<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2018年 06月 30日
蛇足かもしれませんが
f0103459_1224529.jpg いろいろ迷った末、プレゼンの流れは1970年代の症例を主流にして始まります。
 当時は本人もペリオのことなどさっぱりわからず模索していましたから、今見て頂くとなぜあんなことを!と思われることも少なくないと思います。
 ただ当時としてはそれしかなかったし、その状態を見て頂かなくてはその後のことを理解して頂けないと思い、まだ画像作りを続けています。もう差し替えはできませんのでブログ上での追加になりますが。

by my-pixy | 2018-06-30 12:41
2018年 06月 29日
いよいよ一週間前
いよいよ一週間前で原稿も総て出版社に入り、手直しもできない状態になりました。後は観念してその日を待つしかありません。何度も見直してきても毎日不備な箇所は見つかるものですが、それができない残りの日々は何時もながら辛いものです。
f0103459_10133164.jpg
この日になる前にアレコレ迷って身近な方々にご相談してきました。本人がどこに向かえば良いかわからなくなっていた時でしたから、相談をされた方にはご迷惑だったことは間違いないのですが、最短の時間で聞き手の混乱を少なくするようにとオリジナルの年表を作って下さいました。
同じようなものは2010年に自分でも作ったことはあるのですが、その後改定を繰り返しぐちゃぐちゃになっていました。今回も自分の思い入れでニッチモサッチモ行かなくなっていたところでしたので、第3者の視点で見て頂いて大いに参考になりました。来週末の聞き手方にも大いに参考になるはずなので、勝手に参考資料にさせて頂くことにしました。(悪しからずご容赦ください。)

by my-pixy | 2018-06-29 10:13
2018年 06月 26日
2018臨床歯科を語る会
f0103459_13534065.jpg例年のことですが7月初めの臨床歯科を語る会に向けて慌ただしい日が続いています。特に今年は私自身の最終プレゼントいうことで時間枠も頂いているので、それなりに気合は入っています。
 
 画像はプレゼン最後のまとめに用意した画像の1枚ですが、この前に300枚ほどの画像がありますので途中から椅子でも用意していただかないと、最後まではたどり着けないかもしれません。これまでにいくつかのスタディグループでお話しさせて頂いたものを骨子にしていますので、新鮮度にはかけますが、熟成度は上がっているかと思います。
流れとしては、鋳造冠からすれ違い、咬合挙上、セラミックス、テレスコープ、インプラントなどの多岐に渡りますが、さらに60年という時間軸との絡みでどんな形になるかフタを開けてのお楽しみです。

by my-pixy | 2018-06-26 13:11
2018年 06月 21日
いよいよ賑やかに
f0103459_1517581.jpg テレビはワールドカップで大忙しですが、今朝はわれわれにもちょっとは関係がありそうな印刷物が入っていました。
 今頃問題にしてくれても!と思わざるを得ませんが、業界の方々からの声がようやく届いたということなのでしょうか。ただこれからが大変そうです。
 誰がどんなビジョンでリードしていくのか。何かことが起これば「第三者委員会を立ち上げて」が決まり文句になっているこの国で、先はさっぱり見えません。

 臨床歯科を語る会に向けての準備はボツボツ進んでいます。自分なりには目一杯頑張っているつもりですがどこまで思いは通じるでしょうか。

by my-pixy | 2018-06-21 15:28
2018年 06月 20日
最高のプレゼント
f0103459_16501542.jpg どうなることやらと試合開始を待っていましたが、なんとなんと開始早々これ以上ないプレゼント。それに支えられてこれ以上ない滑り出しでした。全部見ていたわけではありませんが、予選のどのゲームよりも安心して見ていられました。監督も選手の人たちも辛いこの1ヶ月ほどだったと思いますが、様々なデータを払拭して、1点を取り返された後もあまり心配はしませんでした。まるで画像のモンスターが背中を押してくれているようでした。
 このペット・モンスター! 連れ帰ってから何年になるかも忘れましたが、久しぶりに入浴させてからから姿が見当たらなくなっていました。まさかこんなロングセラーになってご健在とは・・・・。

そのせいかサボっていたブログにまで驚異のアクセスでした。

by my-pixy | 2018-06-20 17:04
2018年 06月 03日
テレビネタの効用
f0103459_1159511.jpg プレゼンを組みながら「あの一枚!」のスライドに引っかかって、パソコン中を探し回ることはしばしばです。夜どうしようもないテレビ番組のお付き合いをしている時もそんなことは起こります。先日ブラタモリを見ていた時も、ペリーが下田に来たのは1800年代で、最初のテレスコープの挿絵と大差ないことにびっくりしました。同じ番組の中で話がミコモト灯台に移ると、かってヨットでしばしば回航していたところでおなじみでしたが今は漢字も忘れていました。ワープロのおかげで神子元島であることを思い出しましたが、深入りするとAnother storyになってしまいます。

  またイギリス王室の婚礼の話題からはリヒテンシュタイン王国を介してイボクラーやセラミックスに繋がります。80〜90年代は白水貿易を介して素晴らしい人間関係が築かれていたのに、2000年には突然、とんでもない壁が築かれれてしまいました。まだトランプもいなかったのに悪夢としか言いようがありません。

by my-pixy | 2018-06-03 11:17