タグ:社会・生活 ( 178 ) タグの人気記事

2017年 07月 15日
ぼくもいくさにいくのだけれど
臨床歯科を語る会も一段落して、次のステップに向けて準備や整理を始めましたが、物の置き場が変わって忘れかけていたものを再発見することも少なくありません。この本も10年ほど以前のものですか、本棚が変わってクローズアップされましたのですがページをくりだすと止まらなくなります。ノンフィクションで太平洋戦争末期に書かれたものが下地になっていますが、人や社会の変わり方を見せつけられるとすごさを通り越して恐ろしくなります。
私にとってはわずか10歳ほどの違いしかないので、とても他人事とは思えないのです。辛くなって閉じたり思い直したりを繰り返しています。
f0103459_10423675.jpg

by my-pixy | 2017-07-15 08:57
2017年 05月 27日
まだ名のない会 2017年6月24日(土)
f0103459_11445243.jpg

4月末のダイビル原状回復工事のピーク時に、火曜会の先生方などにお集まりを頂く計画進行中というニュースが入り大慌てでキャンセルしていただきました。その時以来それに代わる集まりが必須になりましたが「◎◎歯科お別れの会」でもないしどんな会にすればよいかで大頓挫になりました。これまではゲストのお人柄や特技に頼ってきたのですが、今回はその手が使えないからです。迷いに迷った末、対象は歯科医が多くても入れ歯の話もできず、開き直って「極楽とんぼ物語」としかないと観念しました。

ちょうどHDのトラブルなどにも見舞われ、多くのスライドからデジタル化した画像を見るにつけ、自分の拠り所はそこにしかないことがはっきりしたからです。昔から何度か読みかけて途中放棄してきた書籍や、一般紙に掲載された旅行記なども見返しての諦めです。

開会は少し早めですが17.00とし40分程度の思い出話の後は、皆さんでゆっくり積もるお話しをして頂ければと思っています。



by my-pixy | 2017-05-27 11:19
2017年 05月 10日
バオバブの育て方
f0103459_1435913.jpg

 昨夜の火曜会は外来講師として歯科技工士の方を招き、最近のジルコニアについてのプレゼンをして頂きました。貴金属の高騰、歯冠色の補綴、CAD/CAMの何れをとっても無視できない問題になりつつあるからです。現場を熟知していることで歯科医にはできない話題ですから、躊躇なく技工士さんの中から演者を探しました。演者以外にも10名近い院内技工士の方にも参加して頂き、いつもとは違ったメンバーになりました。司会もいつもとは違う話題で悪戦苦闘でしたが、新鮮味はありました。明日からの臨床に役立つ・・・・とはいきませんでしたが、今後の方向性を探る上では有効だったと思いました。
 
 会の終わりにサプライズのプレゼントを頂きました。説明書がついたバオバブの苗木です。近年、海外旅行といえばマダガスカル、パソコンのスクリーンセイバーもバオバブだらけの年寄りを思いやり、50年ぶりでトンネルを抜け出したもぐらへの最高のプレゼントでした。

 1966年、弁護士までたてての防戦にも拘わらず、改築前の4階から地下に押し込まれ、やけっぱちでおんぼろヨットを買って気晴らしを始めた思い出は、半世紀続くことになったのですから。

by my-pixy | 2017-05-10 13:56
2017年 05月 06日
始まりは最悪のゴールデンウイーク
f0103459_1623589.jpg 覚悟はしていましたが想像以上の1週間でした。情け容赦なくネットが切断され、電話が通じなくなっても、予め予想したことで寂しさはあってもそれほど辛くはありませんでした。続いて技工室が解体され、診療室が2段階で消えていっても、大勢のお手伝いの方にも助けられてただ慌ただしく過ぎて行きました。
 ここまででも予想は予期とはちがいましたが、5月に入っての撤去工事に追い立てられながらの移動作業の厳しさはそれを遙かに上回りました。新旧2カ所での作業がヒタヒタと進む中で、不測の事態が次々に起こります。何れも即決が必要ですが、それを追って次の事件が起こります。パニックの連続に思考力はバラバラで、我ながら勘弁して欲しいと思うような錯乱状態でしたが、身内の方々の献身的なサポートに支えられ、鯉のぼりのように泳ぎ切りました。

 来週からは追いかけられるものがあるわけではないと言い聞かせて、日曜日を残して最高のゴールデンウイークは終わりました。

by my-pixy | 2017-05-06 16:01
2017年 04月 23日
素晴らしい出会い
われわれの技工室の移設が決まってからも、超重量級で複雑な機器の搬出移動が可能かどうか半信半疑だった。長い歯科臨床の中でいくつかの大手歯科メーカーとは深いおつきあいがあった。この方々もそうした大手に勤務されていたようだが私とはまったく接点がなかった。
f0103459_14152499.jpg

