人気ブログランキング |
<   2019年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2019年 08月 24日
AFRICAからのプレゼント
昨日、突然の来客があり思いもかけぬプレゼントを頂きました。アフリカの・タンザニアの写真集ですが、大きさが半端ではありません。横57センチ縦31センチで前例を見ません。これまで最大だったサルガドなどよりも一回り大きく本棚からは突出しています。大きさだけでなくメリハリの効いた白黒の描写はすざましいの一言です。対象も人間、動物、バオバブなどミクロからマクロまで、克明の一言に圧倒されます。私のこれまで見たこともない視点です。
 
 このサイズならでのこだわりはイヤという程伝わってきますので、美しい描写をコピーで見て頂くのは申し訳ないのですが、一人で抱え込んでもいられず、雰囲気だけでも見てほしくて、思い切って小さなコピーにしてみました。人の手足など等倍以上のものもたくさんありますから、口腔内写真と競合できそうなものも少なくありません。
 ファッション関係でも著名な方だそうですが、豹やライオンの生態から、頭骸骨、骨格の写真に至るまでアフリカの全てが総覧できますから、夏休み中にアジトまでご足労ください。

f0103459_1438343.jpgf0103459_14385136.jpgf0103459_1439155.jpg

by my-pixy | 2019-08-24 14:16
2019年 08月 22日
精密鋳造とピン
1950年私の学生時代に日本の歯科大学改革などが始まったが、そのベースになったのは太平洋戦争以前にアメリカに留学されていた方々が持ち帰られたものが基本になっていたらしい。私のバイブルになった原田良種先生の「私の臨床」はもちろんのこと、私の父の留学中の模型実習の残骸(1945年3月10日東京大空襲でほぼ全焼)などにも精密鋳造に賭ける並々ならぬ情熱を感じるし、ほぼ同じ頃にスタートしていたナソロジーの人たちの業績もこの時代のことだったはずである。
f0103459_9383051.jpg
何度となく読み返したり、引用もした原田先生の著書だったが、その後半に私が気付いていなかったピンレッジ、リバースピンなどの記載があることに気がついた。(この著書の原本になった歯界広報という雑誌連載時はまとまっていなかったものを書籍化に伴って追加されたためと思われる。)

 Sooshanという人の著書からの紹介と思われるが詳細はわからない。ただ戦後早い時期に石原寿郎先生が注目されていたピンレッジなどのルーツを見たような思いがした。

by my-pixy | 2019-08-22 09:39
2019年 08月 20日
ジャケット冠からジルコニアへ
9月始めの火曜会は、オーリアラの吉沢和之氏にお願いして、最近のセラミックス事情などについてお話を伺うことにしています。長期間ご自分のセミナーを続けてこられたり、メーカーの顧問などとしても実績は十分な方なので歩んできた道は違っても有意義な機会にできると確信を持つようになりました。
 何度かお話をするうちに最近のCAD.CAMやジルコニアなどについても、さまざまなお考えをお持ちなので、われわれの試行錯誤の足取りも聞いて頂きたいと考えています。
最近ではすっかりパーシャル・デンチャーよりになっていますが、私も初期のペーパーはデービスクラウンやジャケットクラウンでした。メタルボンド以前のことからこの道一筋歩まれてきたお話も楽しみにしています。

f0103459_12465153.jpg
f0103459_12471373.jpg
f0103459_12265997.jpg





最後の写真はデービスクラウンの40年経過症例です。下顎前歯は天然歯ですがその切端によりデービス冠には圧痕が刻み込まれていますが、その後も破折は起こりませんでした。天然歯列で特異な修復物でなければこうした穏やかな推移をとるのではないかと思っています。

by my-pixy | 2019-08-20 12:48
2019年 08月 19日
リスボンから北へ、アベイロで途中下車
f0103459_15525587.jpg
f0103459_15554214.jpg

リスボンの中古家具から始まって昔の資料整理にはまり込み、とんでもない泥沼にはまりこんでしまいました。この時期はフィルムからデジタルへの大変革の寸前で、急速に広がる海外旅行との板挟みで、膨大な資料の整理に苦しんでいた時代でもありました。その頃始めた年1回のマイカレンダーも、資料の整理にとって両刃の刃になりました。古傷を撫で回すよな作業に1週間を費やしましたが、そろそろお後の時間になりました。ポルトガル旅行もこれまでで次の話題に移ります。

by my-pixy | 2019-08-19 15:53
2019年 08月 18日
1989年リスボンの春
f0103459_13393026.jpg
f0103459_13384530.jpg
f0103459_9323641.jpg
リスボン市内の観光中、現地若者の新学期のパレードとぶつかりました。どうやらこちらの方が面白そうなので、私は同行者とは離れてこちらの集団について歩きました。

