2013年 06月 29日
うどの大木会
f0103459_16573265.jpg
 東京でも大きな学会が行われているようですが、こちらは田舎町でビールを飲んでいます。バイクで名物のうどが届いたので、くろむつの唐揚げとのおつまみがなかなか絶品でした。話題の中心はコーノスシュリッテンでしたが、海賊版ならぬ日本製が完成間近なようです。バーチャルの口だけ会議に比べ、ユーザー達が集まっての現物を手にしてのディスカッションは見ていても心が躍りました。

f0103459_9424813.jpgf0103459_1701850.jpg
 梅雨の合間の快晴で湿度も低く家中の窓を開放していました。入浴などで部屋を動いた人が、あちこちこちでいろいろな珍客に出会ったようです。久しぶりにゴミの穴にご馳走が入っていたせいか、芝生がすっかりきれいになったせいか、750ccのバイクだけでなく小鳥ととんびのかくれんぼにも利用され、室内での大きなトンビとの遭遇に驚いていたら、一夜明けては熊ん蜂まで後入来。まさか巣は作られていないでしょうが、次回は緊張です。そんなことにならないよう深夜はオンデマンドで、とり仲間のペンギンの子育て物語で締めくくりました。
 今日ネットでみたところうどの漢字はなかなか良い文字です。「独活」漢字の意味も良いし、ちょっと憧れます。いま熱中している「臨床ファイル」の版元は「独活の樹書房」です、なんてどうでしょう。音はイマイチですが土竜と同様、漢字で勝負です。長い年月、行方不明になってようやく日曜日に見つけた本からのヒントです。この説明は7月10日までお待ちください。

by my-pixy | 2013-06-29 17:21


<< 生物模倣技術      アルギンとトレーの接着 >>