人気ブログランキング |
<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2019年 02月 18日
北海道スキーツアー
f0103459_8195649.jpg

f0103459_10294958.jpg

この週末はスキーを持たないスキーツアのお供をして来ました。
スキーはギブアップして、スノーシュズと歩行用のストック持参の参加ですから、心躍るわけではありませんが、出かけてみればアジトに蟄居しているだけの日々ではありえない楽しみはありました。
 担当者は企画段階から日程とスキー場選択には苦しんでいたようでしたが、結果的に札幌ステーの観光ツアーとなったことが、例年の火曜会スキーツアとは全く異なったものになりました。
 私への配慮がこのところのスキーツアーを企画しにくいものにしたことは間違いありませんが、今回については春節と中国人観光客の大波がすべてを押し流したともいえるようです。その象徴は小樽観光と、ニセコヒラフスキー場にありました。両者ともその変貌には目を覆いたくなるばかりでいた。

予想外の好天に恵まれて、長万部観光では思いもかけず美しいニセコの山々を遠目に見ることができました。しかしわれわれの心のふるさとだったそのスキー場は、外国観光客の泥足にまみれ車を止める気にもなれませんし、カメラも完全に封印するしかありませんでした。最近増築されたもう一つのふるさと白馬東急ホテルなども、日本人が予約することは不可能なようです。
札幌での夜のハイライトは2夜連続の炉端焼きでした。素敵な女将さんは撮影許可が下りなかったようですが、スマホならではの1枚はその雰囲気がよく出ています(T先生)。ついでに小樽で飛び込んだ土竜らのトンネルのサプライズも。
f0103459_8412550.jpg
f0103459_9133125.jpg


f0103459_8412741.jpg
大倉山ジャンブ台付属の展示でちょっと面白いものを見つけました。北欧のスキーの神様のマスコットです。白馬佐野坂には女神のスカディがいらっしゃいます。

by my-pixy | 2019-02-18 11:21
2019年 02月 05日
石灰岩
f0103459_1044269.jpg最近地下洞窟、地下水路などのテレビにはまっていますが、そこでは「石灰石」という言葉が頻繁に出てきます。残念ながら私のフィルムライブラリーにはその典型例はありません。ただ洞窟の入り口になる山の入口でよく見かけるのはこんな光景です。
この場所はワオキツネザルが住んでいるマダガスカルの北部ですが、ラオスでもギアナ高地などでもその入り口はこんな感じで、通り抜けられそうな割れ目をなんとかパスして行くと、うまく当たれば巨大空間に突き当たるということです。「こんなとこ入っていて帰り道は??と」恐ろしいような割れ目の先に巨大空間という意外性がマニアを引きつけているのでしょう。このマダガスカルでもサル君たちは数百メートルの大岸壁を気楽に行き帰りしていますが、そんな後をついて行くことなど人には不可能です。観光で訪れる人もそんなキツネザルに出会えれば幸せなはずです。
f0103459_15175377.jpg
一方、最初タンザニア、南アフリカなどで発見されたシイラカンスは、最近インドネシア海域で何度も見つかっています。大陸の大移動に乗って移動したのでしょうか。?


by my-pixy | 2019-02-05 10:44
2019年 02月 03日
ドーバーの白い壁
f0103459_1326891.jpgこのところグレートネイチュアにはまっています。再放送! に騙されたり、オンデマンドの方が良かったりもしますが、昨日は今はフランスとイギリスに分断されている純白の断崖が地層的には繋がっていること、モンサンミッシェルとそっくりの僧院がイギリスにもあるという話です。取材には海峡をまたいで行ったり来たりで大変そうでしたが、両側から証人や地層学者まで登場して退屈しませんでした。
 戦争や単独飛行など話題の多いドーバー海峡ですが、個人的にもパリから北上して左折するこの領域には何度も訪れたことがあって多少の土地勘もあり、潮の干満に大きな差があることはセーリングでも経験していました。それでもこんなに美しい白い断崖に魅せられて、あのモネも何度も訪れていたということなどはちっとも知りませんでした。

f0103459_12342486.jpg
下の写真はだいぶ昔ですが、モンサンミッシェルにも近いところでデイクルージングをした時のものです。このヨットのデザイナー、オーナーなどが一緒でしたが、潮の干満が大きいので、バラストは上下できるようになっていましたが、それでも出入港に潮待ちが必要でした。日本では考えられないことです。

by my-pixy | 2019-02-03 13:17