2018年 06月 30日
蛇足かもしれませんが
f0103459_1224529.jpg いろいろ迷った末、プレゼンの流れは1970年代の症例を主流にして始まります。
 当時は本人もペリオのことなどさっぱりわからず模索していましたから、今見て頂くとなぜあんなことを!と思われることも少なくないと思います。
 ただ当時としてはそれしかなかったし、その状態を見て頂かなくてはその後のことを理解して頂けないと思い、まだ画像作りを続けています。もう差し替えはできませんのでブログ上での追加になりますが。

by my-pixy | 2018-06-30 12:41


<< 2018臨床歯科を語る会が終わ...      いよいよ一週間前 >>