人気ブログランキング |
2019年 05月 04日
「平成」を生きた練るコーナー
10年が過ぎ、その機材は散りじりになりましたが、ここで得られたものは現在はもちろん、CAD/CAMや光学印象の時代になっても厳然として生き残るでしょう。
f0103459_14281690.jpg


by my-pixy | 2019-05-04 14:28


<< 小さな伝記      第一歩はトレーと接着剤の総点検... >>