2018年 12月 14日
1991年のストラスブール
f0103459_13295988.jpg
パリよりもローカルで受け入れられやすいだろうからということで、スイス国境に近い静かな街でセミナーを企画して頂きました。日本からも数人の応援団に同行して頂いて、ワインセラー巡りなど楽しい時間を過ごした小旅行でしたが、同じ場所がこのところは銃乱射事件の舞台になっています。僅か20年ほどの間にあんなに穏やかな街まで、凄惨なテロ事件の対象になるなんて、全く信じられない思いでテレビを見ています。
f0103459_1542353.jpg

# by my-pixy | 2018-12-14 13:33
2018年 12月 02日
日比谷公園ご当地鍋フェスティバル
f0103459_12134139.jpg木枯らし一番は何処へやら、素晴らしい好天応に恵まれて日本中の鍋料理が、帝国ホテルの向かえ側に大集結しました。一〇〇種類もの山海の珍味のオンパレードはテレビで見るだけでもなかなかのものでしたので、仕事は放り出して地下鉄でひとっ走り。
そう沢山は食べられないので何を優先するかに迷いました。問題はお好みをゲットしてもゆっくり食べられそうなテーブルを探すことが大変でした。私のお気に入りは鍋料理ではありませんが、長蛇の列だった丹波の焼き栗(左下)持ち帰って翌日まで堪能しました。

# by my-pixy | 2018-12-02 12:02
2018年 11月 30日
2019年もぐら塾
f0103459_13211488.jpg2018年もぐら塾は無事終了しましたが、このところ大型なパーシャル・デンチャーの話題がつづいてきましたので、来年は顎位などの問題には絡まない小型の補綴処置について取り上げて見たいと考えています。
セラミックス、片顎のパーシャルデンチャーなど日常的な話題で、多くの方に参加して頂けると思いますので、症例のご準備をお待ちしています。日程的には愛知もくあみ会の終わる4月頃を予定しています。

# by my-pixy | 2018-11-30 13:21
2018年 11月 28日
11月25日もぐら塾
f0103459_1317094.png個人的に多忙な日々でしたが、そんな最中で2025年の大阪万博が決まりました。前回の1970年万博にはちょうどペリオ的な話題も多く万博会場よりもそちらの話題に終始していたことを思い出し、そんな話題を皮切りにもぐら塾も始まりました。受講側というにはあまりに存在が大きい名古屋の加藤先生の「テレスコープ20年経過症例」などは主催者側タジタジの力作で、おかげさまでこちらはすれ違い症例の崩壊過程などにフォーカスを絞って見ていただくことができました。来年3月の愛知もくあみ会にも強力な援軍になっていただけそうですが、ご本尊の方はあと100日とかお囃子組情報ばかりで・・・・?。

# by my-pixy | 2018-11-28 13:18
2018年 11月 28日
個人的アプローチの終焉
f0103459_12365249.jpgこの後2014年11月10日のタグ「デジカメ」の「必要にして十分な口腔内撮影カメラ.2014.」をもって私のデジタル一眼レフとリングストロボとの葛藤は終了しました。

 ニコン、キャノン、ペンタックスでも果たせなかった口腔内撮影の自動化が思いもかけなかった「ニッシンMF18」というリングストロボで果たされたからです。その時の内容の詳細はこの時のブログの記事でご覧ください。DI日記以来20年間の開発ヒストリーに終止符を打つことは残念でしたが、深追いは得るところが少ないと決断したからです。多くのユーザーにとってはニッシンの技術力と営業力の方がわれわれの小型化への執着よりも得るところが大きいと判断したからです。

スマホ騒動、ミラーレス小型デジカメに始まった今回の新口腔内写真へのアプローチは、あっさり幕引きになりましたが、当時の試行錯誤の大半は140以上のタグ「デジカメ」の中に残されていますので、お暇の方はご一覧ください。

# by my-pixy | 2018-11-28 12:46
2018年 11月 23日
ミニリング時代
f0103459_1449403.jpg頼みの綱だったペンタックス、ニコンにも見放され、次々に買い替えたデジタル1眼レフも思うに任せず、D1から何台メカのデジタル1眼レフを経て5年、RAWデータという新たなシステムが色調調整にも有効な手段になることが分かってきた。
これによってストロボによる自動調光だけに頼らないでも、デジタル一眼レフの大きな問題点を回避できることがはっきりした。ニコン、キャノンに頼らないでも零細企業相手の自家製ストロボの可能性が戻ってきた。この間にトライアルを続けてきたLEDの経験も生かして何とか使いやすい小型ストロボをまとめることができるようになった。

