2018年 02月 03日
もう見られない夢の並木道
f0103459_15251779.jpg予期せぬ出来事で、金曜日の夕方から10人程が集まって長い追悼のおしゃべりを続けていました。昔話も尽きかけた頃、誰かが連休か夏休みにマダガスカルに行って見たいなどと言い出しました。間近に迫ったスキーツアーとも関連していたようでしたが、唯一の体験者はなんとも口出せませんでした。
f0103459_7164444.jpg 直近でも数年が経過し、その間の変化が激しかったので、うっかりしたことは言えず、一夜明けてからブックセンターなどを調べて見ました。われわれが最後に行った2015年でしたが、その時のマダガスカル航空の大混乱や、私の購入した最後の1冊、見る影もなく半減したガイドブックの様子からは、あのバオバブも懐かしい人達もカメレオンたちもすっかり厚い雲間に隠されてしまった様です。

 国内線の路線もすっかり変わって、数回にわたりわれわれの旅を企画してくれた旅行社の方々との連絡もつきませんでした。すでにマダガスカル航空が中国資本傘下に入ったとしても不思議はなく、「ナミキミチ」というネーミングを残したした日本人パッケージツア大集団の足跡もガイドブックから姿を消しています。心なしかあのムルンダバのバオバブ群も随分まばらになったようです。始めてマダガスカルに足を踏み入れたのは2005年でしたが、それから数年狂ったようにバオバブを求めて各地に出かけました。少しずつ国内線も整理されるかに思われましたがそれも長くは続きませんでした。

2〜3年ごとに変化する国内線の変動に日本の旅行社もギブアップしたのでしょう。地球の歩き方などの変貌もそれを映したものの様です。

by my-pixy | 2018-02-03 15:25


<< 視座・視点・視線      術後経過の見方と限界 >>