラフな様だが中々うまい。マイクロボンドは完全に実用化の段階に入ったようだ。大きなブリッジなどもどんどん作られている。色調などもまあまあ。ゴールドのベースに低溶を焼き付けたものと、白金ベースに高溶を焼き付けたものとがあるが、ゴールドベースの方がbetterだとの話。これまでに十数年かかったと云うからかなりの難関があるのだろう。受付附近には簡単なユニットがあり、前歯の色などを見たりしているらしい。一見ブキッチョそうだが分業だけあってかなりうまい。特にベニヤクラウンのwax upなどはかなり見事だ。
 午後Dr.Hのオフィスに行く。リッターのCentury unitが、チェアの間に準備コーナーのようなものをはさんで並んでいる。片方のユニットはブラケットを取り去って、代わり壁付のキャビネットから引き出しと同様に薄いテーブルが引き出せるようになっている。ユニットはその本来の姿でR.Moritaとは多少異なっている。どちらかと言えば消耗品などを除いては特に変わったこともない。90KVPで1/10secで撮れるX線 オフィス全体のアレンジ 小児歯科用のモーターチェア、患者たちに渡す風船、玩具、歯ブラシなどが目新しい。夜、Down Townを散歩しCHIVAS REGALなどを仕入れて帰る。

f0103459_11554869.jpg1月5日 朝、SSwhiteで若干の買い物をする。Mr.Jaksonが大変長い間色々説明してくれたが、英語はほとんどわからず単語とカンを頼るのみだった。午後はHarvardの美術館に行く。Grass Flowerなどがお勧めだったが、お土産屋のGem stoneの方が目新しかった。夕方からケープコートから出て来てくれたアーニーマサコ、Dr.Hと共に「京都」で痛飲。京都での思い出は懐かしかったが言葉の壁は厚かった。少し飲み過ぎグロッキーで帰る。成果の無い一日。

1月6日 ボストン最後の日
 フォーサイスでDr.Hと逢う。二日酔いと睡眠不足でひどく調子が悪い。
11時頃、J.M.Gavelのofficeを訪ねる。Bostonは古い街で目下近代化の途中にあるらしく、ハイウェイや高層建築があちこちに現れているがまだ赤煉瓦の3、4階建てがほとんどである。その典型的な街並みが延々と続いている一隅の彼のオフィスもその一角にある。すり減った石の階段を数段下りた所が玄関で、いかにも歴史の街ボストンらしいものだった。赤煉瓦が多く使われているのでボストンの街は北国らしい灰色の空とともに、SFOなどの淡いトーンとは対照的な暗い色調で統一されている。白髪で大変気持ちのいいDr.Gavelが丁寧に各セクションを紹介してくれる。4つのO.P.の中の一つがHyginist用で他の3つはそれぞれ彼の苦心のあとが如実に示されている。ベースはカウンタータイプの椅子だが、3つともユニットは無く、Hyginist用のものもMoter.chairに手製のトレーを取付けたもので、自製の苦心が偲ばれる。
 1台目は天井から下げられたキャッスルタイプの無影灯とCervical Trayそして椅子の左側の壁の引き戸の中にタービン、エンジン、サクション、麻酔器、キャビトロン、Soundmaskingなどがぎっしり詰め込まれている。それぞれは自在なアームで引き出して使用できるようになっていてむき出しなのはスピットンのみだ。ここで彼は数々の新しいアレンジの検討をしたと見受けられた。Midwestのタービンのコントラはメタルのチャックでバーを自由に固定出来るようになっていた。第2のO.Pは椅子に取付けられたシーメンス型のスピットン、ブラケット付きチェアのみでここはどちらかといえば補助用のものらしく考えられるが麻酔器はセットされている。これはなかばHyg用と思われた。
 第3のO.Pは第一のものの経験から新しく考えられたらしくかなり必要なものだけに整理され、椅子の右側にサクションの箱がポストの様に立ち上がっているだけだ。ここは別のDr.が使っているらしい。彼は日本で言えば代診だがDr.Gavelに賃借料を払って自分自身の患者をみているというDr.Hの説明だった。これがアメリカでの代診の大半の在り方らしい。ラボは40〜50才位のかなりの年配の人でジェレンコのリングファーネス、セラムコ用のファーネス、高周波洗浄機、スポットウエルダー、その他一通りの器械が揃い、全顎のリハビテーションのケースが顔弓などを使用して行われていた。かなり難しいケースを手がけている割にそう技術が卓越しているとは考えられなかった。ともかくDr.Gavelが色々考え少しづつ改良して行った跡がはっきり感じられ興味深かった。彼のオフィスは仕上げ前の段階で近日中に余分なホースコード類を整理して絨毯等も張り替えるとの事でその色見本なども見せて将来への抱負などを話された。僅かな時間だったが色々教えられるところ多い半日だった。

