人気ブログランキング |
2020年 06月 09日
次の処置が必要となる時
歯科の臨床のほとんどは、日々の細かな処置の積み重ねでしかない。わずかな咬合調整が歯牙の動揺を減らし、対合歯との良好な接触をもたらす。しかし全顎にわた理想咬合を確立することは不可能で、デイスクレパンシーの解消も、オーラルリハビリテーションの確立も歯科医の夢でしかない。

全顎的な処置の追加処置が予測される時には、患者の年齢・予後の見通し・予想される追加処置・難易度・安定性が考慮されなければならないだろうが、中でも最も基本的なことは、その患者の過去に寄り添うようなスタンスではないだろうか。
次の処置が必要となる時_f0103459_07302976.jpg




by my-pixy | 2020-06-09 07:32


<< 借用      明日は火曜会 >>