人気ブログランキング |
2019年 07月 23日
歯科技工
f0103459_9441782.jpg 今年の臨床歯科を語る会には歯科技工士の出席はほとんどゼロでした。そんな中で地酒の部屋で同席になった一人の若手の発言に惹かれて、ゆっくり話を聞いてみたいと思い同門の方達にも声をかけて数人の夕食会を取り決めました。数年前まで力を入れてきた「院内技工士を増やすプロジェクト」を自然消滅のままに終わらせたくたくなかったからです。

 しかし、一夜が明けて問題の複雑さを考えると、カメラのフィルムからデジタルへの転換時の時を考えても、問題は実に多岐にわたり長期間かつ広範にわたったこと、最後には物や素材の問題から人の問題に波及し、スマホや無人カメラはカメラ自体の存在まで揺るがして行ったことを忘れることはできません。

このブログのタグ歯科技工を振り返ってみても、10年前の時の流れは今とは比べ物にならない緩やかだったことは間違いありません。ポーセレンの破折に悩んでいた時代からオールセラミックスに進化し、ジルコニアの堅牢さは飛躍的に向上してきたと思います。
しかし・・しかし・・・一番恐ろしいのは人の変化です。
 このカメレオンは、昨夜の会の出席者の一人から数年前にプレゼントされたものです。このブログから拾い出したものですが、当時はこんな余裕もあったということでしょうか。「歯科技工」のタグで10年ほど昔を振り返ってみると懐かしい顔ぶれが並んでいます。テロや放火魔事件などのニュースに埋めつくされる最近のテレビとは隔世の感です。

f0103459_15201721.jpg

by my-pixy | 2019-07-23 09:45


<< 義歯の設計を巡って、患者、歯科...      テレスコープやコーノスクローネの障壁 >>