人気ブログランキング |
2019年 03月 19日
もくあみ会ケースプレ追加
f0103459_1122275.jpg(最初の画像は筆者のものに置き換えましたので、時代は戦前で30年ほど昔になりますが、話題のプレゼンはこんな画像で始まります。)小学校の集合写真ですが、そこには後に登場する主治医と患者が一緒に写っています。
本命ではその後も同じ街で時を重ね、患者と歯科医として再開するところから物語は始まります。
両家の間の交流は続く中で主訴は発生し経過して行きますが、家族ぐるみの交流もあり、患者関係は良好ですが経年経過は進行して行きます。稀に見る相互関係ですから齟齬は全くありませんが、それだけに通常では見られない様々なことが見え隠れします。
替え玉のこちらの家族間では戦争もありましたし、大都会の中での職業の変遷なども相次ぎますが、プレゼンの主役たちの間ではそうした動乱はミニマムで、歯科疾患と歯科医療を注視するには絶好の条件設定です。

# by my-pixy | 2019-03-19 11:19
2019年 03月 18日
2019愛知・もくあみ会
f0103459_12282433.jpg思いだけはあるものの、それを実際の症例で語り、企画にまとめることにまでは届かぬまま、滑り出しは苦しい時間帯でした。次回開催予定の熊本軍団も多数参加され、懇親会は賑やかでしたが人質を取られたような気分の最終演者としては未完のプレゼンも「迷い」のままでした。
 しかし、20年の積み重ねは土壇場でそのきらめきを見せ、最終2本のベテランのプレゼンは珠玉のケースプレでした。事前の静岡支局長のブログ、土居健郎先生の「方法としての面接」を思い出された方は少なかったでしょうが、私としては20年前の土居先生対談をまざまざと思い出していました。もしこれらを見ていただいて再度の対談ができたら!と思いつつ緊張の中で発表を聞いていました。
 何がといえば、2つのプレゼンに共通していたことは、術前の患者についての問題整理が明確で、よくある前医の処置の残した問題処理という枠を超えて対応がなされていてだけでなく、その後の対応にもその置かれた長期的展望への推論がなされていたことです。「前例がないから経過観察しかない」といった追い詰められた局面を抜けられそうな何かを感じ、ここまで続けてきて良かったとホッとしました。

# by my-pixy | 2019-03-18 12:23
2019年 03月 12日
仮設住宅と復興住宅
f0103459_8152158.jpgこの一週間は様々な3.11関連の番組を見ていますが、中でも最もショッキングなのはこのニュースでした。数年前にできた応急的な仮設住宅では、不自由ながら昔の人の繋がりが取り戻せていました。

 ようやく最近になって立派な復興住宅に入居できたのに、記事の赤線のように孤独死が急増しているというのです。さらに予想される単身入居者の訪問をしたくても「個人情報保護」のためにできず、発見が遅れるというのです。隣近所との付き合いも管理組合の見回りもできない悲劇です。

 万里の長城のような防潮堤が張り巡らされ、その内側にはかさ上げされた広大な平地が作られても、予定された方々は僅かしか戻られていません。そのうちの1〜2のお友達の元に人は集まり、夕方にはそれぞれの家に戻られるという姿も気になりました。そろそろ10年になろうという年月の重みでしょうか。
 さらに驚いたのは大半の欧米諸国ででは、太陽光、風力など自然エネルギーで電力消費はまかなわれ、化石燃料に依存しない状況が確立しているとのことです。福島の廃炉も重大問題ですが、少なくともそれ以外の原発再稼働などは馬鹿げた電力会社と政治家の癒着でしか無いようです。狭いとはいえ日本でも、過疎地を利用して自然エネルギーの循環だけで、日本の電力供給は心配ないのです。