ただ熱中している彼らからは、容赦なく水と小麦粉の爆弾が飛んでくるので大変でした。

by my-pixy | 2019-08-18 08:53
2019年 08月 17日
坂の街リスボン
f0103459_7592834.jpg
f0103459_7443320.jpgリスボンは港に向けて開けたような街です。街を歩いているとあちこちで急な坂道や階段に迷い込みます。この街で現場に立たなければ信じられないような三角形のケーブルカーにも何度かお目にかかったり、突然の吊り橋にびっくりすることもありました。
色とりどりの塗装の電車もあってまさにワンダーランドです。

by my-pixy | 2019-08-17 07:44
2019年 08月 16日
1989年ようやくポルトガルへ
f0103459_14475350.jpg
帆船のモデルシップを手にしているのは大航海時代の幕開けで有名なエンリケ王子、場所はリスボンの港です。
私にとっての初航海は1964年の前回東京オリンピックの年でした。その後かなり無理をしてヨーロッパには通い続け、パリやチロルは身近になりましたが、往復航空券にエキストラ運賃が加算されるポルトガルは依然として遠い海の彼方でした。それにもかかわらず一歩を踏み出したのは「ベルリンの壁」崩壊などという思わぬ出来事があったからです。その経緯はまたのことにして、今回はタンス長持のお話です。

f0103459_14485099.jpg
リスボンの街で出会ったこの古い家具は船便で日本に届けられ、その後20年ほど歯科医院で使われました。ちょうどこの時はクリスマスの飾り付けで、靴の代わりには河馬やキリンなどが並んでいます。
当時からかなりボロボロでしたが今も自宅の居間の真ん中に居ずわっています。これに成功してその後もいくつもの家具が、地中海から真鶴のサマーハウスなどにもやってきました。
f0103459_167236.jpg


by my-pixy | 2019-08-16 14:49
2019年 08月 05日
臼歯部咬合支持に恵まれなかった症例
f0103459_107965.jpg
古くからの患者さんで、始まりは上顎前歯部のメタルボンドでした。



プラークコントロールが定着しないうち、歯冠歯根比の悪かった下顎大臼歯を喪失し、2006年には左右に2つの片側遊離端義歯を装着することになりました。共に678欠損でしたが小臼歯の条件の違いで、支台装置はバラバラでもあえて統一はしませんでした。
f0103459_10345518.jpgf0103459_10532153.jpg
人生前半期のプラークコントロールも定着し、定期点検にも欠かさず来院されていましたが、
二つの遊離端義歯は健全なまま第3の小さな義歯が使われているようです。初診時のメタルボンドは2003年エンプレスに交換しました。人生50年ささやかな口腔内の遍歴です。

f0103459_10152621.jpgf0103459_125147.jpg
もともと小柄な方なので、あまり飲んで欲しくない薬なのだが。

by my-pixy | 2019-08-05 13:59
2019年 08月 01日
テレスコープにパラ箔は不可欠
支台装置としてテレスコープを多用するようになった契機を考えると、クラスプから脱皮したつもりの歯冠外アタッチメントのトラブルや、すれ違い咬合に応用した根面アタッチメントなどからの移行が大半だった。当初は歯周疾患への対応に苦慮したが、1970年頃から状況は改善されていった。
f0103459_10194292.jpg

f0103459_11562592.jpg

f0103459_1237223.jpg

支台歯の軸面を6度前後に設定したのは、ブリッジの支台歯などの実績からであって、設計の必要からのことではない。海外製のミリングマシンも何台か使用したが、それらが設計を左右したことは少ない。回転防止のため軸面0度に設定したりすれば、操作性も着脱も困難になり実用にならなかった。

外冠内に貼付する箔はポーセレン焼成用のた白金箔からの転用だったが、その後、厚さ50ミクロンのパラジューム箔に変更した。上の写真はパラジューム箔打ち抜き用で内冠の大きさにより使い分けている。支台歯の残存条件が悪い場合などは、経過を見ながら追加する箔によって支台歯の負荷をコントロールすることもできるし、磨滅した箔の状態からそれまでの経緯をつぶさに見ることもできる。
f0103459_1352486.jpg


by my-pixy | 2019-08-01 11:56