<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年 02月 18日
金子歯科技工室OB会
f0103459_10454410.jpgf0103459_1024160.jpg 
f0103459_1443238.jpg 暫くぶりで歴代技工士の人たちが集まりました。前回は2013年の真鶴でしたから5年ぶりでしたが、雪とインフルエンザで2名が欠席になっただけで懐かしい顔が揃いました。
私が絡んだ集まりではプレゼンがつきものですが、今回も最近の仕事の一端を持参いただきました。会場の都合でプロジェクター持ち込みはできませんでしたが、それなりには盛り上がりました。
 
 中段の小さな画像は長野から出かけてきてくれた滝沢正さんのものです。10年前の真鶴のこの会でもインプラントと真っ向勝負し、大変な苦労をされたいる様子も見せていただきましたが、今や「インプラント技工変遷の概要」いうタイトルで「プロミネント滝沢流」のスタイルを確立された様です。

 CAD/CAMからハイブリットレジン、ジルコニアポーセレンなどを自在に駆使し、顎堤と補綴物の大きなギャップにまで挑戦したプレゼンには大きなインパクトを受けました。やや引き気味で「新時代」に対応してきた私の歩みと比べると、同じ未完成機材との葛藤の中で、次の世代を担う旗手として堂々たるスタイルを確立しつつあると大いに頼もしく感じました。

 技工士に依存して恐る恐るアプローチを始めた火曜会の現状などと比べると、明らかに地に足がついた借り物ではない逞しさを感じました。「老いては子に従え」の一言ですが、われわれの歩みからインプラントのパーツやその術式を眺めると、オーバーデンチャー時代の手法に回帰している様にも思われました。インプラントのパーツの進化や、ジルコニア、CAD/CAMの助けをもってしても、最後に口腔内の状態を最終義歯にトランスファーするには、プロビジョナルなしには不可能なことを物語っているとも思われました。
 10年前、真鶴でみんながギャフンといったインプラント・テレスコープのフルブリッジの画像を発掘しました。その症例から今回のプレゼンに至る苦闘の歴史を、近日ロードショーしてもらう約束を取り付けました。 ことの始まりは 「もぐらのトンネル」タグ「歯科技工」2008.8.24〜25日をご覧ください。たった10年前ですがまだみんな元気でした。この後の10年間、長野と東京、軸足の置き方を巡って異なる歩みを続けてきましたが、「プロビジョナルが鍵」という事実は不動でした。

by my-pixy | 2018-02-18 10:16
2018年 02月 15日
スキーは持たない奥志賀高原
f0103459_942311.jpg ニセコに味をしめて2年続いてきたかスキー合宿ですが、3年目は担当者が交代したこともあって難産だった様です。私のところにも再三お誘いはありましたが、圧迫骨折の心配もあって年貢は納めてスキーもブーツも処分した後のことでなかなか良いご返事はできませんでした。新任担当の異常とも思える熱意で、シーズン中の連休にニセコ並みのスキー場ということで企画は始まった様ですが、最初から最後まで苦戦の連続だった様です。

背景には火曜会メンバー自体の高齢化が進んでいる中で、北海道まで行かないで近間でまとめたいという個別対応がネックになっていた様です。ハイシーズンの最中で快適なホテルで個別対応!!ということは「すれ違い咬合崩壊症例への一次固定」と同じ難関でした。

 結果的に人集めに苦労し、基本ゼミ、もくあみ会、などに枠を広げても本体の方が、欠席、中途参加、遅刻、早退だらけで私ならとっくにわめき散らしていたでしょう。私ははるばるやってきた名古屋のジープに拾われて、昔の足跡を辿って歩きことなきを得ましたが、ターミナル湯田中の駅温泉、高天原の野猿の群れなど、信じられない出来事に年月の重みを痛感しました。

唯一の救いはお気に入りのホテルグランフェニックスの健在で、嬉しくなってバーゲンのダウンコートなどを買い込んでしまいました。「良いものは変わらない」の典型は、ジープで訪れた野沢温泉にもちらほら見られました。

by my-pixy | 2018-02-15 10:29
2018年 02月 07日
一夜明けて「ひとくちは」に出もどり
f0103459_13594594.jpg昨日の続きですが、特にこのところ気になっているのは全体設計は決まらずに、闇雲に小文字を並べまくるヤングペリオ軍団の横行です。
全顎的な設計が決まれば、それに寄り添って生きながらえることもできるでしょうが、それを決めないでお経ばかりあげていても救いの手は伸びてきません。それどころか味方のつもりの残存歯や支台歯の数本が欠損側に回ればとんでも無いことになります。欠損歯列の症例はいつもそうした崖プチに立たされているのです。
 この症例でもかなり多数のグレーな残存歯が残っていますが、敵味方は逆転の瀬戸際を超えています。それをはっきり認識して頂くには、現在のKA367では不十分なことにわれわれは焦っています。応急策ですがかなり守りの陣を引かなければ防御はできないことを分かって頂くのにどうするか、それが課題です。

