タグ:社会・生活 ( 185 ) タグの人気記事

2018年 01月 24日
雪をついて徳山へ
f0103459_11103064.jpg
 ハレノヒではないのですが、毎年1月の定期点検は恒例になってなっています。これまでは週末をぬってバタバタと往復していたので今年も同じような気分でした。代わりに沿岸低気圧、降雪などで別の緊張がつきまといました。早朝出発した「のぞみ」は広島で激しい降雪のお出迎えを受け若干の遅れも出始めましたが、徳山では傘も必要なくなっていました。
 引退後のバタバタに紛れてはいたものの、物忘れの酷さはアルツハイマー進行を懸念させ、イエローカードを出されている前立腺問題としのぎを削っている予感はしていました。主訴になったことでMRIには時間がかけられて不安はいっぱいでしたが、結果は後日ということで即ハラキリにはなりませんでした。
 駅前ホテルの空白感にもかかわらず、フグの美味しさは例年通りでした。3人だけの宴席は脳外科の始まりまでさかのぼってお話できました。悔しかったのは歯科の現状との大きな違いで、昨年の血管内手術に加えて、またまた大きな進展が目白押しという状況には羨ましいの一言でした。インプラントからCAD/CAMなどで迷走続きの歯科臨床との違いはどうにもならない違いを感じました。その一端が形状記憶合金を使っての手術のシステムの確立などでした。
このことは翌日画像を使ってお話いただきました。左下画像などがその一部ですが、火曜会や、臨床歯科を語る会などでこんなお話をうかがえたらどんなに素晴らしいかとばかり考えていました。この間に行政との葛藤など半端ではなかったようですが、5年間の保険医辞退などとは雲泥の差でした。

by my-pixy | 2018-01-24 11:10
2018年 01月 14日
ガラケイ撤収
11月30日のガラケイ撤退宣言は2回目のことでもあり、不退転の決意で頑張ってきました。お店の方もスマホを封印してという老人の希望に応えて、何回もの愚痴にも対応して下さいました。夜討ち朝駆け状態で1ヶ月以上なんとか努力しましたが、見るべき進展はありませんでした。

 最後には二つのケイタイの違いを小さくするような対応をスマホへ側にもして下さいました。この結果大きな歩み寄りが生まれたのですが、それと同時に毎朝スマホのスイッチを入れると、2011年の記事がトップに表示されるようになりました。忘れかかっていた6年も前の記事なので、初めは何が起こったのかと思いましたが、お気に入りのレポートでしたから悪い気もしませんでした。

 そんな日が続きおそるおそるその前後の記事も見るようになりました。リタイア以前のものですから内容にも迫力があります。反省するとともにこれもありかなと思うようになりました。イニシャルタッチ以降、作業を始めてしまえばこれまで通りです。大騒動の1ヶ月半は終わりガラケイの契約は解消しました。

f0103459_14565592.jpg


by my-pixy | 2018-01-14 14:01
2017年 12月 30日
クリスマスディスプレー
f0103459_1463075.jpg
地下鉄京橋駅の地下通路に昭和初期のディズニーの玩具が整列しました。どなたの提供かはわかりませんが大切の保存されていたことはよくわかります。自分か引っ越してきたせいもありますが、最近、」八重洲地下街よりメキメキリファインされてくることは嬉しい限りです。デパ地下は必要ですが床屋さんなどもこちらに引っ越しました。徒歩2分ほどの銀座線京橋からそれぞれ1駅で日本橋、銀座に遠征も便利ですが、電気製品は有楽町ビッグカメラです。
その後この提供者が分かりました。私や萩原氏などが近年入り浸っていたキタハラスポーツの親父さんです。

by my-pixy | 2017-12-30 14:09
2017年 11月 30日
年齢相応、スマホとの決別
f0103459_1241401.jpg 歩きスマホの危なさは日々経験するが、自分自身の生活の中でもなんの役に立っているのだろうかと自問することが多い。赤電話がなくなってやむなく携帯を持つようになったが、その後も終始折り合いは良くない。トイレにこもって大声で営業の打ち合わせをしているケースも何度かぶつかったり、先場所逆転優勝のヒーローの悲劇にしても後味の悪さは否めないが、その他のニュースネタになる様々の事件にしても、始まりはマナーの悪さからきているような気がしてならない。

 電車の車内や、会合での若手の利用ぶりを見ていると、その利便性を羨ましく思うことも少なくないが、キーボードを使えない自分にとっては結局携帯電話の域を出ない。それにしては溜まりに溜まる迷惑メールの処分や、ID、パスワードに追い回される煩雑さなどマイナスが多すぎる。3年ほど前にもガラケイ回帰を企てたが果たせなかった。
 今回、改めて不退転の決意を心に3万円ほどのガラケイに手を出した。前回の轍を踏まぬよう電話以外には使わないことにスマホは封印した。カメラなどでもタッチパネルは嫌いなので、ためらいはあっても、クリック感なしには何も起こらないことを言い聞かせながら、3日間が過ぎた。
またまた、ブログに痛めつけたりはするもののID、パスワード地獄からは少し遠ざかれて頑張れそうだ。メールもデスクトップでしか使わないので気分は楽になった。

by my-pixy | 2017-11-30 10:44
2017年 10月 03日
NHKスペシャル「人体」
f0103459_1037544.jpg思いもかけず見はじめた番組でしたが1時間息をつめて注視しました。なかでもしばしば繰り返されたキャッチコピー「臓器たちは”会話”している?」は補綴、インプラントに明け暮れているわれわれにグサリとくるものでした。

