2018年 06月 20日
最高のプレゼント
f0103459_16501542.jpg どうなることやらと試合開始を待っていましたが、なんとなんと開始早々これ以上ないプレゼント。それに支えられてこれ以上ない滑り出しでした。全部見ていたわけではありませんが、予選のどのゲームよりも安心して見ていられました。監督も選手の人たちも辛いこの1ヶ月ほどだったと思いますが、様々なデータを払拭して、1点を取り返された後もあまり心配はしませんでした。まるで画像のモンスターが背中を押してくれているようでした。
 このペット・モンスター! 連れ帰ってから何年になるかも忘れましたが、久しぶりに入浴させてからから姿が見当たらなくなっていました。まさかこんなロングセラーになってご健在とは・・・・。

そのせいかサボっていたブログにまで驚異のアクセスでした。

# by my-pixy | 2018-06-20 17:04
2018年 06月 03日
テレビネタの効用
f0103459_1159511.jpg プレゼンを組みながら「あの一枚!」のスライドに引っかかって、パソコン中を探し回ることはしばしばです。夜どうしようもないテレビ番組のお付き合いをしている時もそんなことは起こります。先日ブラタモリを見ていた時も、ペリーが下田に来たのは1800年代で、最初のテレスコープの挿絵と大差ないことにびっくりしました。同じ番組の中で話がミコモト灯台に移ると、かってヨットでしばしば回航していたところでおなじみでしたが今は漢字も忘れていました。ワープロのおかげで神子元島であることを思い出しましたが、深入りするとAnother storyになってしまいます。

  またイギリス王室の婚礼の話題からはリヒテンシュタイン王国を介してイボクラーやセラミックスに繋がります。80〜90年代は白水貿易を介して素晴らしい人間関係が築かれていたのに、2000年には突然、とんでもない壁が築かれれてしまいました。まだトランプもいなかったのに悪夢としか言いようがありません。

# by my-pixy | 2018-06-03 11:17
2018年 05月 29日
新しいネタ
f0103459_833181.jpg現役引退でこれまでのように新しい臨床のネタは一挙になくなり、ブログの継続は苦しくなってきました。リンクをしている方たちのブログも辛くなっているようですがその中で、ずっと叶わぬお手本にしてきたMontery水族館と後発の仙人のブログだけはますます元気なようです。
前者はもともとわれわれが真似できるようなものではありませんが、後者はたった一人忙しい中で着実にレベルアップしています。(両方ともモグラのトンネルのリンクにありますから一度のぞいてみてください。)
私のブログも古いネタで頑張ってるのにそれなりの来訪者があるのは、多分基本ゼミやモグラ塾などの新しい方々のおかげのようです。こちらはWebが始まった時からの積み重ねだけが売りですが、このところの苦しいやりくりにも関わらず、来訪者がきれないのはもぐら塾や基本ゼミでの新たな接点が機能しているようです。私のセリフではありませんがまさに「継続は力なり」です。毎朝楽しみにしている前日の記録が下降線ならとっくにギブアップしているはずですが、写真もない、ネタもないなどという愚痴にもついてきてくださる方がある以上頑張らねばなりません。目下は7月の臨床歯科を語る会の準備でアップアップですが、毎日サンデーの強みもあって持ちこたえています。目標は昨年の「Another Story」です。

# by my-pixy | 2018-05-29 07:56
2018年 05月 21日
経過から考える
f0103459_14141121.jpg そろそろ1ヶ月後に迫った語る会のプレゼン原稿に明け暮れています。すべてが過去の出来事に根ざしたものですから、それがいつの出来事であったかをはっきりさせなくては話は始まりません。
 しかし一つの出来事には始まりから終わりまでかなりの期間にわたるストーリーがついています。その物語のどの部分にスポットを当てるかによって展開は大きく変わってきます。今日、例に取り上げたジャケットクラウンにしても既成陶歯しか無かった時代とメタルボンドが導入された前と後では、見解は大いに変わってきます。さらに最近保険導入が云々されるレジンのインゴットのこと、ジルコニア、CAD.CAMとの比較などまで考慮するとなれば複雑ですが、その間には一世を風靡したキャスタブルセラミックスのことも忘れるわけには行きません。それぞれの栄枯盛衰を知ってのことと、知らずに未整理のままでは話は成り立ちません。
 