# by my-pixy | 2018-11-23 14:57
2018年 11月 22日
自動調光
f0103459_929196.jpg
口腔内写真撮影の原点だったのは上の写真のメディカル・ニッコールだった。われわれが接写用カメラを自作したりしている頃に現存していたが、(当時のものは200ミリのレンズを使っていたのでこの写真のものよりもさらに大型だった。)
 その後のすべてのストロボ自動調光は電気的な処理で行われたのに対して、このストロボだけはレンズの周辺に組みこまれたメカ的な処理で調光し、絶対的な信頼感と正確さを誇っていて、デジタル化以降も愛用者は少なくなかった。私達もフィルム消滅以降のデジタル一眼レフの八方塞がりの時期には一時使っていたこともあったが、間も無く発売中止になった。D1でデジタル一眼レフの先頭を切ったニコンだが、これ以降この後継機を開発する気配は全くなく、われわれはすべて怪しげなシステムに振り回されることになった。

f0103459_10123037.jpg

# by my-pixy | 2018-11-22 10:53
2018年 11月 14日
デジカメと口腔内写真
f0103459_13405775.jpg1990年代に始まるフィルムカメラの消滅に始まる大変動の物語ですから、まとめることは容易ではありませんが、スマホと一線を画するにはどうしても避けては通れない問題なので、退屈だと思わずお付き合いください。
上段はスライド時代から、スライド読み込んでデジタルデータに変換する装置と、逆にパソコンで作った画像をフイルムにプリントする装置です。アナログ、デジタルの混在時代には、海と河口の間にある汽水域のように淡水、海水の間を行き来するシステムがどうしても必要でした。その解説のために出版社、ニコンの人たちと一緒に対談をした時のものですが、私は汽水域を泳ぎ回る鮎のような存在でした。対談は1994年1月から11月までの連載でした。
下段の原稿はその時代に書きまくっていた歯科雑誌3部作です。1992年はデジタル一眼レフはまだ登場していませんでしたし、プレゼン自体はスライドプロジェクターで行われていましたが、スキャナー、フィルムレコーダーを使ってフィルムレスに移行する準備は着々整っていました。
しかし撮影の要になるデジタル1眼レフの登場までにはジリジリするような時間が必要でした。下段の中央のニコンD1登場は写真業界全体が待ち焦がれていたもので、私もこれを機会にホームページの開設などに踏み切りましたが、当時のデジタル一眼レフはニコンに限らず各社欠陥商品のオンパレードで、スライド時代の色調を再現するまでには、何度ものカメラの買い替えと5年の年月が必要でした。その総集編が右側の2005年の原稿ですが、これまでにしびれを切らせてスライドに戻った人もあるくらいでした。

# by my-pixy | 2018-11-14 13:33
2018年 11月 10日
ミラーレス一眼レフ
f0103459_10134988.jpg35ミリデジタル一眼レフ誕生以来の経緯などを回顧しようかと原稿を書き出した日の夕刊に、こんな記事が大々的に出ていました。これまでのAPSCや35ミリフルサイズに代わって、より小型軽量のミラーレス機に主役が交代するという話です。すでにビッグカメラなどの売り場配置はすっかり変わって、これまでの一眼レフはどんどん隅の方に押し込まれていますから間違いありません。
しかし、われわれの用途もそれに追随すれば良いのだ!というわけにはいかないのです。私の世代になってからでも口腔内写真を可能にするために様々なトライアルを重ねてきました。少しずつそれが実って1983年にはその集大成がペンタックスから発売されました。しかしその3年後には35ミリフィルムが無くなってその下地からご破算になり、長いデジタル一眼レフのトンネルに入ってしまいました。

長年の35ミリフィルムの上に積み重ねてきた総ての器材とその組み合わせを、試行錯誤の末なんとか取り戻した時にミラーレスといわれても、また同じ曲折を繰り返す元気はありません。当時の戦友たちはすでに散りじりバラバラで行方も知れません。

# by my-pixy | 2018-11-10 10:14
2018年 11月 04日
どこかに抜け道はないか
f0103459_1573428.jpgこれまで基本ゼミなどで大切にしてきたことの柱は経過観察です。私たちは昔ながらの写真の延長線上にそれを追ってきました。しかし同じことを現在の若手に要求することには壁を感じます。スマホ全盛に置き去られた写真に固執してプレゼン資料をまとめることを受講生に指導していますが、忙しい臨床の中で不可欠なのだろうかと考えると疑問が残ります。「スマホの口腔内写真でKA367のプレゼン画面が作れるか」がわれわれへの最初の課題です。
この程度の術前の写真などを撮ることはできますが、広角レンズに特有な歪みは避けられず、前歯部よりも臼歯部が大きくなっています。また撮影時のカメラの保持によってこうした問題点はばらつきますから、100ミリ前後のマクロレンズのような自然な描写は不可能です。さらに口腔内撮影では撮影用ミラーや口角鉤、リングストロが不可欠なことを考えれば、スマホでの撮影はあり得ません。最後に残るのはミラーレス機を使っての小型化ですが、ボディだけは小型化できても周辺機器は皆無ですから出口は見つからないでしょう。

