<   2018年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2018年 03月 30日
良き時代
f0103459_847547.jpg 昨日アップした2番目のケースですが2011年の上顎の義歯の写真が残っていました。昨日のパノラマと合わせていただくと上顎の義歯の推移が分かってきます。昨年の語る会全体会や今年のもくあみ会でしばしば問題になる、上顎か下顎かという話にも関連してきます。
初診時には明らかに優位だった上顎が急速に崩壊し、今や不要か邪魔者の7番を残すのみになり、下顎の方は外冠内面をレジンでウオッシュしたまま使い続けられています。同様な状態はすれ違い症例の多くで経験することです。欠損は絡みますが上顎と下顎でよく見かける状態です。
 このケースでは顎位低下などが見られず、上顎7番残存による問題は顕在化していませんが、上顎7を無力化するために義歯床内に取り込む必要に迫られることもしばしば見られる状態です。義歯修理を繰り返した痕跡も残っていますが、上顎前歯が残存していたことで一次固定に固執されれば、もっと悲惨な経過になったはずです。条件が厳しければ早めにシングルデンチャーへの移行が必要になったでしょうが、テレスコープによる下顎義歯の安定が幸いしました。

5月13日(日)の第2回もぐら塾は
「二次固定を考える」として、このケースのような話題を取り上げます。受講ご希望の方は mogura@xrh.biglobe.ne.jp 宛にメールにてお申し込み下さい。
会場は前回と同様.ダイビル特別会議室.定員10名で受講料は30,000円 です 


by my-pixy | 2018-03-30 08:28
2018年 03月 28日
書名を変更したい事情
f0103459_1043742.jpg 昨日、突然に書名を変更したいなどと言い出したことには、根も葉も無いわけではありません。
雑誌連載当時のゴタゴタに始まり、その後にも話題になることはあっても、その位置付けははっきりしてきません。若い頃のクラウンブリッジ、全額補綴、テレスコープなどの足取りがそれなりにはっきりしているのに、この部分だけは10年余の時間経過を持っても評価が決まらないのです。

 反対に高齢化社会などにまつわる患者さんとの関係の変化なども加わると、評価はさらに難しくなります。すでに終了した自分臨床の中でははっきり舵を切っているのですが、若手との話し合いの場でもそれで良いのか?となると微妙になってくるのです。

 経過を待ってその是非を決めるという自分の手法の無力さを痛感する場面ですが、 画像は昨年でお別れした患者さんの2例です。上と下は別ケースですがともに私と同世代の方で定期的に来院されていました。こんな形で穏やかな晩年を過ごしていただけたことに満足しています。その過程では波風もありました。そんな出来事も話題にして行きたいと思います。 少なくなくともこんな方々に◯◯◯◯◯◯が無用なことだけははっきりしています。二次固定讃歌です。

by my-pixy | 2018-03-28 16:15
2018年 03月 27日
10年を経てようやく思いついた新書名だが
f0103459_14475649.jpg 年齢のせいで頭の回転がすこぶる悪くなり、出版時にはどうしても思いつけなかった書名に10年を経てようやくたどり着きました。ブログのタグ名では一歩進歩していたのですがまだまだでした。このところもくあみ会などで散々いじくり回されてもぴったりきませんでしたが、「インプラント」という言葉を使わないこの書籍で言いたかったことが突然浮かびました。書籍原稿前段の部分で強調したかったことは可撤性であっても動かない補綴ということでしかなかったのに、出版社とのゴタゴタの中で曖昧なまま締切になってしまったのです。
 
 お買い上げいただいた方には大変申し訳ありませんが、表紙の赤字を黒マジックででも塗りつぶしていただければ大変幸せです。背中の赤文字ぐらいになればわれわれの思いに近づけそうです。遅ればせながら、もぐら塾、臨床歯科を語る会などのラストチャンスを通じて申し開きはさせていただきます。もともとはFixとRemovalで分けられていた英文に戻っただけと言ってしまえばそれまでですが、歯周補綴、一時固定、二次固定、などとの使い分けもスッキリするように思います。

by my-pixy | 2018-03-27 08:02
2018年 03月 26日
2018臨床基本ゼミ
f0103459_1024154.jpg 例年のことですが私たち火曜会のメンバーによる全6回12日の臨床基本ゼミがスタートしました。お申し込みお申し込みをいただいた16名の先生方からは、このセミナーへの期待やご希望などを提出していただいています。しかし卒後2〜3年の方がら40歳越えの方までその内容は様々ですしわれわれにできることも限られています。あれこれ思い悩んでもシナリオは決めかねる中で当日が来てしまいますが、今年はなぜか想像よりはスムースに初日を終わらせることができました。不思議なことに自己紹介に見るそれぞれの想いは、予想していたよりは距離感がないことように感じられました。

 上の写真はこのゼミ定番のイニシャルプレパレーション千葉先生のエンドのお話ですが、その深みと難しさが本当に分かるはずもない若手には、当然のこと!!と素直に受け取られていたようです。こちらは今にその怖さが分かるだろうとニヤニヤしていました。