# by my-pixy | 2019-03-12 08:15
2019年 03月 08日
愛知・もくあみ会
昨年の新潟でのもくあみ会に続いて、今年は来週、名古屋で開催されることになっています。来年ほ熊本ということになっているようです。おかげで東京の方は2019基本ゼミの方に集中できているようですが、何と無く出番はあるので言い出しのツケは回ってきます。そんなことでもなくては認知症が進むばかりですから、無い知恵を絞ってパソコンと格闘していますが、話題はどうしても昔話になってしまいます。
今回の準備中気がついたことは、1980年代にドイツのEichnerがE.Korberと一緒に来日していたことと、最初の二重金冠のパーシャル・デンチャーの話などです。われわれの学生時代も縫製冠だったクラウンのルーツは、われわれのクラウンブリッジのルーツでしたが、今になってもそこは忘れてはいけないことのようです。
今日の写真は1968年のスエーデンの技工所での1枚ですが、私が歩いた数十年はこの1枚にすべて写っています。今月の2つのセミナーはこれを辿ることでノルマは果たせそうです。
f0103459_8365259.jpg

# by my-pixy | 2019-03-08 11:33
2019年 02月 18日
北海道スキーツアー
f0103459_8195649.jpg

f0103459_10294958.jpg

この週末はスキーを持たないスキーツアのお供をして来ました。
スキーはギブアップして、スノーシュズと歩行用のストック持参の参加ですから、心躍るわけではありませんが、出かけてみればアジトに蟄居しているだけの日々ではありえない楽しみはありました。
 担当者は企画段階から日程とスキー場選択には苦しんでいたようでしたが、結果的に札幌ステーの観光ツアーとなったことが、例年の火曜会スキーツアとは全く異なったものになりました。
 私への配慮がこのところのスキーツアーを企画しにくいものにしたことは間違いありませんが、今回については春節と中国人観光客の大波がすべてを押し流したともいえるようです。その象徴は小樽観光と、ニセコヒラフスキー場にありました。両者ともその変貌には目を覆いたくなるばかりでいた。

予想外の好天に恵まれて、長万部観光では思いもかけず美しいニセコの山々を遠目に見ることができました。しかしわれわれの心のふるさとだったそのスキー場は、外国観光客の泥足にまみれ車を止める気にもなれませんし、カメラも完全に封印するしかありませんでした。最近増築されたもう一つのふるさと白馬東急ホテルなども、日本人が予約することは不可能なようです。
札幌での夜のハイライトは2夜連続の炉端焼きでした。素敵な女将さんは撮影許可が下りなかったようですが、スマホならではの1枚はその雰囲気がよく出ています(T先生)。ついでに小樽で飛び込んだ土竜らのトンネルのサプライズも。
f0103459_8412550.jpg
f0103459_9133125.jpg


f0103459_8412741.jpg
大倉山ジャンブ台付属の展示でちょっと面白いものを見つけました。北欧のスキーの神様のマスコットです。白馬佐野坂には女神のスカディがいらっしゃいます。

# by my-pixy | 2019-02-18 11:21
2019年 02月 05日
石灰岩
f0103459_1044269.jpg最近地下洞窟、地下水路などのテレビにはまっていますが、そこでは「石灰石」という言葉が頻繁に出てきます。残念ながら私のフィルムライブラリーにはその典型例はありません。ただ洞窟の入り口になる山の入口でよく見かけるのはこんな光景です。
この場所はワオキツネザルが住んでいるマダガスカルの北部ですが、ラオスでもギアナ高地などでもその入り口はこんな感じで、通り抜けられそうな割れ目をなんとかパスして行くと、うまく当たれば巨大空間に突き当たるということです。「こんなとこ入っていて帰り道は??と」恐ろしいような割れ目の先に巨大空間という意外性がマニアを引きつけているのでしょう。このマダガスカルでもサル君たちは数百メートルの大岸壁を気楽に行き帰りしていますが、そんな後をついて行くことなど人には不可能です。観光で訪れる人もそんなキツネザルに出会えれば幸せなはずです。
f0103459_15175377.jpg
一方、最初タンザニア、南アフリカなどで発見されたシイラカンスは、最近インドネシア海域で何度も見つかっています。大陸の大移動に乗って移動したのでしょうか。?