# by my-pixy | 2018-11-04 10:27
2018年 11月 02日
カメラ写真はどこへ???
f0103459_11555319.jpg昔も気にはなったのですが信じたくはなかった2012年9月19日のブログの記事を探し出しました。タグ・デジカメの中の記事で、当時もスマホの恐ろしさは予感していましたが、カメラマニアとしては見たくはない光景だったので、見て見ないふりをしてデジタル一眼レフにのめりこんこんでいました。

# by my-pixy | 2018-11-02 13:30
2018年 11月 01日
プレゼンを支えてきた規格撮影の重要性
f0103459_12413771.jpg今年の基本ゼミも無事終f0103459_12415959.jpg了して、来年に向けての仕込みも始まったようです。しかし私にはこれまでの推移の中で、今後に向けて極めて心配なことがあります。

これまでの50年間われわれはデンタルX線写真、35ミリスライドの接写、パノラマX線の複写などを規格化して比較検討する事を常にしてきました。その過程でデジタル化という大波もかぶりましたが、何とかそれも乗り越えてきました。

 しかし近年スマホによる変革はそんなものではありません。1900年以来のニコン、キャノン、ペンタックスなど大手光学メーカーのホームページに、看板だった1眼レフの姿はありません。

主催者側と受講生側の接写用カメラに対する認識の違いは、とんでもなく大きなものになっています。この機会に変わってくれる受講生はごく一部で、さらに規格撮影の重要性に気付く人はゼロと思うべきでしょう。大半は何事もなかったようにまたスマホに戻っていくでしょうが、政治経済も大混乱の現代、誰も将来を予知することはできないでしょう。

# by my-pixy | 2018-11-01 12:29
2018年 10月 29日
NHK・知床シャチ大集合
f0103459_1314544.jpg
北海道知床の海には毎年春から夏にかけて多数のクジラやシャチがやってくるといわれていた。その謎に迫ろうと研究者とともに高精細ドローンや深海用特殊カメラなどを駆使し、知床に現れるシャチの集団を追った番組だった。世界的にも極めて珍しい数百頭の大集団やホッピング、横一列の整列など信じられないようなシーンの連続だった。個体識別なども進みファミリーやグループ、100歳近い年齢などまでも分かりつつあるらしい。
 高齢化への対応を迫られているわれわれの分野とつい比べたくもなってしまうが、ドローンやカメラなどの進歩は羨ましい限りだった。

# by my-pixy | 2018-10-29 13:03
2018年 10月 28日
2018基本ゼミ・最終回
f0103459_9551357.jpg 2018基本ゼミの受講生最終ケースプレが終わりました。毎年のことですが、受講生の大半は初めてのケースプレになりますし、主催者側は講師陣が全員出席しますから、賑やかな集まりになります。準備段階では脱落寸前の人もいたようですが、サポートスタッフの懸命な努力で、脱落者なしで終われたことは何よりでした。
 懇親会はテーブルごとにマグロの中落ちが並び、ハマグリの貝殻ですくってビールということで、豊洲に移転しても築地は健在!の中で賑やかな会になりました。
 
 若手の中には大化けして、全員を唸らせる症例ヒストリーを散りばめて堂々の初ケースプレをした人もあり今後が楽しみです。基本ゼミは終わりましたが、われわれとしては11月のモグラ塾につながる手応えも感じられた最終回でした。
 次のもぐら塾はすでにHPなどにアナウンスしている通り11月25日(祭)です。テーマは相変わらずパーシャル・デンチャーの設計ですが、今回の経験を生かし新たなアプローチも考えています。

# by my-pixy | 2018-10-28 09:57
2018年 10月 26日
2018年基本ゼミ
f0103459_1713192.jpg 昨日の「歯のない幸せ」についてはもう少し解説が必要ですが、明日のゼミではその思いなどもお話しして、1年間のセミナーを締めくくる予定です。所詮、歯科医の職業寿命の中で患者さんの生涯をすべて幸せに過ごしていただけるのは難しいわけですから、次善の策を考えないわけにはいかないでしょう。

そんな思いを込めての最後のプレゼントとして、今日はこの画像作りに過ごしました。

# by my-pixy | 2018-10-26 16:57
2018年 10月 25日
歯のない幸せ
f0103459_8224336.jpg
f0103459_1011096.jpg今週末は2018年最後の基本ゼミです。その中で中心課題になる一症例です。
60年の自分の臨床を振り返りながらいつも忘れられなかった患者さんです。小児歯科の先生からご紹介を頂いた方でした。不得意ながらお使いの総義歯をベースに新しい総義歯を製作しました。なんとかご満足いただき次の来院は数年後になりました。適合もほぼ良好で新調の必要性も認められなかったので、シリコンのリベース材でリライニングしました。充分ご満足頂き、その後は不定期のチェックだけになりました。