by my-pixy | 2014-05-20 16:06
2014年 05月 19日
アメリカでのスキーは終わりBostonへ
1月2日
 AM6:30。またまた電話で叩き起こされる。チェックアウトして帰途Sugarbushをのぞいて帰るとか。一応スキー支度で車外へ出たがその寒さはベラボーでとても車から出て5分と立ってはいられない。そのまま帰途につく。途中で運転を代わるが今度は2度目なのでさほどの苦労はなかったが、路面の継ぎ目などで敏感に反応しステアリングの修正を必要とする事は相変わらずかなり神経を使う。それとこの車に88HPのオートマットなのでパワー不足で苛立たしい。途中で食事をする。2.95$のチキンに前菜、デザート、パン、コーヒーなどが付きチキンたるや2分割にしたものが2つ計1羽だから驚く。モモと手羽のウマそうなところしか食べなかった。塩味だけのピクルスは日本の漬け物みたいでかなり旨かった。ともかくアメリカの食事は安くないが量的には全く充実している。美味いとは言えないが決してまずくはない。ハワイを除いては、食べられないようなものは何もないし、前にも書いたようにコンビーフ、ハンバーグステーキなどは日本のものと比較にならぬほどうまい。サンドイッチは間違いなく2枚のパンより間に挟まれている物の厚みの方が大きい。コンビーフサンドなど日本のハムの10枚分位がバッチリ入っている。連載マンガ、ダグウッドのサンドイッチのように肉が挟まりきらずにあふれ出している。それがドライブインのような所のものでもそのままだから、日本の野球場、劇場のものなどはスライスしたパンのみというべきだ。「赤とんぼ」のサンドイッチといえどとてもその比ではない。スキー場の食事も街とほとんど差がないのも気分のよい事だ。志賀高原のカレーや親子丼とは大違いで、360:1という換算で考えても内容を考えれば日本の食事の半額位だろう。リフト代などが高いのに反し車と共に食事は大変安い。
f0103459_1204576.jpg 食事を終えて出発する頃から雪になり次第に激しくなった。道はみるみる真っ白になりスリッピーになってくる。スノータイヤといえどもとても恐ろしい状態だ。その中をほとんどの車が60mile以上ですっ飛ばして行く。気温が低いからワイパーを使わないでも雪はフロントガラスに全くつかない。道路の上も風でガスのように流れている。反対側の車が雪けむりをあげて疾走していく様はわれわれの知らない景色だった。豪快だが強風でオールズモービル、ビックなどの大きな車でさえ左右に振られる様を見ると、アメ車がアメリカ大陸という広大な土地と厳しい自然の中に必然的に現在の型に発展したことが分かる。そろそろ雪が道路に10センチ位積もっている所もでてきてアイスバーンも入り交じって、ほとんどの車が40〜50mileに速度を落とし始める。道路から下の草地に滑り落ちた車なども時々現れる。Mは相当緊張しているらしいがそれでも60mile前後を保ち他の車をごぼう抜きにして行く。一二度多少尻を振ったりした事もあったが大変な頑張りで10時半頃N.Yの彼のアパートに帰る。途中1時間ほどの休みを入れて約10時間ほとんど車は100k/h近くのスピードで走り続けるのだからアメリカの車の優秀さもさることながら、アメリカでスキーをする事の厳しさをつくづく感じさせられた。
 全くツイていないの一言につきる4日間だった。話はまた車に戻るがこの間中チェーンを巻いた車には一台 も会わなかった。こういう気象条件と道路の状態から当然のことだが、冬の間はほとんどすべての車がスノータイヤで走っているわけだ。さすがにMは疲れたらしく早々に酔っぱらって寝込んでしまった。

