2015年 03月 27日 ( 1 )

2015年 03月 27日
上野・東京ラインの衝撃
f0103459_1614883.jpg 天候は気にしながらもカメラバッグをもってスイカでJRの改札を入った。次の東海道線は?と電気看板を見上 げたが何だかよく分からない。直接ホームの案内板で見ようと10番線まで来て案内を見上げたがそでもはっきりしない。
 熱海、小田原などの行く先が並んでいるはずのところに品川などが混ざっていたりして、東海道線はどこにいったのか?、仕方なくそれらしい10番線に上がってみたが相変わらずだ。隣のホームの可能性もあるのでそちらへも回ってみたが、やはり10番線らしい。とにかく熱海行きならいいのだからと腹を決めたが、普段に較べると人が多い。グリーン車も長い列だ。普通なら5分前には入ってばたばた車内の清掃をするはずの人たちも見当たらない。
 発車時間になって電車が入ってきたが中には乗客が満員、グリーンの座席も空いているかどうか?。いつもならがらんとした状態で発車するはずだが通勤電車に近い状態で新橋品川でも乗り降りは激しい。スカーフを巻いた女性車掌?の車内販売もなく、男性車掌が代わりにやってきてもやはりリゾートに向かう華やいだ気分にはならない。横浜を過ぎても乗り降りは多く、普段より手前の国府津で降りることも手伝って緊張のまま1時間余が過ぎた。

(帰途は何時もの真鶴から東京に帰ったが、ここでも東京行きはなく常磐線、高崎線、宇都宮線の地名ばかりで昼寝もできなかった。)

by my-pixy | 2015-03-27 10:15