第2回は、主役は脳ではなく腎臓だとばかりに、腎臓礼賛の内容でした。私としては、今頃言われてももう片方取られてしまったよ!といういうところですが、多臓器不全からの復活や、多種投薬の弊害などを事例に腎臓の活躍ぶりがよくわかりました。

さすがNHK、このメンバーが機能すると素晴らしい番組ができるものです。「ためしてガッテン」とは世界が違います。

by my-pixy | 2017-10-03 10:37
2017年 08月 12日
おさるのジョージ
f0103459_9342721.jpg お盆だというのにきな臭い問題や情けないニュースばかりで気が晴れません。出勤途上デパートで絵本の展覧会に立ち寄ってきました。

 アナログのこうした絵は長い時が過ぎても気が休まります。入れ歯の写真ではなくこうした絵本でも作れたらどんなに楽しかったろうと思います。

気合を入れ替えて、数十年ぶりで基本ゼミ用の画像の作り変えをしています。行ったり来たりで無駄な時間も使いましたが、それなりに分かりやすくなったかと思うと1ヶ月後が待ち遠しくもなってきました。

 副産物でどこから仕入れたのかは忘れましたが、歯列崩壊という名称になっているイラストです。手書きで描かれたと思われますが、ペリオで歯が失われ挺出や移動が起こっている状態がよく表現されています。レントゲン写真を参考にイラスト化されたものでしょうが、よく見かける片顎に起こった状態をとても分かりやすく描かれていて見入ってしまいます。この1枚で受講生の人たちと話すのも面白そうです。デジタルとアナログの対話です。
f0103459_10435.jpg

by my-pixy | 2017-08-12 12:06
2017年 08月 05日
台風に乗ってクマモン現る
f0103459_1611388.jpg小笠原経由の台風に乗ってたくさんのクマモンが東京に現れました。どこの国でも南国育ちは元気が良く、先日まで地下鉄銀座線で飛び跳ねていたと思ったら、今度は御茶の水湯島あたりで明け方まで気勢をあげていたようです。無事に飛行機が飛んでくれたかどうかが心配です。

by my-pixy | 2017-08-05 16:11
2017年 07月 27日
大掃除
f0103459_15504076.jpg メールの環境設定だけであの梅雨明けの水害のような洪水はケリがつき、モバイルの設定変更で訳のわからない混乱も収まったようです。弱り目に祟り目でアップもままならなくなっていたブログも、少し強気にゴリ押しして旧状に復帰させました。
これで心ならずもグシャグシャになっていた最近のブログも少しすっきりしました。

エキサイトブログはまだ新しい管理画面への更新を諦めていないようですから、何とか今のうちに体制を立て直さなければなりません。

by my-pixy | 2017-07-27 17:49
2017年 07月 15日
ぼくもいくさにいくのだけれど
臨床歯科を語る会も一段落して、次のステップに向けて準備や整理を始めましたが、物の置き場が変わって忘れかけていたものを再発見することも少なくありません。この本も10年ほど以前のものですか、本棚が変わってクローズアップされましたのですがページをくりだすと止まらなくなります。ノンフィクションで太平洋戦争末期に書かれたものが下地になっていますが、人や社会の変わり方を見せつけられるとすごさを通り越して恐ろしくなります。
私にとってはわずか10歳ほどの違いしかないので、とても他人事とは思えないのです。辛くなって閉じたり思い直したりを繰り返しています。
f0103459_10423675.jpg

by my-pixy | 2017-07-15 08:57
2017年 05月 10日
バオバブの育て方
f0103459_1435913.jpg

 昨夜の火曜会は外来講師として歯科技工士の方を招き、最近のジルコニアについてのプレゼンをして頂きました。貴金属の高騰、歯冠色の補綴、CAD/CAMの何れをとっても無視できない問題になりつつあるからです。現場を熟知していることで歯科医にはできない話題ですから、躊躇なく技工士さんの中から演者を探しました。演者以外にも10名近い院内技工士の方にも参加して頂き、いつもとは違ったメンバーになりました。司会もいつもとは違う話題で悪戦苦闘でしたが、新鮮味はありました。明日からの臨床に役立つ・・・・とはいきませんでしたが、今後の方向性を探る上では有効だったと思いました。
 
 会の終わりにサプライズのプレゼントを頂きました。説明書がついたバオバブの苗木です。近年、海外旅行といえばマダガスカル、パソコンのスクリーンセイバーもバオバブだらけの年寄りを思いやり、50年ぶりでトンネルを抜け出したもぐらへの最高のプレゼントでした。

 1966年、弁護士までたてての防戦にも拘わらず、改築前の4階から地下に押し込まれ、やけっぱちでおんぼろヨットを買って気晴らしを始めた思い出は、半世紀続くことになったのですから。

by my-pixy | 2017-05-10 13:56