1月3日 Bostonへ
 マトの声に目を覚ます。今回の旅行に出てから食事の方はすこぶる快調だが眠る方はあまりうまくいっていない。色々緊張しているらしく何も知らず朝までグッスリという事は全くない。それも色々ご機嫌なウイスキーやブランデーなどで酔っぱらってそのうえ薬など飲んでも同じなのだから閉口する。従って昼間はどうも眠くMの車に乗っていても少し暖かくなるとすぐ居眠りが出る。Sはまだ小生よりは大分良く寝ているようだが、それでもスリーピングアニマルなどというニックネームがつくところを見るとやはり熟睡はしてはいないのだろう。お雑煮などご馳走になりDr.Hへの連絡やらBoston行きの準備などしているとDr.Fがやってくる。グッゲンハイムの事など色々聞いたり今後の予定など相談して2〜3時間を過ごす。

 f0103459_10271970.jpg午後1時Dr.Hに迎えられBostonに出発する。日本でお目にかかった時から10年以上の年月があっただけ一寸フケた感じ。彼のオールズでMrs.Hなど5人で冬の陽射しを受けながら走る。さすがオールズはコルベアの比ではなくパワーがあるので気分が良い。それとDr.Hのドライビングはこれがアメ車の運転という感じで、われわれやMのそれとは違い車とマッチしている。成程、成程と感心することしきりである。正月に続いた好天の日曜の午後とあって流石に車が多く、4時間の予定より2時間あまりも余計かかって19時頃堀内宅に着く。この間アメリカでのスペシャリスト制度の事、彼自身の現況、キドン報告の事、Dr.ビーチの事等々興味深い話題は尽きなかった。夕食にお雑煮その他の日本食とヌードルを使ったイタリア料理などご馳走になり20時半頃YMCAに入る。例年でも正月は十数年来自宅にいたことがない小生にとってこれほど正月料理にお目にかかった年はなかった。せっかくの好意ではあるが堀内氏のサイン帳に示された多くの日本人特にギボ等のような心境にはなれなかった。手厚い好意には何ともお礼の言葉がないが、われわれとしてはもっと外に放り出された方がいいというのが偽らざる心境だった。Bostonでの宿泊は経費節減のためY.M.C.A.。居候ではない気楽さはあるが部屋に洗面所もトイレもない。扉もない共同トイレには愕然。

by my-pixy | 2014-05-19 15:58
2014年 05月 18日
ニューヨークから東海岸のスキー場へ  1964.12.29
  N.Y行きのUAジェットはJAL並みに空いていた。昨夜のことを思い早々に寝込もうとした時スチュワーデスに何か飲み物は?と聞かれつい断ってしまった。だが暫くするとマティニーとかスコッチとかいう声がし、Sのテーブルにバレンタインの小瓶が2本も並んでいるのを見てはたまらず、ノコノコ起き出したが「やはり何か飲む」とは言えなかった。しかしそのおかげでN.Yに着陸するまでの3時間は何も知らずに眠る。