 私が歯科医として歩み出した頃、名医と名が高かった先生はその殆どが総義歯の名人でした。直接の恩師だった河辺清治先生だけでなく、私の父親も若くして総義歯患者でしたし、留学したアメリカでナソロジーが台頭したのも、総義歯のフルバランス製作が初期の目的でした。世界中の各大学でも補綴の中心は総義歯でしたが、歴史の長さの割には実りは無かったようです。

 そんな中で私はCrーBrとの葛藤に数十年を過ごしてきましたが、ペリオ、咬耗に引き回され、最終的には「二次固定」に逃げ込むことになりましたが、あのAAPはインプラント学会に変わり、最近の大学の臨床などを垣間見ると、パーシャル・デンチャーさえままならない混迷は極限に達しているようです。
しかし技工を放棄して補綴はあり得ないのです。10基の原発の廃棄も決まったようで、遅すぎましたが、福島の悲劇は無為には終わらなかったようです。

# by my-pixy | 2018-10-25 08:24
2018年 10月 18日
フグにつられて関門海峡をこえ
f0103459_1420024.jpg
f0103459_1420281.jpg

 折尾のログハウスやセミナー見学も大事な目的でしたが、それをすませて深夜の下関市場のフグの競りにもぐり込みました。噂に聞いていた深夜の市場を満喫して、最後は徳山に集合していたスキークラブの面々と大集合という盛りだくさんの週末でしたが、まだ新幹線もありませんでしたから多忙な旅でもありました。
 もちろん近年のように年1回のドック入りなんていうことは考えてもいませんでした。
ほとんどの写真はフィルム時代には日の目を見ず眠りつずけ、ようやく今日の日になりましたが、ご一緒だった方々にも亡くなられた方が気になります。

# by my-pixy | 2018-10-18 14:20
2018年 10月 17日
突然変異
f0103459_1231141.jpg 昨夜の日本サッカーにはびっくりしました! 何がと言っていくらど素人でもこの突然異変ぐらいはわかります。
W杯予選を突破するには、あれしかなかったでしょうし、それが限られた時間の中で最善の選択だったことも分かります。しかし昨夜の南米の強豪ウルグアイもそれなりにやる気でやっていたと思います。しかしそれをハラハラドキドキですり抜けていた日本代表チームに何が起こったのでしょう。

 先制点を挙げたからといって、その後はいつもハラハラドキドキでテレビに釘ずけだったのに、昨夜はそんな心配は全くありませんでした。同点にされてもすぐ追加点!。後半になっても、それを守るのではなく攻撃の手を緩めず、つぎつぎにボールを奪取する複数の若手メンバーの積極性には、このゲームに負けがないことを確信させました。

 あれは夢だったなどと『奇跡の出来事』にしないで欲しいものです。

# by my-pixy | 2018-10-17 12:09
2018年 10月 14日
シドニー1973
f0103459_15415766.jpg

f0103459_15495554.jpg

f0103459_15452034.jpg

 ハロウィンだからではないでしょうが、 IDだパスワードだに追い回されていた日々から逃れてブログに戻ってきました。その日を夢見て古い写真の整理もボツボツ進めていましたので、来週の基本ゼミもありますがちょっと一休みです。

1973年、SBカレーの海外遠征にお伴して、クリスマスのシドニー下町を歩いていた時のスナップです。1枚目は市街地から見たシドニー湾内の光景。2枚目はヨットクラブからの眺め、3枚目は海からのおみやげ屋さんです。すべてスライド時代の残映ですがこれからも折にふれ続けます。

# by my-pixy | 2018-10-14 16:51
2018年 10月 09日
越中風のお盆
f0103459_1623497.jpg

f0103459_14525578.jpg

八尾の「風のお盆」が素晴らしいい!!!と聞いたのは何時のことだったろうか。その頃お盆といえば青森のねぶた、弘前のねぷたが有名で、そちらに2度3度と通っている人の話は聞いていましたが、風のお盆のことを絶賛する人の話を何度か聞かされても優先順位は変わりませんでした。
 しかし、そんな数年を過ごす中、地元、富山の強力なお二人から、これ以上ない完璧な招待スケジュールをセットアップして頂きました。この以上のチャンスはありえないので、全てをお任せして富山八尾パッケージツアーにお招き頂きました。
風のお盆を語るにはあの胡弓の音なしには不可能ですが、地元の寺田先生、吉田先生には感謝のほかありません。その後大人気になり八尾の駅から長蛇の列ができるようになりましたが、この時の素晴らしい記憶はカセットテープとともに今も耳に残っています。1枚目の写真は吉田先生のご自宅のお庭でお嬢さん二人に特別演出していただいたものです。

# by my-pixy | 2018-10-09 16:13