 セラミックスのように材料だけのことであればまだ簡単ですが、「すれ違い咬合」といったような広範な問題になると、言葉の定義からの打ち合わせなしに話は始まりません。私が始めて「すれ違い咬合」のレポートを書いたのは1967年ですが、その後2000年にかけて視点を変えながら何度も取り上げてきました。
 最初は装着したパーシャルデンチャーが滅茶苦茶に壊れた話でしたが、次の症例では顎位低下や咬耗に、さらには支台装置の問題へと移って行きます。そして2000年以降には同じ症例の最重要課題は、欠損顎堤の変形に変わって行きます。同種の症例間の個体差の問題でもありますが、年代的対応の違いでも患者さんの高齢化の問題でもあるのです。
 時代の変化、歯科臨床の変化と、患者さんのヒストリーをどう読み解けば良いのか、正解はなかなか見つかりません。

# by my-pixy | 2018-05-21 11:01
2018年 05月 14日
KA356バインダー
f0103459_1036139.jpg もう5〜6年前のことですが、KA367の構想がまとまって、もくあみ会の時にプリント集を作りました。A3プリンターを探してかなり綺麗なプリントが作れ喜んでいたのですが、本番では時間もなくお披露目もできませんでした。その後Webではいろいろ試みてきましたが、大作プリント集はそのままぐっすりお休みになっていました。
昨日のもぐら塾に、もしかして持参したところ、何人かの人がかなり関心を持ってくれたようでした。ちょうどプレゼンの解説にもなっていたからでしょう。タグは『KAセレクション』の中に入れましたが同じ場所には関連記事も多数あります。f0103459_11384313.jpg

# by my-pixy | 2018-05-14 10:36
2018年 05月 01日
レトロスペクティブ
f0103459_9534063.jpg
f0103459_945146.jpg 5月のゴールデンウイークといえば格好のお出かけシーズンでしたが、10連休だなどというのに「こもりきり」になっています。自分のプレゼンに多忙なためですが、昔の資料を見直すにはこれまでにない時間で、それなりの楽しみにもなっています。
 ちょうど連休前から1970年代に入ってきて、こんな資料も出てきました。ナソロジー旋風が吹き荒れた直後でしたが、当時のわれわれにはこうした出版物が突然出現した背景はわかりませんでした。小さなパンフレットながら大きな話題になり、アルファオメガという書名は誰一人知らぬ人はない状態になりましたが、Periodontal Prosthesisという言葉はまだ耳新しいものでした。
f0103459_915291.jpg
 アルファオメガは大きな話題になり、何度か来日したMorton Amsterdamは著名人になりましたした。イニシャル・プレパレーションという言葉も急速に次第に定着し、ナソロジーに続く歯科臨床の大波も一段落して収束に向かっていくのですが、取り残されていたのはパーシャル・デンチャーでした。ちょうど1970年の大阪万博の時でしたが、64年の東京オリンピックに続くビッグイベントとして正確に記憶しています。[すれ違い咬合]元年でもあったからです。

# by my-pixy | 2018-05-01 09:09
2018年 04月 22日
今週の基本ゼミは盛り沢山
f0103459_15343223.jpg 今週の基本ゼミは事務局大活躍の二日間でした。
 まず土曜日は、事前に受講生の提出したペリオ症例に、一症例づつ千葉先生からコメントしていただくという企画。2日目は受講生の持参したインレー、アンレーやCr-Brの作業模型を、こちらで写真撮影して即日コメントするという離れ業。さらにハイドロアルギン印象、シリコン印象のデモというライブショーはこのゼミならではのものでした。
 私の方は自分の持ち場はありませんでしたから、久々にレポーター役をさせていただきました。こちらも夕方までのアップですから、前例にされたらとんでもないことになります。夕方、のぞきに行ったらもう誰もいませんでした。
f0103459_9345359.jpg

# by my-pixy | 2018-04-22 15:34
2018年 04月 13日
AAP1979シアトル・バンクーバー
f0103459_11122919.jpg資料整理にともなう昔話が続きますが、シアトルでの記念写真です。上の画像はすでに対米輸出が行われていたスペースラインのそっくりさんですが、下の2枚はわれわれもペンタックスと開発を進めていた口腔内写真用のリングストロボが色々並んでいます。この翌年にはシステムカメラとしてのLXが市販される寸前のことです。

 勝手の違うペリオの学会、話はよくわからないでじっと座っているのも辛いので、器材の展示を見た後はもっぱら海沿いにメキシコ方面に出かけていました。マリアッチといわれ人たちがギターの弾きがたりをしたり、子供達が自分の海イグアナ手に見せにやってきたりでこちらは退屈しませんでした。
f0103459_11593967.jpg 

