2016年 06月 03日
河馬くんの散歩
f0103459_13315524.jpg この河馬くんKA367のマスコットとしても大切にされてきましたが、生まれ故郷のアメリカ南西部に較べると土地柄がきびしく、ずっと窮屈な思いをさせてきました。ようやく立ち退きでスペースも生まれ、元気な緑にも囲まれて三羽の鳥たちも引き連れて敢歩に出るようになりました。ご自慢のフラットなお腹はときどきディスプレーのスペースにも使われたりもしています。

 これでこちらは大丈夫ですが、蟄居続きの本人のケアも必要です。久しぶりにジパング倶楽部で週末京都へ、母屋を取られかけている村野藤吾先生の勉強に行ってきます。

by my-pixy | 2016-06-03 11:18


<< 美しいグレ-スケールの本      昔は創意工夫が >>