2006年 02月 24日
たった一つの金メタル
f0103459_16504050.jpg
大会も終了直前になって荒川静香さんが金メダルをゲットしました。ご本人にとってはもとより日本チームにとってもかけがえないメダルです。深夜ではなく得意な早朝の時間帯でしたから、かぶりつきでライブを見いっていました。
 ショートプログラムで、はじけるようなコーエンの演技の前では、ベテラン2人はちょっとかすんで見えないではありませんでした。しかしフリーでは明暗は分かれました。今シーズン、ミスなし完璧の演技を憎らしいほど続けていたスルツカヤに輝きはなく、ガラスのコーエンはお伽の国に帰りました。
 女子シングルは華麗であると同時に過酷なスポーツです。ライバル2人をここへ追い込んだのは、昨年末からの荒川の靴音だったような気がします。この時点で彼女の演技はバラバラで切れも悪く、これで何とかなるだろうかという印象でした。しかし自分自身を見る目は的確で、こつこつと問題は解決されていったようです。ライバルの耳には靴音はだんだん大きくなり、ショートプログラムでは耳に響くほどになっていたのでしょう。並ばれてしまえば追われる方が辛くなるのは当然のこと。最終組がリンクに登場したときに勝負は決まっているような感じがしました。ミスを避けこれまで通り着実にやっていけば、メダルは必ず向こうからやってくるという確信が、荒川を支えているような感じがしたからです。ライバル二人はその靴音に怯え自分の音楽も聞こえなかったかもしれません。
 長野、スクオバレーでの雪辱を!という言葉は良く耳にしましたが、荒川の口からは聞かなかったように思います。8年かけて高校生が女王になった素晴らしい朝でした。
 一つ気になるのは世界最強を誇る日本チームの将来です。真央ちゃんは大本命としても、もう一人の成長株中野を今回のメンバーから外したことです。選手団全体としても、長野組がボロボロになってもしがみつかざるをえない現状を、どう考えればよいのでしょうか。選手個々の問題ではない連盟、体協などに何かがありそうです。

by my-pixy | 2006-02-24 16:49


<< 3月 サントリーニ      ピアノ >>