人気ブログランキング |
2019年 09月 07日 ( 1 )

2019年 09月 07日
人工歯の形態と材質について
f0103459_125589.jpg第1線を引退してそろそろ1年以上になるので、最近の情勢について長年のパートナーにアドバイスを依頼しました。
わずか1日で、長年私がこだわってきたセラミックス系の修復物に関する、必要にして十分なデータがまとめられて送られてきました。吉澤氏のセミナー前の予備知識としてお目通し下さい。
セラスミックスの強度比較としてよく用いられるのは曲げ強度MPaです。
・ メタルボンド用陶材 100MPa (曲げ強度)
・ オールセラミックス用陶材 90MPa
・ エナメル質 85MPa
・ ハイブリッドレジン 120~200MPa
・ Empress 160MPa
・ e.max 400MPa
・ 高透過性ジルコニア 600MPa
・ ジルコニア 1200MPa

by my-pixy | 2019-09-07 09:09