<   2018年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2018年 11月 30日
2019年もぐら塾
f0103459_13211488.jpg2018年もぐら塾は無事終了しましたが、このところ大型なパーシャル・デンチャーの話題がつづいてきましたので、来年は顎位などの問題には絡まない小型の補綴処置について取り上げて見たいと考えています。
セラミックス、片顎のパーシャルデンチャーなど日常的な話題で、多くの方に参加して頂けると思いますので、症例のご準備をお待ちしています。日程的には愛知もくあみ会の終わる4月頃を予定しています。

by my-pixy | 2018-11-30 13:21
2018年 11月 28日
11月25日もぐら塾
f0103459_1317094.png個人的に多忙な日々でしたが、そんな最中で2025年の大阪万博が決まりました。前回の1970年万博にはちょうどペリオ的な話題も多く万博会場よりもそちらの話題に終始していたことを思い出し、そんな話題を皮切りにもぐら塾も始まりました。受講側というにはあまりに存在が大きい名古屋の加藤先生の「テレスコープ20年経過症例」などは主催者側タジタジの力作で、おかげさまでこちらはすれ違い症例の崩壊過程などにフォーカスを絞って見ていただくことができました。来年3月の愛知もくあみ会にも強力な援軍になっていただけそうですが、ご本尊の方はあと100日とかお囃子組情報ばかりで・・・・?。

by my-pixy | 2018-11-28 13:18
2018年 11月 28日
個人的アプローチの終焉
f0103459_12365249.jpgこの後2014年11月10日のタグ「デジカメ」の「必要にして十分な口腔内撮影カメラ.2014.」をもって私のデジタル一眼レフとリングストロボとの葛藤は終了しました。

 ニコン、キャノン、ペンタックスでも果たせなかった口腔内撮影の自動化が思いもかけなかった「ニッシンMF18」というリングストロボで果たされたからです。その時の内容の詳細はこの時のブログの記事でご覧ください。DI日記以来20年間の開発ヒストリーに終止符を打つことは残念でしたが、深追いは得るところが少ないと決断したからです。多くのユーザーにとってはニッシンの技術力と営業力の方がわれわれの小型化への執着よりも得るところが大きいと判断したからです。

スマホ騒動、ミラーレス小型デジカメに始まった今回の新口腔内写真へのアプローチは、あっさり幕引きになりましたが、当時の試行錯誤の大半は140以上のタグ「デジカメ」の中に残されていますので、お暇の方はご一覧ください。

by my-pixy | 2018-11-28 12:46
2018年 11月 23日
ミニリング時代
f0103459_1449403.jpg頼みの綱だったペンタックス、ニコンにも見放され、次々に買い替えたデジタル1眼レフも思うに任せず、D1から何台メカのデジタル1眼レフを経て5年、RAWデータという新たなシステムが色調調整にも有効な手段になることが分かってきた。
これによってストロボによる自動調光だけに頼らないでも、デジタル一眼レフの大きな問題点を回避できることがはっきりした。ニコン、キャノンに頼らないでも零細企業相手の自家製ストロボの可能性が戻ってきた。この間にトライアルを続けてきたLEDの経験も生かして何とか使いやすい小型ストロボをまとめることができるようになった。

by my-pixy | 2018-11-23 14:57
2018年 11月 22日
自動調光
f0103459_929196.jpg
口腔内写真撮影の原点だったのは上の写真のメディカル・ニッコールだった。われわれが接写用カメラを自作したりしている頃に現存していたが、(当時のものは200ミリのレンズを使っていたのでこの写真のものよりもさらに大型だった。)
 その後のすべてのストロボ自動調光は電気的な処理で行われたのに対して、このストロボだけはレンズの周辺に組みこまれたメカ的な処理で調光し、絶対的な信頼感と正確さを誇っていて、デジタル化以降も愛用者は少なくなかった。私達もフィルム消滅以降のデジタル一眼レフの八方塞がりの時期には一時使っていたこともあったが、間も無く発売中止になった。D1でデジタル一眼レフの先頭を切ったニコンだが、これ以降この後継機を開発する気配は全くなく、われわれはすべて怪しげなシステムに振り回されることになった。