f0103459_1025178.jpg
一夜明けてどうどう巡りでしか無いこと気がつきました。ブログのアクセスも良好ですがそれに安心などはしていられません。
歯医者もスキーも引退しましたが、週末からは志賀高原だそうです。相手をして頂けることには感謝!感謝!ですが、圧迫骨折が怖いので絶対スキーは履きません。

by my-pixy | 2018-02-07 15:13
2018年 02月 05日
視座・視点・視線
f0103459_14523345.jpg
f0103459_13185642.jpg2018第一回もぐら塾は重い足取りで始まりました。メンバー確定に手間取っていたことが最大の原因ですが、直前のご不幸などが大きく影を指して集中を途切れさせていました。

しかし日曜日の定刻9.00最初の発表者の若々しいプレゼンが重苦しい雰囲気を一気に吹き飛ばしてくれました。怖めず臆せず予定の30分を使い切ってのプレゼンテーションが終わり、場の空気は一変しました。 新興勢力は火曜会、なんかよう会ルートを使って静岡、山梨エリアに広がり、北は新潟、南は名古屋につながりつつある様です。雪で動けないもくあみ会新潟は新モグラルートをリニアとドッキングすべく行動を始めている様です。雪下ろしに明け暮れているよりはマシかもしれませんが。

 ただ、事前に予測していた問題点への対応という点では、極めて重い責任を負わされていて、それが難解なタイトルになったことも否めません。何をもぐら塾の話題にするかは昨年からそのテーマが問題だったのです。理想咬合追求から始まった全額補綴・高齢者の咬合崩壊と二次固定その間に橋はかけられるのかという課題です。
 その助けにと考えたKA367もその無力さを露呈することになりました。特にその理解を助けようと考えた5本柱の中核をなす嵌合位の読み解き方については、無力さ以外の何もありませんでした。
この項目にプロットするために事前教育の不足です。私としては顎位低下にプロットして欲しかったのですが、(咬合平面乱)などというヘルプが足を引っ張ったのでしょう。大臼歯の咬合支持は0歯で、4犬歯は2/4にプロットされながら、採用された治療方針はそれとは全く無縁なものでした。隣在歯する前歯の状態に何の顧慮もはらわれず、70歳という患者年齢もどこにも生かされていなかったのです。もし演者に2〜3年のキャリアがあればこんなことにはならなかったはずですが、結局何の役にも立ちませんでした。術者による視座・視点・視線とキャリアの違いですが、わがもぐら塾では徹底伝達可能です。

by my-pixy | 2018-02-05 13:24
2018年 02月 03日
もう見られない夢の並木道
f0103459_15251779.jpg予期せぬ出来事で、金曜日の夕方から10人程が集まって長い追悼のおしゃべりを続けていました。昔話も尽きかけた頃、誰かが連休か夏休みにマダガスカルに行って見たいなどと言い出しました。間近に迫ったスキーツアーとも関連していたようでしたが、唯一の体験者はなんとも口出せませんでした。
f0103459_7164444.jpg 直近でも数年が経過し、その間の変化が激しかったので、うっかりしたことは言えず、一夜明けてからブックセンターなどを調べて見ました。われわれが最後に行った2015年でしたが、その時のマダガスカル航空の大混乱や、私の購入した最後の1冊、見る影もなく半減したガイドブックの様子からは、あのバオバブも懐かしい人達もカメレオンたちもすっかり厚い雲間に隠されてしまった様です。

 国内線の路線もすっかり変わって、数回にわたりわれわれの旅を企画してくれた旅行社の方々との連絡もつきませんでした。すでにマダガスカル航空が中国資本傘下に入ったとしても不思議はなく、「ナミキミチ」というネーミングを残したした日本人パッケージツア大集団の足跡もガイドブックから姿を消しています。心なしかあのムルンダバのバオバブ群も随分まばらになったようです。始めてマダガスカルに足を踏み入れたのは2005年でしたが、それから数年狂ったようにバオバブを求めて各地に出かけました。少しずつ国内線も整理されるかに思われましたがそれも長くは続きませんでした。

2〜3年ごとに変化する国内線の変動に日本の旅行社もギブアップしたのでしょう。地球の歩き方などの変貌もそれを映したものの様です。

by my-pixy | 2018-02-03 15:25