f0103459_10161241.jpg 久しぶりにスキー仲間M氏の元気な顔と噂に聞く凹んだコルベアに迎えられやはりホッとする。5日ほどを費やしてN.Yに辿り着いてもなんの距離感もない。あまりよくは知らない街(例えば京都など)を歩いているという感じしかない。 M氏のアパートで夫人、長男のマト君に迎えられ日本に帰ったような気分になる。マト君の本格的な英語には閉口。しばらくして次第に日本語を使ってくれるようになる。快適な昼食をいただいて4時半頃にはスキーへ出掛ける。長い間袋詰めだったわがスキーもコルベアの尾根の上で深呼吸していることだろう。N.Y Thru wayを70mile前後をキープして淡々と走ること2時間、ドライブインで食事をし再び走る。一時ドライバーを交替するが、アメ車特有の軽いハンドルとリアエンジン特有のオバーステアーが重なって、直進を保つことが甚だ難しい。少しでも左右に振れ出すと再び直進に戻すまでに大変苦労する。30分ほど運転してもどうも性分に合わない。常時少なくとも60mileはキープして走り続けること7時間余り、12時半にモンペリアルのモーターインに着く。ジョニ黒で2時間ほど話し、S.F.Oの住宅街の不思議など多少理解できた。階級格差、エチケット、マナーなどの厳しさ、個人生活に対する干渉などである。
猪谷千春でよく知られているStowに向う。雨に降られ散々な目にあい早々に引き上げたがアメリカのスキー場の一端を知る。チェアリフトで借りたポンチョだけはご機嫌。モンペリアルに帰り街を歩く。田舎町との事だがなかなか趣があって楽しい。特にリカーショップの品数の多さと値段の安さには驚く。

12月30日
 7時Mからの電話で起こされ昨夜来の雪に期待してSugarbushへ。今日は猛吹雪だがそれでも雨よりはまし。雪も軽くリフト、ゴンドラなどでかなり楽しむ。ロッジでS.エリクセンを見かける。金髪にごまかされることは相変わらずだが、その透き通るような肌と金髪とスラリとした姿態の組み合わせには気が遠くなりそうなぐらいだ。猛吹雪のゲレンデでスキーをするよりこうしてロッジの一角に陣取って様々なスキーヤーを見ているのはとても興味深い。
 Mの知り合いのNurseのグループに逢う。苦労して多少話をする。職業柄先方も気を使って話してくれるので助かる。食事後その中の1人と4人でゴンドラで上にあがる。このゴンドラは卵型をしているだけあって信じられないぐらい風に強い。それでも登る途中コースが午前中に比べひどく荒れているのが気になる。滑り出して驚いた。昨夜来の雪は全部風で飛ばされてしまってコースのほとんどは黒々とした氷と岩である。昨日のストウもひどかったがその比ではない。それに初心者の女性付きで1時間ほど悪戦苦闘したが遂に彼女をパトロールに引き取ってもらいロッジに帰る。バーで彼女等のグループとワインなどをまたまた痛飲。メモを書き1時就寝。

12月31日
 またまた6時半電話で叩き起こされる。Mも年をとってどうも早起きになってきた傾向あり。ヨレヨレで起きる。未だ夜は明けきっていないがこちらにきて始めてかすかに青空が見える。今日は少し遠出でKillingtonとやらに出掛けるとの事。昨夜やって来たTedの一行と食事をし持参したキャノネットを渡す。いずれにしてもアメリカの裕福なことは大変なもので、どんなボロなロッジでもトイレに至るまで完全に暖房されどこでもお湯が出るしタオル、トイレカバー、トイレットペーパー、石鹸などは完備している。道路は降雪があるや砂や岩塩をまく車がくまなく走りまわり除雪と凍結防止に努める。路面やカーブでのバンクはどんな田舎道もよく作られていて多少の雪などがあっても恐怖なしに50mile(80K)位を保って走ることができる。そういえばMの運転は日本にいた時より大変マナーが良くなり、時々は興奮することはあってもコルベアの非力も手伝って大変安心して乗っていられる。彼の車でグッスリ昼寝が出来るなどは予想できなかったことだ。帰国後もトヨグライトなどにして頂くべきだと痛感。