# by my-pixy | 2019-02-05 10:44
2019年 02月 03日
ドーバーの白い壁
f0103459_1326891.jpgこのところグレートネイチュアにはまっています。再放送! に騙されたり、オンデマンドの方が良かったりもしますが、昨日は今はフランスとイギリスに分断されている純白の断崖が地層的には繋がっていること、モンサンミッシェルとそっくりの僧院がイギリスにもあるという話です。取材には海峡をまたいで行ったり来たりで大変そうでしたが、両側から証人や地層学者まで登場して退屈しませんでした。
 戦争や単独飛行など話題の多いドーバー海峡ですが、個人的にもパリから北上して左折するこの領域には何度も訪れたことがあって多少の土地勘もあり、潮の干満に大きな差があることはセーリングでも経験していました。それでもこんなに美しい白い断崖に魅せられて、あのモネも何度も訪れていたということなどはちっとも知りませんでした。

f0103459_12342486.jpg
下の写真はだいぶ昔ですが、モンサンミッシェルにも近いところでデイクルージングをした時のものです。このヨットのデザイナー、オーナーなどが一緒でしたが、潮の干満が大きいので、バラストは上下できるようになっていましたが、それでも出入港に潮待ちが必要でした。日本では考えられないことです。

# by my-pixy | 2019-02-03 13:17
2019年 01月 31日
NHKのピンとキリ(ラオス物語)
ユージンスミスの回顧談では2時間の放送を1時間にまとめられ、できれば3時間にして欲しかったと思いましたが、昨日のラオス地下洞窟の話ではその真逆をやってくれました。直前の案内など急に念が入っているので、もしかしたらと思ってブログにも一言書いていたのですが悪い予感は的中しました。
 多分3回分の寄せ集めだった前回では、最初にメコン下流域のベトナムとの人たちとの関わりなどを、
2部では中流域の地下洞窟との遭遇を、最後は洞窟をとりまく地層学的な解説をそれに魅入られて住み着いたヨーロッパ人の視点でまとめてありました。

 ところが今回はいきなり縦穴からドタバタとゴムボートなどを放り込んで、ベースキャンプを展開するところから物語は始まるのです。(前回は地元の人たちの木製カヌー)数十人のメンバーでスキャナーのようなものまで使っての探索ですから雰囲気は違いますし、日数も長いのでそれなりの発見もあったようです。チームカラーも違い洞窟マニアの修学旅行のようで、ロマンは皆無でしたが、前回買っておいた書籍が気休めになりました。

# by my-pixy | 2019-01-31 11:01
2019年 01月 24日
Cr-Br全顎的補綴とパーシャル・デンチャー
f0103459_1243348.jpg昨日アップしたアッタチメントのケースを書いたのは1970年頃のことでした。40才寸前の当時のことを思い出すと無謀としか言いようがない手のひろげ方でした。
特に卒後前半期の集大成ともいえるCr-Brによる全額補綴の紙面発表を終わらせたとほとんど同時に、連戦連敗だったすれ違い咬合の経験をベースに、パーシャル・デンチャーの領域にまで突入したのは、身の程を知らない暴挙としか言いようがありません。

しかし同時期に出版された展望別冊の「パーシャルデンチャーの設計」には100%納得できなかったので(下図)、折あるごとに反発してきました。すでに一歩を踏み出したテレスコープによるリッジト・サポートには確かな足取りを感じつつあったからです。(昨日の火曜会40周年のプレゼン)
f0103459_12242746.jpg

