2018年 07月 20日 ( 1 )

2018年 07月 20日
縄文
f0103459_16432965.jpg 先日、久しぶりに小田原の仙人から電話をいただきました。はるばる1時間半をかけて東京国立博物館に縄文土器の展覧会を見ようとお出かけになったのですが、生憎休館日だったそうです。
 せっかくの機会ですのでアジトまでいらしていただき、縄文土器のこと、先日のプレゼンのタイトルに使わせていただいた和唐さんの陶芸のことなどなどを、写真集など見ながらお話ししました。そして昨日は無念の休館日の鬱憤を身代わりで楽しんできました。1万年という年月や日本全土にわたる発掘の物語は聞いていましたが、現物を目にするのは初めてですから、お隣のミケランジェロよりは身近な感動でしたし、その造形の素晴らしさは、川端康成や岡本太郎ならずとも感動的でした。多分、仙人の関心は火焔型の土器のだったと思いますが、素人の私にとっては縄文のビーナスなどの造形や動物への親しみあふれる視線でした。
  
 このところの仙人のブログは仕事、展示会、たび、自然と冴え渡っていますのでリンクからご覧ください。ほとんどがスマホのようですがその使いこなしとセンスには驚かされます。

by my-pixy | 2018-07-20 09:46