2018年 11月 23日
ミニリング時代
f0103459_1449403.jpg頼みの綱だったペンタックス、ニコンにも見放され、次々に買い替えたデジタル1眼レフも思うに任せず、D1から何台メカのデジタル1眼レフを経て5年、RAWデータという新たなシステムが色調調整にも有効な手段になることが分かってきた。
これによってストロボによる自動調光だけに頼らないでも、デジタル一眼レフの大きな問題点を回避できることがはっきりした。ニコン、キャノンに頼らないでも零細企業相手の自家製ストロボの可能性が戻ってきた。この間にトライアルを続けてきたLEDの経験も生かして何とか使いやすい小型ストロボをまとめることができるようになった。

by my-pixy | 2018-11-23 14:57


<< 個人的アプローチの終焉      自動調光 >>