# by my-pixy | 2019-01-24 12:07
2019年 01月 23日
アタッチメントを使用した2〜3の症例を振り返って
私のパーシャル・デンチャー最初のケースレポートは、1971年根面アッタチメントを使用したオーバーデンチャーでした。はっきりした動機はありませんでしたが、すれ違い咬合の症例で、申し訳のようなクラスプのレストよりは、根面切断面全体をサポート使えることが魅力でした。
f0103459_1249154.jpg
1年ほどの術後経過から辺縁歯肉のコントロールの難しさなども指摘していますが、角化歯肉ということもよく分かっていなかった当時の状況は五里霧中で、問題解決には数年を要することになります。
ただ支台歯形態改善の必要性は、画像2の片側遊離端義歯(67欠損への対応)にもつながり、テレスコープ義歯の発展に大きく寄与することになります。
f0103459_1313439.jpg
しかしその全体像がはっきりしたのは第3画像の1990年.火曜会40周年のプレゼンでした。この時期までに根面アタッチメントは淘汰され、テレスコープ型に移行することははっきりします。」
f0103459_13484893.jpg
ナソロジーの模倣から始まって、すれ違い咬合、プラークコントロール、イニシャルプレパレーション、臼歯部咬合支持、歯周補綴、経過対応などの難問に「孫悟空」のように立ち向かいながらも、Cr-Brと総義歯の間で曖昧な存在だったパーシャル・デンチャーが不動の存在になったのは、「二次固定」という特性に目覚めてからのことだと思います。歯牙と粘膜の共存という難題への解明こそは「経過観察」の輝かしい成果です。

# by my-pixy | 2019-01-23 11:06
2019年 01月 22日
義歯の機能と形
「義歯の機能とかたち」はモグラの最重要タグです。昔いろいろ迷って決めましたが、「あとみよそわか」流の日本語では「型と形」と言うべきなようです。近日の解説を読んだり、空手競技の評価項目などを見ると、
両者の日本語の使い方は月とスッポンなことが分かります。
ただ、言い訳を言わせて頂くと、私の言いたかったことは、義歯の姿形をまとめるには、欠損形態からきた外形や装着感と、機能時の動態の二つの面からの考察が不可欠なだけでなく、長期経過に伴う患者と術者の人間関係の変化も無視できないと考えたからです。

 そんな思いをイメージ化して作ったのがこの画像です。真ん中の木彫りのお人形は、ある患者さんから、お孫さんをモデルに彫られたとのことで頂きましたが、ここでは患者さん代表として参加してもらっています。
f0103459_13224865.jpg


# by my-pixy | 2019-01-22 11:21
2019年 01月 21日
メコンを探す
f0103459_1113648.jpgマダガスカルに比べると文献検索には苦労しそうな予感だったが、朝一の丸善で予想以上の2冊が見つかりました。まだ中身は見ていませんが、ガイドブックとしてはともかく、テレビ放送のメモリとしては充分の写真が並んでいます。ただいずれも大部隊を組んでの記録なので、同じことを夢見ても地下河川やカルスト台地の夢を実現することは
個人レベルではなく、「地球の歩き方」レベルの観光ツアーとのギャップは大きそうな感じもしました。今でも三蔵法師、孫悟空の世界と紙一重なのかもしれません。

まずはBSオンデマンドがおすすめで、そこから一歩を踏み出すにはマダガスカルどころではない周到な準備が必要になりそうです。同級生の三浦雄一郎もアコンカグア登頂をギブアップしたようですし。

# by my-pixy | 2019-01-21 11:20
2019年 01月 20日
メコン川とラオス
f0103459_13215651.jpg
このところテレビネタ続きなので、何とか元本業の話題に戻すべく画策中ですが、またまた面白い番組に引き込まれてしまいました。東南アジアといえばタイ、ベトナム、マレーシア、カンボジアなどとい名前は出てきてもラオスの名はあまり出てきません。
メコンという名前もこの番組を見るまではタイやベトナムを抜けて海に出る大きな川だろうぐらいの知識しかありませんでした。この原稿を書き始めてラオスには海がないとか、川というにはあまりにも巨大なメコンとかにびっくりしています。