1965年1月1日
 Killingtonは元旦で休日のせいもあってか大変な混雑でロッジにもほとんど入れぬぐらい。早速スキーを履いてTバーで登る。ストウでもそうだったがTバーの具合の良さは大変なものだ。スタートは若干の停止時間があるが動き出すと大変早く快適。ところが登って驚いた。蒼氷という文字通りのアイスバーンで雪不足もあってひとたび暴走すると岩や氷で逃げ場がない。われながら見るも哀れな格好でずり落ちる。スキー教程の悪い見本のフォームそのままである。
 ところが同じ所をヤンキーの子供達は変な格好ながら大してズリ落ちもせず何となく適当に滑ってくる。すっかり嫌気がさして6.25$の一日券もそのままホウホウのテイで逃げ出す。一昨日以来ヤンキーのスキーぶりの良さを散々見せつけられる。その第一はどんなことがあっても上体がかぶらないこと。アイスバーンなどに無理に逆らわずなんとなく滑ってしまうこと。スピード、バンプに強いこと。それぞれが自分の技術に適したコースを選び決して他の領分に侵入しないこと。立ち止まってコースをふさがないこと等々である。このバーモント付近のスキー場は日本の東北の山のようになだらかなのでそう驚くほどのコースの長さや厳しさはない。しかし北海道並みに寒いから雪は軽くよく滑る。これは有り難い点だがなんとも寒いので2〜3回リフトにでも乗ればロッジに飛び込まねばいられなくなる。リフトもTバーも早くて快適だがストウのTバーは1回75¢、リフトは1.50$とめちゃ高い。1日券は7$前後、半日券でも5$。スキー場近くのロッジは20$前後の宿泊料というから相当な厳しさでスキーに来てからドル紙幣のなくなり方は目を覆うばかりだ。
 Mのアレンジによりモンペリエルのモーターインに6$位で泊まり各スキー場に通うという方法なので何とかなるけれど、まともにスキー場付近のロッジに泊まっていたらとてもやりきれないだろう。スキー場のロッジといっても歩いてゲレンデに行ける距離ではないから車なしのスキーは全く考えられない。降雪は少ないしもうアメリカでスキーをはく気になれない。チロルだけが恋しい。
f0103459_10221036.jpg 今夜もMのスキー仲間のTed、Jon、Calotinaなどと一緒にワインを飲む。1ガロン1$50¢位だからウイスキーといいブランデーといい酒類の値段は滅法安くしかも美味しい。これじゃアル中が多いのも無理はない。夕食後M、SとホテルのバーでJ.ボンドの話などしながらウォッカマティニーなどを飲みMの誕生日を祝う。

by my-pixy | 2014-05-18 10:08
2014年 05月 17日
12月28日 ロスアンジェルス
S.F.O、ハワイで歩き疲れたしロスはそれを上回る広さのということで、到着後レンタカーを借りることにする。Hertzと云う会社が最大らしいので空港で手続きに行く。5〜10分位でポイと鍵を渡されどこそこに停まっていると云われそれでお終い。あまりの簡単さに驚く。ともかくレンタカーに対する考え方は日本と大きく異なり、タクシー以上の日常必需品ということがよく分かる。空港、ホテル、街なかの旅行者が歩きそうな所には軒なみに各社が店を拡げている。ワーゲンでも借りようと思っていたのにシボレーの一番大きな奴(インパラ)をあてがわれる。ドアーなど皆開け放しだ。荷物を放り込んで走り出す。空港のポーター、タクシーの運ちゃんへの気遣いがないことはあり難い。問題は道だけである。それもレンタカーデスクでこと細かに道案内を書いてもらった紙と地図をSが真剣に見比べる。