f0103459_10123037.jpg

by my-pixy | 2018-11-22 10:53
2018年 11月 14日
デジカメと口腔内写真
f0103459_13405775.jpg1990年代に始まるフィルムカメラの消滅に始まる大変動の物語ですから、まとめることは容易ではありませんが、スマホと一線を画するにはどうしても避けては通れない問題なので、退屈だと思わずお付き合いください。
上段はスライド時代から、スライド読み込んでデジタルデータに変換する装置と、逆にパソコンで作った画像をフイルムにプリントする装置です。アナログ、デジタルの混在時代には、海と河口の間にある汽水域のように淡水、海水の間を行き来するシステムがどうしても必要でした。その解説のために出版社、ニコンの人たちと一緒に対談をした時のものですが、私は汽水域を泳ぎ回る鮎のような存在でした。対談は1994年1月から11月までの連載でした。
下段の原稿はその時代に書きまくっていた歯科雑誌3部作です。1992年はデジタル一眼レフはまだ登場していませんでしたし、プレゼン自体はスライドプロジェクターで行われていましたが、スキャナー、フィルムレコーダーを使ってフィルムレスに移行する準備は着々整っていました。
しかし撮影の要になるデジタル1眼レフの登場までにはジリジリするような時間が必要でした。下段の中央のニコンD1登場は写真業界全体が待ち焦がれていたもので、私もこれを機会にホームページの開設などに踏み切りましたが、当時のデジタル一眼レフはニコンに限らず各社欠陥商品のオンパレードで、スライド時代の色調を再現するまでには、何度ものカメラの買い替えと5年の年月が必要でした。その総集編が右側の2005年の原稿ですが、これまでにしびれを切らせてスライドに戻った人もあるくらいでした。

by my-pixy | 2018-11-14 13:33
2018年 11月 10日
ミラーレス一眼レフ
f0103459_10134988.jpg35ミリデジタル一眼レフ誕生以来の経緯などを回顧しようかと原稿を書き出した日の夕刊に、こんな記事が大々的に出ていました。これまでのAPSCや35ミリフルサイズに代わって、より小型軽量のミラーレス機に主役が交代するという話です。すでにビッグカメラなどの売り場配置はすっかり変わって、これまでの一眼レフはどんどん隅の方に押し込まれていますから間違いありません。
しかし、われわれの用途もそれに追随すれば良いのだ!というわけにはいかないのです。私の世代になってからでも口腔内写真を可能にするために様々なトライアルを重ねてきました。少しずつそれが実って1983年にはその集大成がペンタックスから発売されました。しかしその3年後には35ミリフィルムが無くなってその下地からご破算になり、長いデジタル一眼レフのトンネルに入ってしまいました。

長年の35ミリフィルムの上に積み重ねてきた総ての器材とその組み合わせを、試行錯誤の末なんとか取り戻した時にミラーレスといわれても、また同じ曲折を繰り返す元気はありません。当時の戦友たちはすでに散りじりバラバラで行方も知れません。

by my-pixy | 2018-11-10 10:14
2018年 11月 04日
どこかに抜け道はないか
f0103459_1573428.jpgこれまで基本ゼミなどで大切にしてきたことの柱は経過観察です。私たちは昔ながらの写真の延長線上にそれを追ってきました。しかし同じことを現在の若手に要求することには壁を感じます。スマホ全盛に置き去られた写真に固執してプレゼン資料をまとめることを受講生に指導していますが、忙しい臨床の中で不可欠なのだろうかと考えると疑問が残ります。「スマホの口腔内写真でKA367のプレゼン画面が作れるか」がわれわれへの最初の課題です。
この程度の術前の写真などを撮ることはできますが、広角レンズに特有な歪みは避けられず、前歯部よりも臼歯部が大きくなっています。また撮影時のカメラの保持によってこうした問題点はばらつきますから、100ミリ前後のマクロレンズのような自然な描写は不可能です。さらに口腔内撮影では撮影用ミラーや口角鉤、リングストロが不可欠なことを考えれば、スマホでの撮影はあり得ません。最後に残るのはミラーレス機を使っての小型化ですが、ボディだけは小型化できても周辺機器は皆無ですから出口は見つからないでしょう。

by my-pixy | 2018-11-04 10:27
2018年 11月 02日
カメラ写真はどこへ???
f0103459_11555319.jpg昔も気にはなったのですが信じたくはなかった2012年9月19日のブログの記事を探し出しました。タグ・デジカメの中の記事で、当時もスマホの恐ろしさは予感していましたが、カメラマニアとしては見たくはない光景だったので、見て見ないふりをしてデジタル一眼レフにのめりこんこんでいました。

by my-pixy | 2018-11-02 13:30
2018年 11月 01日
プレゼンを支えてきた規格撮影の重要性
f0103459_12413771.jpg今年の基本ゼミも無事終f0103459_12415959.jpg了して、来年に向けての仕込みも始まったようです。しかし私にはこれまでの推移の中で、今後に向けて極めて心配なことがあります。

これまでの50年間われわれはデンタルX線写真、35ミリスライドの接写、パノラマX線の複写などを規格化して比較検討する事を常にしてきました。その過程でデジタル化という大波もかぶりましたが、何とかそれも乗り越えてきました。

 しかし近年スマホによる変革はそんなものではありません。1900年以来のニコン、キャノン、ペンタックスなど大手光学メーカーのホームページに、看板だった1眼レフの姿はありません。

主催者側と受講生側の接写用カメラに対する認識の違いは、とんでもなく大きなものになっています。この機会に変わってくれる受講生はごく一部で、さらに規格撮影の重要性に気付く人はゼロと思うべきでしょう。大半は何事もなかったようにまたスマホに戻っていくでしょうが、政治経済も大混乱の現代、誰も将来を予知することはできないでしょう。

by my-pixy | 2018-11-01 12:29