人気ブログランキング |
2019年 07月 31日
1999・どう進む日本の歯科臨床
f0103459_1515184.png
昔のデータの調べ物をしていて面白いデータが出てきましたが、もう20年も昔のことで、何をやったかの記憶も定かではなくなりました。ちょうどカメラもデジタルに変わる1999年頃のことで、面白がってこのタイトルを作ったことだけは覚えていますが、演者の方々との打ち合わせの記憶も定かではありません。
ちょうど2回の東京オリンピックの中間になるわけですから元気だけは良かったと思います。総合タイトルだけで自分の演題なども残っていませんから、この頃大忙しだった「臨床ファイル3」の仕上げに熱中していたせいかもしれません。外人演者頼みだった風潮に抵抗したい気分から、主催者と打ち合わせた微かな記憶以外はすべて忘却の彼方です。

by my-pixy | 2019-07-31 15:01


<< テレスコープにパラ箔は不可欠      義歯の設計を巡って、患者、歯科... >>