# by my-pixy | 2018-04-13 11:14
2018年 04月 12日
1979.バンクーバー
f0103459_1564327.jpg 1980年ごろまではもっぱらヨーロッパに通っていましたが、一度だけAAPに日程を合わせバンクーバー .シアトルあたりを歩き回りました。何となくアメリカ東海岸に比べるとヨーロッパの香りがして馴染みやすかったからです。前回のチロルの木の顔とトーテムポールなど何となく繋りがあるような感じがしていました。

 この後AAPは急速にインプラント学会に変貌をしていきますが、この時まではそんな気配はありませんでした。反対に臨床歯科を語る会などの構想がまとまったのは、この時のイメージが大きく影響したようです。

 この数日間RAWデータにしたまま放り出していたデータを整理したところ、お宝画像がいろいろ見つかりました。いずれも静かでほんのりするものばかりです。

# by my-pixy | 2018-04-12 12:45
2018年 04月 08日
1980ザルツブルグ郊外
f0103459_14554610.jpg 今のところは特に仕事もないのですが、夏のイベントに向けての準備を始めました。特別何を!というご注文はないのですが、逆にそれだけ組み立てには苦しんでいます。仕事でも遊びでも新ネタはないので、手持ちの中から何かをひねり出さなければなりませんが、辺りを見回しても美味しそうな匂いはしてきません。
大越流思考法やオオタニ流に触発されることも多いのですが、それで大局を乗り切れるはずもなく、代わり映えはしないのですが、ハードディスクの中身をかき回し始めました。スライド時代から付き合ってきたスライドのイメージはいつも消えることはないのですが、どこかに忘れかけていたものがあればという淡い期待からです。このチロルの風景も数十年付き合ってきたものですが、このショットのはっきりした記憶にはありませんでした。
 それでもカレンダーなどにも使われず、スライドからRAWデーターでハードディスクに詰め込まれていたものの復活プロセスで、いろいろな記憶の一部は色調が戻ってきました。日曜日としてはマズマズの収穫でした。私のリンクは大半が死んでしまいましたが、中には所詮悪あがきとは分かりながらもがいている様子を見ると力づけられます。
 期待のNHK新番組では予想に反して日曜美術館がメンバー一新で迫力がありました。でも今入ってきたニュースでは大谷翔平君が勝ち投手!!!。

# by my-pixy | 2018-04-08 14:11
2018年 04月 03日
1970年
f0103459_126332.jpg 1970年という時代は、われわれの世代にとってはいくら繰り返し語っても語りきれない時代でした。1964年の東京オリンピック、海外渡航の自由化に伴って、高速切削、精密印象、ナソロジーなどが次々と臨床導入され、ひと息つく暇もなくエンド、ペリオなどにも変革の波は広がったからです。当時の状態は外遊から帰られたばかりの石原先生の著作にもはっきり残されています。当時の医歯薬の出版物『補綴と生物学」の中にも、歯科臨床の全てが書き換えられる中で医科から歯科に移られて悪戦苦闘されtる苦衷がまざまざと残されています。

 大波の最後が1970年頃からのペリオの変革でした。そんな大局も良くわかっていない中で、CR-Brによる全額補綴に苦しんで、パーシャル・デンチャーに軸足を移してきたのですが、まさに五里霧中という状態に陥るのは当然でした。最初の難関はすれ違い咬合の症例群でしたが、道筋は全く見えていませんでした。その象徴が大阪万博の太陽の塔でした。先日、そのリニューアルの塔の内部などを見るにつけ、大風呂敷を広げているアーチストの気ままさを悪夢のように思い出しました。

# by my-pixy | 2018-04-03 10:28
2018年 04月 01日
エイプリル・フール
f0103459_175591.jpg
 昨日からの延長戦でブログと格闘していましたが、AppleCareでも手こずる難問にようやく光明が見え日曜出勤は大収穫の1日でした。自分が何かをしたわけではなく、見るに見かねた我が軍団のチーム力の成果なのですが、5月のもぐら塾に向けて強い見方ができました。

 こんな明るい気分でエイプリルフールの記事を書け、今夜は大越キャスターのサンデースポーツ復活ですから、桜の後も良い季節になりそうです。

ついでながら年度末のNHK番組の◎とXです。昨日のゴースト血管は最悪、ためしてガッテンの残りものでした。
f0103459_10291214.jpg




 




 それに比べれるとスペシャリティをもつさかなくんはメキメキそのタレントを伸ばし、東京湾を横断する横断道路の構造設計から換気設備の現場見学から、それを取り囲む人工漁礁の案内、地元の大謀網内の周遊、折に触れて発揮する鮮やかなイラストの才能など、多様なタレントぶりで魅了されました。