 こちらはアメ車特有の頼りなく軽いハンドルを気にしながら、薄でかい車体を引きずって右側通行で走らせる。フリーウェイに入ると殆どの車が100km/h位で走り始めるがこちらは何時、右に左にターンしなければならなくなるかも知れないと思えばそうもスピードは出せない。ということで50マイル(80キロ)位を保って走っていると両側からゴボウ抜きに追い越される。抜かれる恐さはやはり抜く時の比ではない。
 片側で優に4車線はあるからもたもたしていれば同時に3台に追い抜かれるし、速度の基準が違うから日本ではさまざまな車に乗り、スピードを誇る小生といえども如何ともしがたい。わずか数分で肩がカンカンに凝ってくる。何とかフリーウェイを抜け出した時はホッとした。ここ迄は左ハンドルの右側通行も大して気にはならなかったが、一般道に出て左右に曲がらねばならなくなるとそうはいかな
い。
 ホノルルでも2人してバスに乗ろうと待っていると、やって来るのは反対方向行きのバスばかりだということが何度かあった。右折する所で大回りをしてしまい慌てて右側に戻るなどの一幕もあったが
12時頃ホテルに着いた。車を隣の駐車場にパークし(35¢/h 1.5$/day)SFOで仕入れたウイスキーなど飲んで眠る。

 f0103459_9534920.jpg翌朝向かいのビルの取り壊し工事の轟音に目を覚ます。あまりよく眠れない。この旅行に出てやはり最大の障害は睡眠で、言葉やら何やらで興奮しているので夢を見るばかりで熟睡はしない。それが夜行のフライトと積み重なってくる。 T商店のH氏、モリタのMa氏から電話をもらう。この旅行で初めて他人の世話になることになる。あまり気分は良くないが気楽になることはこの上ない。10時M氏とHamilton商会へ行く。日本の材料店とは全く異なった姿に驚く。若い店の人に適宜商品の値段を聞くとすぐわからなくても一寸調べて直ぐ返事がくる。始めはなぜかよく分からなかったが各社商品に一貫したPrice Listがあり、それが通し番号ですぐ誰にでもわかるようになっているのに驚く。
 時間にせかされながらも、散々かきまわして3階のショールームでデンタルユニットの展示を見、カタログなどをゴッソリ頂戴して昼頃店を出る。キャフェテリアで食事をする。コンビーフ始め大変うまくアメリカの食べ物を見直す。特にS.F.Oのハンバーガー同様コンビーフがこういう食物とは知らなかった。次いでS.S.Whiteの店へ。これは大した目新しいものはなかった。Den-ti-Moを見たいと粘る。M氏渋々色々聞き合わせロスDentalに伺う。ロスの街はS.F.Oに比べ遥かにわれわれのもっているアメリカ的都会という印象にマッチするが、S.F.Oのように強く感動するものはない。Den-ti-Moは本店になく更に数十分離れた新しい支店に車を走らす。64年のコルベアは中々快適だが運転の方は全く頂けず、眠りに落ち込みそうになりつつしばしば目を覚ます。ウトウトするなかに到着、暫く待たされたが色々事細かに説明してくれる。店のチーフの人の商品に対する理解度の深さ、それを売る為の熱意などを感じる。
f0103459_18555857.jpg Den-ti-Moの考え方にも興味を感じる。Space Lineの考え方と対照的な点を特に興味深く聞く。椅子の低さについての考え方、Dental EZのドーナッツ型ヘッドレストなど予想以上のものがあり大変満足。器械材料商の人間のあり方、商品の扱いなどにも共感を覚える。Ma氏の招待でLittle Tokyoの寿司屋に連れて行かれる。折角ロスに来たのだから昼のキャフェテリアのような所へ行きたいとと強く反対したが、スポンサーの意向に目をつぶる。かなりの支払いで馬鹿らしさ一入。店を出て車から荷物をまとめ空港へ。24時間1$50¢の駐車料は他のものに比べてメチャ安い。今日1日のお付き合いに感謝し、こういう形で世話になることを反省しつつ空港で別れる。
 N.Y行きのUAジェットはJAL並みに空いていた。昨夜のことを思い早々に寝込もうとした時スチュワーデスに何か飲み物は?と聞かれつい断ってしまった。だが暫くするとマティニーとかスコッチとかいう声がし、Sのテーブルにバレンタインの小瓶が2本も並んでいるのを見てはたまらず、ノコノコ起き出したが「やはり何か飲む」とは言えなかった。しかしそのおかげでN.Yに着陸するまでの3時間は何も知らずに眠る。

