2019年 01月 31日 ( 1 )

2019年 01月 31日
NHKのピンとキリ(ラオス物語)
ユージンスミスの回顧談では2時間の放送を1時間にまとめられ、できれば3時間にして欲しかったと思いましたが、昨日のラオス地下洞窟の話ではその真逆をやってくれました。直前の案内など急に念が入っているので、もしかしたらと思ってブログにも一言書いていたのですが悪い予感は的中しました。
 多分3回分の寄せ集めだった前回では、最初にメコン下流域のベトナムとの人たちとの関わりなどを、
2部では中流域の地下洞窟との遭遇を、最後は洞窟をとりまく地層学的な解説をそれに魅入られて住み着いたヨーロッパ人の視点でまとめてありました。

 ところが今回はいきなり縦穴からドタバタとゴムボートなどを放り込んで、ベースキャンプを展開するところから物語は始まるのです。(前回は地元の人たちの木製カヌー)数十人のメンバーでスキャナーのようなものまで使っての探索ですから雰囲気は違いますし、日数も長いのでそれなりの発見もあったようです。チームカラーも違い洞窟マニアの修学旅行のようで、ロマンは皆無でしたが、前回買っておいた書籍が気休めになりました。

by my-pixy | 2019-01-31 11:01