 東京湾アクアラインに沿って海上から水中からの立体的案内は、住人の魚や海藻たちも引き込んで素晴らしいものでした。オンデマンドおすすめです。

# by my-pixy | 2018-04-01 17:06
2018年 03月 30日
良き時代
f0103459_847547.jpg 昨日アップした2番目のケースですが2011年の上顎の義歯の写真が残っていました。昨日のパノラマと合わせていただくと上顎の義歯の推移が分かってきます。昨年の語る会全体会や今年のもくあみ会でしばしば問題になる、上顎か下顎かという話にも関連してきます。
初診時には明らかに優位だった上顎が急速に崩壊し、今や不要か邪魔者の7番を残すのみになり、下顎の方は外冠内面をレジンでウオッシュしたまま使い続けられています。同様な状態はすれ違い症例の多くで経験することです。欠損は絡みますが上顎と下顎でよく見かける状態です。
 このケースでは顎位低下などが見られず、上顎7番残存による問題は顕在化していませんが、上顎7を無力化するために義歯床内に取り込む必要に迫られることもしばしば見られる状態です。義歯修理を繰り返した痕跡も残っていますが、上顎前歯が残存していたことで一次固定に固執されれば、もっと悲惨な経過になったはずです。条件が厳しければ早めにシングルデンチャーへの移行が必要になったでしょうが、テレスコープによる下顎義歯の安定が幸いしました。

5月13日(日)の第2回もぐら塾は、「二次固定を考える」として、このケースのような話題を取り上げます。受講ご希望の方は mogura@xrh.biglobe.ne.jp 宛にメールにてお申し込み下さい。
会場は前回と同様.ダイビル特別会議室.定員10名で受講料は30,000円 です。 

# by my-pixy | 2018-03-30 08:28
2018年 03月 28日
書名を変更したい事情
f0103459_1043742.jpg 昨日、突然に書名を変更したいなどと言い出したことには、根も葉も無いわけではありません。
雑誌連載当時のゴタゴタに始まり、その後にも話題になることはあっても、その位置付けははっきりしてきません。若い頃のクラウンブリッジ、全額補綴、テレスコープなどの足取りがそれなりにはっきりしているのに、この部分だけは10年余の時間経過を持っても評価が決まらないのです。

 反対に高齢化社会などにまつわる患者さんとの関係の変化なども加わると、評価はさらに難しくなります。すでに終了した自分臨床の中でははっきり舵を切っているのですが、若手との話し合いの場でもそれで良いのか?となると微妙になってくるのです。

 経過を待ってその是非を決めるという自分の手法の無力さを痛感する場面ですが、 画像は昨年でお別れした患者さんの2例です。上と下は別ケースですがともに私と同世代の方で定期的に来院されていました。こんな形で穏やかな晩年を過ごしていただけたことに満足しています。その過程では波風もありました。そんな出来事も話題にして行きたいと思います。 少なくなくともこんな方々に◯◯◯◯◯◯が無用なことだけははっきりしています。二次固定讃歌です。

# by my-pixy | 2018-03-28 16:15
2018年 03月 27日
10年を経てようやく思いついた新書名だが
f0103459_14475649.jpg 年齢のせいで頭の回転がすこぶる悪くなり、出版時にはどうしても思いつけなかった書名に10年を経てようやくたどり着きました。ブログのタグ名では一歩進歩していたのですがまだまだでした。このところもくあみ会などで散々いじくり回されてもぴったりきませんでしたが、「インプラント」という言葉を使わないこの書籍で言いたかったことが突然浮かびました。書籍原稿前段の部分で強調したかったことは可撤性であっても動かない補綴ということでしかなかったのに、出版社とのゴタゴタの中で曖昧なまま締切になってしまったのです。
 
 お買い上げいただいた方には大変申し訳ありませんが、表紙の赤字を黒マジックででも塗りつぶしていただければ大変幸せです。背中の赤文字ぐらいになればわれわれの思いに近づけそうです。遅ればせながら、もぐら塾、臨床歯科を語る会などのラストチャンスを通じて申し開きはさせていただきます。もともとはFixとRemovalで分けられていた英文に戻っただけと言ってしまえばそれまでですが、歯周補綴、一時固定、二次固定、などとの使い分けもスッキリするように思います。