by my-pixy | 2014-05-17 18:56
2014年 05月 16日
1964年12月27日 サンフランシスコ
 パンアメリカンのジェットは総ての点で日航より劣った。しかし機内の食事はやはりうまい。雨のサンフランシスコ空港に着く。タラップがそのままの高さで建物に続いていたり、廊下やロビーの感じなどホノルルとはダンチでやはり本国と田舎町の差をピンと感ずる。コンベアから回転する円錐型の円板の上にはきだされる荷物のキャリアなども心憎い。周囲の人間からもいよいよ本国に来たという感が強い。雨と荷物でしぶしぶタクシーに乗る。ヒドい車だ。ドアトランクは力任せでなければ閉まらないし、ハンドルも歪んでいて丸くない。
 片道3車線位(日本なら5車線)のハイウェイを100km以上で走っていく。雨だし車の程度を考えると恐ろしいが、道路はこれこそ確かなハイウェイだ。ハワイにはとてもこのクラスのものはなく日本の高速道路をやや程度をよくした位だがこれは全く別のものといった方がいい。名神と云えどもこの半分にも満たないだろう。右側通行もまたぴんとこないしレンタカーを借りてもとてもこのスピードの流れには乗れずパトカーに最低速度違反で捕まりそうだ。もしそうなったら大きな証明書でも書いてもらって日本に持ち帰り、ホンダの後にはりつけて走ってやろうなどと考える。
 ハイウェイの両側には大きな起伏が続き街の灯がいっぱいに散りばめられている。車の速度のせいかタクシーメーターがどんどん上がっていくのが気になる。やっと8ドル近くなってホテルについた。どうみても他の支出に比してアンバランスに高い。荷物をほうりこんで再び街に出る。9時、ほとんどの店は閉まっているがウィンドーも店内もあかりをつけたままで、そのディスプレーは中の品物に全く興味がなくても楽しい。高島屋のウィンドー以上のものが色々趣向をこらして並んでいてハワイが急に田舎臭く色あせてくる。キャフェテリアのハンバーガーが大変うまくこの食べ物の認識をあらたにした。バレンタインなどを仕入れて帰る。

 ふと目を覚ますとSが地図を広げている。何時だと聞くと3時だと云う。眠りそこなったとぼやいている。これで今度はこっちがおかしくなった。うつうつしながら又眠り込み水を飲もうと起き出すと外は薄明るくなっているがこの間の時間の経過が全くわからない。時計は7時だがそれにしては大分暗い。Sももそもそ起き出し7時だと云うと夕方の7時かも知れないと云い出す。そういわれるとそんな気になって心配になってくる。何分にも相次ぐ時差の修正とウィスキーと睡眠薬の併用などでどうにもよくない分からない。夕方だとすればチェックアウトを過ぎて料金をとられるしロス行の出発時間も切迫している。仕方なくテレビのスイッチなど入れるがよく分からない。不安な十数分の後やっとGood morningという挨拶を聞き一安心する。どうも少しイカレテきたようだ。

f0103459_13471423.jpg こんなことで睡眠不足の上塗りを重ねることになった。仕方なくシャワーなど浴びて出掛けることにする。昨夜の予定に従い先ず名物のケーブルカーに乗りFisher mans wanfなどへ出掛ける。少し雨に降られるがやがて朝の陽差しに恵まれ相変わらずカメラをふりまわす。横浜の桟橋みたいな所だがこの辺りの店だけはなかなか良い感じの店構えだ。もちろん街中とは違うがそれなりにしっくりしている。ところが同じ並びの土産物屋は全くいただけない。ひいき目に見ても日本の観光地と同じ様なものばかりだ。むしろ若干それより程度が悪い。どうしてあれほど美しい街を作りウィンドーの飾り付けをする人間がこういうものに興味をもつのか全く理解出来ない。

