2018年 09月 29日
総合診断のアプローチ
f0103459_15242375.jpg
基本ゼミの冒頭に使った画像ですが、ここではエキサイト・ブログの混迷の補修工事のために動員しています。左側の書籍は古い古い1950年の米国の老舗Mosbyの書籍ですが、各分野の著名な筆者が臨床家のへのアドバイスとして執筆されていることが目新しく、Goldmanなどのビッグネームも参加されながら、全てがTreatment Planniingという視点からのコンパクトサイズにまとめられていました。Pennsylvania 大学の卒後研修のスタッフの総員参加でまとめられた珠玉のような書籍ですが、当時のペン大のずば抜けた実力とチームワークの良さを見せつけられます。
最近の出版物を見るにつけ今こそこういう書籍の必要性を痛感するばかりです。
右側はそのコピー版として20年後の日本でまとめることに苦労した第1号ですが、私はどちらかといえば出版社側の立場で、諸先輩への原稿依頼に奔走したことで忘れられない1冊でもありました。

by my-pixy | 2018-09-29 15:25


<< 現代の歯科臨床 1      欠損は大臼歯咬合支持喪失から剪... >>