2018年 12月 22日
新日本風土記
f0103459_1181272.jpg最近よく見ているテレビ番組です。これまでは地方の中小都市や、地域的な慣習、しきたりといったものが多かったのですが、このところは自宅の隣町「麻布十番」だったり「演歌」にまつわるヒストリーだったりと幅を広げています。「麻布十番」では隣の六本木に押された町内会の苦悩や自治会の物語でしたが、「演歌」の方では「長崎は今日も雨だった」に代表される、高度成長時代の長崎のキャバレー合戦から、大阪や福島の美空ひばりの演歌、老人会でのプロマイド合戦まで広範な話題に広がって行きました。私にとっては紅白歌合戦よりもずっと楽しめました。

by my-pixy | 2018-12-22 10:47


<< フィギュア・スケート      20年前のニコン・プリンター >>