下の写真は1日目が終わっての懇親会のスナップですが、トップバッターがのびのびと良いプレゼンをしてくれました。そのおかげで終始和やかに進行しましたが、あまりのんびりしているので、最後にマイクが回って来た時に10月のそれぞれの最終ケースプレが楽しみだ!」などと言ってしまいましたが、それほど和やかな第一日目でした。

by my-pixy | 2018-03-26 10:24
2018年 03月 19日
新潟で再会
新潟では大勢の懐かしい方々にお会いしました。極寒の歯科医師会館もなく、今をときめく歯科医師会長も一番若手だった頃のことでしたが、それから熊本勢などとも合流し、1980年以降はメンバーは変わりながら真鶴に集まっていました。
2000年台になると全員がDTPも身につけて、会合記録が続々と若手により製作されました。静岡で火がついた競作は3年間趣向を凝らして製作されました。トンボではじまった会名も時々で変わってボウフラだ蟻地獄だと変わっていきましたが、それなりに思い入れはあったようです。
来週は2018の基本ゼミで、何かのヒントになるかと読み直していますが、最近の商業誌よりは読みでがあります。
f0103459_171596.jpg

by my-pixy | 2018-03-19 16:47
2018年 03月 19日
素晴らしい会場で、もくあみ会 In Niigata
f0103459_9452761.jpg 会が終わると記念写真!という号令がかかるのがいつものことですが、今回ほどスムーズに進行したことは初めてです。成功の要因は室温の低さで、配布されたホカロンも切れて凍りかけていた全員が、一刻も早く外に出たかったからです。宴壇上ではなく客席前列を使用したことも大成功でした。これが終われば暖かい室外に出られるという希望が全員の一致協力を産みました。

プレゼンテーションの内容は新人の積極参戦もあって例年にない白熱ぶりでしたが、凍りつきそうな室温のなか「忍」の一言でしたがそれが緊張感を呼び込んでいたのかもしれません。遠路はるばる熊本から前泊を重ねて参加して頂いた方々に加え、レギュラーメンバーではない現地参加の方々も加え、懇親会は明け方まで続いたようです。

今回参加はしていただけなった福島の方々への思いも込めた最後のスライドも何とか伝わり、
私としても思い残すことはありませんでした。

f0103459_11441841.jpg

by my-pixy | 2018-03-19 09:45
2018年 03月 15日
俯瞰と細密描写
f0103459_11454940.jpg 3週間ほど前の日曜美術館の番組です。ちょうど有名な 青木繁の「海の幸」が取り開けられた後だったと思いますが、画家の人柄は対照的だったようです。千葉と大島という漁村に住み着いてというところだけは似ていますが、その画風は対照的でした。





f0103459_12273849.jpg

by my-pixy | 2018-03-15 11:39
2018年 03月 09日
実物とおもちゃ
f0103459_12474138.jpg
左側は1980年台に初めて買ったアップルのプラスで、臨床スライドの整理に使い始めた頃のものです。まだモノクロでHDも外付けでしたが、すべての始まりになった思い入れの1台でした。そんな形をゴムのミニチュアにしてデスクトップの小物にしたものを見つけました。こういうものには目だないので、以前からネットではよく見かけていましたが、御茶ノ水にお店ができたらしいので早速出かけてきました。雨の最中で時間も朝だったのであれこれ1時間ほど質問ぜめにした上、いくつかをぶら下げて帰ってきました。assistonというお店です。f0103459_9143479.jpg

木工製品にもにも面白いものが少なくありません。スマホで写真を撮る気にはならないのですが、こんな仕掛けがあれば少し気分が変わるかもしれません。邪魔になることは覚悟の上ですが、もくあみ会のお供になるかどうか、週末のお楽しみです。

by my-pixy | 2018-03-09 12:47
2018年 03月 06日
ノーベル賞より早かった
昨年の暮れのノーベル文学賞にはびっくりしました。全部は読みませんでしたが3作は読んでいましたから、慌てて丸善、ブックセンターなどということにはなりませんでした。来日の際のテレビも全部見ていましたから、作品の理解にも役立ちました。そして このことがその後の福岡伸一さんの著書の理解にも役だったので、イニシャルプレパレーションや二次固定への流れにも役だったと思います。
f0103459_15235592.jpg

 

by my-pixy | 2018-03-06 14:39
2018年 03月 02日
間もなくもくあみ会 in NIIGATA
 月が変わって間もなく新潟もくあみ会です。こちらはインプラントと欠損歯列を巡って混迷が続いてい流ようです。総合タイトルには「欠損隣接歯が弱体化している局面」という枠がかけられましたが、
それでも明確に決まらず「隣在歯が弱体化・・・」というサブタイトルもついています。

 一口腔単位では決められないから、片顎もしくは部分的に視野を絞って話をしようということです。
上顎か下顎かが決められないなら、1本でも弱った歯を見つけてそれを軸にものを考えようということですから、すれ違いや偏在への対応を最優先してきたわれわれとは正反対のスタンスです。

 これを臨床経験の差と捉えることもできますが、私は術者側の問題ではなく患者サイドから考えるしか歯科臨床の実力は煮詰まっていないと思います。インプラントの30年は動乱と混乱の歴史だったことを思い出すべきでしょう。生き残ったのは過剰な埋入が大半だったはずですが、これを成功例として
カウントしたらとんでもない結果になります。
 最も大切なことは、その患者さんの流れがどうであったかということとと、その流れをどれだけ食い止めることができたかということです。それを知るためには初診時の推論と、その後の経過観察をおいて
他にはないはずです。
 この30年余りの間に数々の予測しなかったトラブルを経験しました。インプラント体の強度が不明であったことや、術前の状態と術後の経過を継続的に捉えられないことも大きな壁でしたが、70歳、80歳という患者さんの加齢が、相乗的に重なったことも評価を困難にしました。

f0103459_1320577.jpg


by my-pixy | 2018-03-02 11:26