# by my-pixy | 2018-03-27 08:02
2018年 03月 26日
2018臨床基本ゼミ
f0103459_1024154.jpg 例年のことですが私たち火曜会のメンバーによる全6回12日の臨床基本ゼミがスタートしました。お申し込みお申し込みをいただいた16名の先生方からは、このセミナーへの期待やご希望などを提出していただいています。しかし卒後2〜3年の方がら40歳越えの方までその内容は様々ですしわれわれにできることも限られています。あれこれ思い悩んでもシナリオは決めかねる中で当日が来てしまいますが、今年はなぜか想像よりはスムースに初日を終わらせることができました。不思議なことに自己紹介に見るそれぞれの想いは、予想していたよりは距離感がないことように感じられました。

 上の写真はこのゼミ定番のイニシャルプレパレーション千葉先生のエンドのお話ですが、その深みと難しさが本当に分かるはずもない若手には、当然のこと!!と素直に受け取られていたようです。こちらは今にその怖さが分かるだろうとニヤニヤしていました。

下の写真は1日目が終わっての懇親会のスナップですが、トップバッターがのびのびと良いプレゼンをしてくれました。そのおかげで終始和やかに進行しましたが、あまりのんびりしているので、最後にマイクが回って来た時に10月のそれぞれの最終ケースプレが楽しみだ!」などと言ってしまいましたが、それほど和やかな第一日目でした。

# by my-pixy | 2018-03-26 10:24
2018年 03月 19日
新潟で再会
新潟では大勢の懐かしい方々にお会いしました。極寒の歯科医師会館もなく、今をときめく歯科医師会長も一番若手だった頃のことでしたが、それから熊本勢などとも合流し、1980年以降はメンバーは変わりながら真鶴に集まっていました。
2000年台になると全員がDTPも身につけて、会合記録が続々と若手により製作されました。静岡で火がついた競作は3年間趣向を凝らして製作されました。トンボではじまった会名も時々で変わってボウフラだ蟻地獄だと変わっていきましたが、それなりに思い入れはあったようです。
来週は2018の基本ゼミで、何かのヒントになるかと読み直していますが、最近の商業誌よりは読みでがあります。
f0103459_171596.jpg

# by my-pixy | 2018-03-19 16:47
2018年 03月 19日
素晴らしい会場で、もくあみ会 In Niigata
f0103459_9452761.jpg 会が終わると記念写真!という号令がかかるのがいつものことですが、今回ほどスムーズに進行したことは初めてです。成功の要因は室温の低さで、配布されたホカロンも切れて凍りかけていた全員が、一刻も早く外に出たかったからです。宴壇上ではなく客席前列を使用したことも大成功でした。これが終われば暖かい室外に出られるという希望が全員の一致協力を産みました。

プレゼンテーションの内容は新人の積極参戦もあって例年にない白熱ぶりでしたが、凍りつきそうな室温のなか「忍」の一言でしたがそれが緊張感を呼び込んでいたのかもしれません。遠路はるばる熊本から前泊を重ねて参加して頂いた方々に加え、レギュラーメンバーではない現地参加の方々も加え、懇親会は明け方まで続いたようです。

今回参加はしていただけなった福島の方々への思いも込めた最後のスライドも何とか伝わり、
私としても思い残すことはありませんでした。

f0103459_11441841.jpg

# by my-pixy | 2018-03-19 09:45
2018年 03月 15日
俯瞰と細密描写
f0103459_11454940.jpg 3週間ほど前の日曜美術館の番組です。ちょうど有名な 青木繁の「海の幸」が取り開けられた後だったと思いますが、画家の人柄は対照的だったようです。千葉と大島という漁村に住み着いてというところだけは似ていますが、その画風は対照的でした。





f0103459_12273849.jpg

# by my-pixy | 2018-03-15 11:39
2018年 03月 09日
実物とおもちゃ
f0103459_12474138.jpg
左側は1980年台に初めて買ったアップルのプラスで、臨床スライドの整理に使い始めた頃のものです。まだモノクロでHDも外付けでしたが、すべての始まりになった思い入れの1台でした。そんな形をゴムのミニチュアにしてデスクトップの小物にしたものを見つけました。こういうものには目だないので、以前からネットではよく見かけていましたが、御茶ノ水にお店ができたらしいので早速出かけてきました。雨の最中で時間も朝だったのであれこれ1時間ほど質問ぜめにした上、いくつかをぶら下げて帰ってきました。assistonというお店です。f0103459_9143479.jpg

木工製品にもにも面白いものが少なくありません。スマホで写真を撮る気にはならないのですが、こんな仕掛けがあれば少し気分が変わるかもしれません。邪魔になることは覚悟の上ですが、もくあみ会のお供になるかどうか、週末のお楽しみです。

# by my-pixy | 2018-03-09 12:47