人気ブログランキング |
<   2020年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2020年 05月 27日
イッカクを探して
イッカクを探して_f0103459_12453751.jpgイッカクを探して_f0103459_12452882.jpgかもめが飛んでいる後ろにいるのはオットセイだろうと思われますが、この一帯は大半が流氷のようですから、よほど海の状況を知り尽くしていないと、下の写真のような重装備を繰り出すことは難しそうに思えます。

地元のイヌイットの人たちなどと緊密な連絡を取って初めて可能になったのだろうと思います。
別の画像では別の流氷に乗ってシロクマなどもやってくるようですから大変です。



by my-pixy | 2020-05-27 12:52
2020年 05月 26日
幻のクジラ・イッカク
幻のクジラ・イッカク_f0103459_10092515.jpg幻のクジラ・イッカク_f0103459_15005402.jpgかなり昔から角のあるクジラの話は聞いたことがありますが、南極の話だったか北極海のことだったか定かではありません。先日再放送で見た番組は、かなりこのクジラに特化した2時間ほどの番組で、水中での鳴き声の収録などだけでなく、ツノを使ったクロスタスクや、骨格標本でツノが中切歯から変化したものである事なども説明されていました。(右下)




by my-pixy | 2020-05-26 15:54
2020年 05月 20日
小さな村の物語
小さな村の物語_f0103459_12444272.jpeg週末に欠かさず見るテレビ番組の第一は日曜美術館で、何年か毎に司会者が代わるとしばらくは戸惑っても、流されてそれなりに続いている。土曜日にはもう一つよく見るのがこの番組で、気がつくとおそらく20年ぐらいも続いているかもしれない。企画制作とも日本チームなのだが、短いタイトルに要約された一つの家族の数十年にわたる物語が語られる。
今回はナポリの近郊だがいつも舞台になる街は名も無い小さな部落で、その中の一つの家族にスポットが当てられる。その殆どが初代は小さな農家や商店で、小さな農地をいろいろ工夫しながら二代目3代目に引き継いでいく生き様も、週に一回は数人の家族が昼食に集まるなどという設定も毎回全く変わらない。土地柄としては日本同様島国でありながら、北はヨロッパアルプス、ベネチア、中央部はミラノ、ローマ、などに囲まれながらその多様性は目を見晴らせられる。そんなところに目を向けながら小さな村の小さな家族にスポットを当て続ける製作者の視点には毎週敬服するばかりだ。
チロルから始まってサルディニア、シシリーなどの海岸線は完全1周したので、私の部屋にもそのあちこちから連れ帰った子供たちが溢れかえっている。


by my-pixy | 2020-05-20 11:29
2020年 05月 19日
父島の玄関口
父島の玄関口_f0103459_12553608.jpg戦争が終わって20年余りが過ぎていましたが、小笠原の玄関口には戦争の悲惨な残骸が横たわっていました。
クルージング参加者は行き組と帰り組に分かれてチームを組んでいましたので、帰途組だった
私は東海汽船から見たこの廃船がファーストシーンでした。


by my-pixy | 2020-05-19 16:00
2020年 05月 19日
小笠原父島

小笠原父島_f0103459_13221021.jpg
見様見真似でヨットを走らせることができるようになると、三浦半島をベースに日帰りで相模湾内を往復することから始ままり、天候次第では伊豆大島を目標にクルージングをするようになりました。
この時からいつの日か小笠原へという夢は見果てぬ夢になりましたが、その実現には10年の年月を必要としました。そしてその感動の一瞬をカメラに収めるために私は湾口の山に登っていました。チャイナ・シー・沖縄レースなどを転戦したチームのメンバーは往路、帰路二手に分かれ至福のクルージングを楽しみました。



by my-pixy | 2020-05-19 13:00
2020年 05月 19日
小笠原クルーズ
小笠原クルーズ_f0103459_14343120.jpg1970年頃のことですから、ずいぶん昔のことですが冬はスキーに、夏はヨットにのめり込んでいました。古いスライドからデジタル化してあった画像がハードディスクから出てきました。危うくそのまま死蔵することになる寸前だったスライドを苦労の末ブログに引っ張り出しました。



by my-pixy | 2020-05-19 09:00
2020年 05月 18日
情報山積・ビッグデータ 
情報山積・ビッグデータ _f0103459_18031261.jpgこの週末は、定番の日曜美術館以外にも楽しみな番組が多く目移りに困っていました。何よりも一番楽しみだったのは、政治家主導で行われているコロナウィールス関連のディスカッションの中で、ビッグデータの読み方なども含めて、山中伸弥先生がどんなお話をされるのかが楽しみでした。
あまりにも多くのことを期待しすぎ話題が拡散してしまったことは残念でしたが、この問題の奥深さとスピードの早さを物語ることにもなっていたようです。


by my-pixy | 2020-05-18 07:51
2020年 05月 13日
まるで私たちのために・・・
まるで私たちのために・・・_f0103459_18042862.jpeg昨夜オンライン例会でお話ししていた方々へ、千葉先生から素晴らしいカードを送っていただきました。イラストレータ・タナカサダユキさんがご自身のSNSで披露されたものだそうです。しばらくは離れて暮らすコとロとナの3文字。次に逢う時は君という文字。まるで曼荼羅のようでしびれます!!

例会の様子は中舘先生のブログ「あとみよそわか」でご覧ください。
次は6月9日(火)です。


by my-pixy | 2020-05-13 14:23
2020年 05月 06日
中国からのスマホが全ての情報源?
中国からのスマホが全ての情報源?_f0103459_12292705.jpg最近の日本政府や都庁の緊急事態宣言などを見ても、ちっとも変わらないPCR検査数などを見ると、一体何を根拠に次々のお願いをしているのだろうと首を傾げるばかりだ。

実態はわからないが、後発だった韓国などが着々成果を上げ、外出規制などにも反映されているのに対して、クルーズ船で難局を経験しながら、その後の対応には見るべきものがない日本政府の対応には信頼を失うばかりだ。検査とデータ集積そして試行錯誤の中からしか次への対応策など生まれてくるはずもないのに。
 既にご覧になられた方も多いと思うが、2番目の若い女性の武漢封城日記にしても、全く一般の若い女性の日記であるだけに心を打たれる。日本政府の対策会議のお歴々の冗漫な発言とは対局である。

そんな中で最近次々とNHKBS1から放映される中国の一般人の体験談は目に耳に新しいものばかりだ。その殆どが規制が厳しい中国の規制を潜り抜けての記録の話で、最後の書籍は台湾でまとめられたものである。

その全てがキビシイ言論規制やネット規制に苦しむ一般の人の赤裸々な記録であり、今になっては本国でも『烈士』と賞賛されながらもその渦中で亡くなられた方の物語である。(最後の男性)

これらを見るにつけ日本という国は、一体これから何処へ行こうとしているのかが見えてこない。最悪のシナリオは都庁が国会になだれ込んできて、日本政府にとって変わることだ。



by my-pixy | 2020-05-06 09:43