 そんな中で1本の電話から手探りのおつきあいが始まったが、今回の工事が始まる時にはわれわれ関係者はぜんぷくの信頼をもち、積み込みが終わる頃には、ともかく今日中には安全に帰着して欲しいと願うばかりになっていた。ちょうどビル内の他の引っ越しとエレベーターの取り合いになり、長尺のシンクやデスクは階段を使って搬出することなどにもなったが、その仕事ぶりは涙が出るようだった。
一番下の写真などに解体後のフレームなどのきれいな姿が写っている。

f0103459_15112676.jpg

それにしてもすざましい配線だ。

by my-pixy | 2017-04-23 14:07
2017年 04月 21日
ゴールデンウイーク
五月といえばかきいれの旅行シーズンで、昔はスキー、その後は海外旅行などに心ときめかせていました。しかし今年は違います。明けても暮れてもゴミの山との戦いに明け暮れています。
さりとて土竜塾ばかりではリピーター各位に申し訳ないと、戸袋の中から出てきた鯉のぼりで目が覚めました。かってこの鯉たちはタヒチの海を泳ぎ回り、一緒に帰ってきた仲間なのです。
f0103459_1175179.jpg

 その後急速にデジタル化が進み殺伐たる社会に変わっていきますが、それとともにヨーロッパからタヒチへ、そしてマダガスカルへと歩みを変えていった旅の軌跡は、私自身が求めていったものだったのです。鯉のぼりとともに出てきたがらくた達が雄弁にそれを物語っています。

by my-pixy | 2017-04-21 11:09
2017年 04月 08日
あえるといいな
f0103459_7405595.jpg 残り1ヶ月をきって最後のチェックに見える患者さんとの日々が続きます。90%は何事もなく次の検診先をご紹介して帰られますが、40年50年ともなると突然、涙、涙になり言葉に詰まることも少なくありません。そんな方から頂いた絵本です。

 7つのかなに思いがこもっていて、歯科臨床を続けてきた喜びとかなしみひとしおです。少し突然の終わり方でしたが、あらためて今さまざまなことを学んでいます。そんな思いを込めてこれからの日々を過ごしていきたいと思っています。 

 今週末も片付けの日々ですが、幸いに書籍に続いて診療室、技工室などのまとまった行く先が決まり、それぞれ2nd Lifeに旅立ちます。本人は土竜塾第2期で息つく暇もありません。

by my-pixy | 2017-04-08 07:55
2017年 04月 04日
変身
f0103459_12592641.jpg4月に入って残る臨床の日々も数えるほどになりましたが、終了に伴う雑事に追い回されているせいか、落ち込んでいる暇もありません。少し前であれば今頃は連休直前で、旅行の計画にうつつを抜かしているはずですが、今はより大きな解放を夢見ています。

昔々、歯科臨床の目標を求めての内科診断学、冲中先生の著書などを読みあさる中で、内科とは違う歯科臨床の目標を経過観察以外にないと定め、火曜会40周年もそれを総合タイトルとして企画しました。

 それは間違いではなかったのですが、加齢変化が進行していくなかで、慢性疾患がくり返される中で歯科の臨床の認識には少し無理があったようです。長期経過の中には口腔内の問題を越えた様々な要素が大きく、年月とともに加齢にまつわる周辺の問題にウエートが移ることを見せつけられて、歯科医療の限界を痛感することも多くなりました。

 メインテナンスの継続は大きな成果を上げたのですが、長期持続は終わりのない戦いだったのです。視力も衰え、手先の動きも鈍くなる中でそれを続ける辛さからの解放が、変身の最大のご褒美のようです。

by my-pixy | 2017-04-04 10:08
2017年 02月 18日
王様のアボカド
f0103459_937447.jpg このところアボカドにはまっている。焼きたてのフランスパンにのせればそれだけでバターも要らない。輪切りにして醤油をかければビールのお摘まみにもなる。メキシコのアボカドを巡っては米国大統領も口を出していたが、デパチカで買ってくる「王様のアボカド」もなかなかだ。ひと味は違うが「貧者のアボカド」でも大差はない。

by my-pixy | 2017-02-18 09:39
2017年 02月 17日
日本最終講演
f0103459_7582764.jpg このところどうしても「終」の字が続いてしまいます。ぺりオ巨人でインプラントでも大きな足跡を残され、日本からもイエーテボリ研修に参加された方も多かったJan Rindhe氏です。 門外漢の私にとってはカンチレバーブリッジや図のような文言など、好きになれないインプラントのセールスマンと決めつけていましたが、半日の最終講演にインプラントの話は出てこなかったそうです。
それは何より!と、こちらは炉端焼きでにしん漬けやはっかくの刺身などをおいしくいただいていました。

by my-pixy | 2017-02-17 08:02