 S.F.Oは坂の町と云われるだけあって本当に町中が坂又坂でそれも大変急な坂が多い。しかし家はみな坂をそのままに階段状に整地しないままに建てられている。家と家の間はきっちりついている。車のパークがまたこのひどく急な坂に日本と同様ギッチリつめて停車している。よくあの急な坂にうまいとこパーク出来るものだと思うが驚くのはそれだけではない。同じ様に急な坂に横向きにパークしている所がある。スポーツカーのようにサスペンションの硬い車はともかく、キャディなどのポンコツはただでも柔らかいところへショックなどもいかれているので、片方はスプリングが伸びきってフェンダーからタイヤが丸みえになり、下の方はバンパーやエプロンが地面すれすれになってパークしている。われわれには恐ろしくてとてもあんな状態でパークすることなど考えられない。

 f0103459_9421112.jpgケーブルカーについて思い出したがこの乗り物は、現在では能率的でないということでほとんどどバスやトロリーバスに変えられてしまったという。したがって現在は観光客用になっているらしいが、乗っているのは必ずしも観光客だけではない。土地のお年寄りから若い人達にも大変愛されているという印象を受ける。みんながケーブルカーを大切に思いながら実用にも使っているのがよく解る。速度がさほど早くないから仲間を見つけて声をかけたり、飛び乗ったり、降りたり、ステップの所の手すりに立ってぶら下がったり。ひどい時は車輛の前後にぶら下がってしている。又それを危ないとか何とか色気のない事をいう運転手やお巡りもいない。若いカップルやらジーパンの連中やらが楽しそうに乗っているのは、このケーブルカーの姿を何倍にも引き立たせている。

 歩きまわった後カニを一匹買って食べる。塩ゆでだけだが大変うまい。今回日本を出て以来最高の食い物だ。バスでマリーナへ行く途中の住宅街の美しさは何とも書きようがない。同じようなしかし決して一つとして同じではない色が淡いパステルカラーの濃淡で延々と続いている。おとぎ話のお菓子の家のイメージがぴったりする。何れもの家がきれいな色にぬられ妙に新しいものも古くくずれ落ちそうなものも一軒として見当たらない。総てが家の前の芝生や植木に至る迄よく手に入れされ、窓々にはこれも又ほとんど同じくらいの大きなクリスマスツリーが飾られている。それでいて決して全く画一ではない。これがどういうことなのかわれわれには理解が出来ない。いくら所得が同じ考え方が似ていてもこうも同じようにはならないだろうし自己主張もしたくなるだろう。と云って公団のようなスラム的な臭いは全くない。家の窓にも通りにも殆ど人影がないことは不思議だった。休暇で何処かに出掛けたにしては車が各家毎に止まっているし日本的な塀に囲まれた庭はなさそうだ。全く不思議な国に迷い込んだという感じだった。マリーナには豪華なヨットが沢山並んでいたが、これは予想通りで特に印象に残ることもなかった。

 食事の事では殆ど店頭に価格をはっきり書き出している。また店の中にはそれぞれのメニューの内容をこと細かに表示している。例えば1/2ポンドのハンバーガーとか、厚いハムと大きな卵2ヶのハムエッグといった感じで。ただ卵と書いてあるものもあるし1/4ポンドのハンバーガーと書いてあるものもある。あまりうまいとは思えないし安くもないが量は充分である。この点は日本の飲食店と対照的だ。立派なレストランやホテルなどでも同様である。
 S.F.Oもその広さは大変なものだと思ったがロスは又この比ではないらしい。機上からもその広さは推察される。JETが高度を下げるほどにその広大さ点がはっきりする。それとS.F.Oもそうだったが機上からの夜景で市街がはっきり区画されていることが分かる。ハイウェイが太い光の帯となっていることでその規模が推測出来る。東京の夜景はただベタ一面の光の海で線がなかったのと比べると、道路率の差や都市計画の差がよくわかる。

by my-pixy | 2014-05-16 13:24