2010年 02月 03日
白い歯の悲劇(硬質レジン編)
 白い歯の悩みはポーセレンの破折だけありません。大昔から前歯部はポーセレン臼歯部は硬質レジンを主に使ってきましたが、メタルだけの修復に較べると歯冠色材料の耐久性は目を覆うものがあります。発表の必要もあって古い症例を引き出してみると、その頃のイヤーな思い出がよみがえってきます。
f0103459_1273799.jpg
1970年代はプライマーなどもなく今から考えれば試作品レベルでしたから、われわれはモルモットにされていたようなものですが、右下の1990年代に入る頃の製品でも8年後にはこの始末ですから、今のものは大丈夫などと安心はしていられません。しかもこの世界、リコールなんか無縁ですからメーカー天国です。可撤部に使ったものはそれほど苦労せず修理しましたが、口腔内で直すしかない固定部のものは聞くも涙の物語です。

by my-pixy | 2010-02-03 12:19


<< 2台のSXGA+プロジェクター      2月 バルディゼール >>