# by my-pixy | 2019-01-20 11:07
2019年 01月 17日
2019年のマダガスカル・レポートを見て
f0103459_171295.jpg
思いもかけず、新年会二次会で最新のマダガスカル・レポートを見せていただき、今昔の感から私のライブラリを復刻します。最初の4枚の写真は、2006年体力等に不安を抱えながら、単身まだ見ぬアフリカのの地に一歩を踏み込んだ時のものです。
f0103459_1452658.jpg


# by my-pixy | 2019-01-17 12:52
2019年 01月 15日
古いカレンダー
f0103459_1453683.jpg海外旅行でご迷惑をかけた罪滅ぼしも兼ねて、 2002年ごろから年末にカレンダーを患者さんにお送りしてきました。初めは色々かき集めての写真でしたが、後半ではマダガスカルを中心に、まとめることにして10年以上続けました。
 このところ身辺整理に明け暮れていますが、カレンダーとしては役立たない残骸も、ガイドブック代わりに貰い手が出てきました。こちらとしてはどんな形でもお役にたてば幸せなので、今夜の新年会帰りにお持ち帰り頂くべくパッキングに励んでいます。あわや廃棄寸前だったものは、静岡ブランチの村埜氏のところに保存して頂きましたのでご入用の方はご連絡下さい。

# by my-pixy | 2019-01-15 14:05
2019年 01月 14日
テレビばかりでは
f0103459_1365345.jpg
f0103459_13533731.jpg毎日テレビばかり見ていては!と反省し、ご近所の三菱一号館美術館まで足を伸ばしました。フィリップ・コレクションの何たるかは分かっていませんが、大原美術館のテレビだけではなく実物を見てこようという魂胆です。
時代は同じピカソ、ゴッホ、モネなどのコレクションですが、普段はあまり見ない作品が、小さな部屋に展示されていて、アットホームな感じで見られることは新鮮でした。コレクターの人達はこんな感じで名画と時を過ごされたのだろうということは、企画側の狙いでもあったようです。

それはともかくこの頃は出かける時カメラを忘れてしまいます。今日も同じだったのですが、私にはスマホ!という選択肢はありませんから、この写真のためにもう一往復ということになりました。普段よく通る道なのですが、足で歩いてファインダーから見ると景色は変わります。
   最後は少し感じの違うピカソとモディリアーニです。
f0103459_982199.jpg
f0103459_911129.jpg


# by my-pixy | 2019-01-14 13:09
2019年 01月 13日
大原美術館
f0103459_8542782.gif尾道、倉敷は歯科医になってから2〜3回訪れていて、大原美術館の前を通り過ぎたこともあったが、大原孫三郎のこともその片腕として奔走された児島寅次郎のことも何も知らなかった。先日のテレビ番組で、倉敷という街と総本家が一体になって発展していった足跡を見せつけられ、モネの睡蓮や歴代日本のアートの集大成が、倉敷の街を形作っていったヒストリーを教えられた。無国籍印 TOKYO2020とは大違いだ。

# by my-pixy | 2019-01-13 08:55
2019年 01月 08日
伊根の舟屋
f0103459_1583086.jpg
f0103459_14523620.jpg京都の街からはだいぶ離れるが、天の橋立の近くにある伊根の舟屋はヨーロッパの人たちには気に入ってもらえるので、私にとってはとっておきの接待場所でした。前後4回ほど訪れたましたがこれはその最初の時のものです。
 
特に北フランス・ノルマンジーのオンフルーとはところ変れど、ぴったりの印象で、日本の画家からも愛されるのが納得できました。
オンフルーの写真は<タグ海外旅行1996・オンフルールへ>に出てきます。

# by my-pixy | 2019-01-08 14:13
2019年 01月 07日
NHK、ユージンスミス再放送
f0103459_13203443.jpgアジトにも来客多数で賑やかな新春の1日でしたが、始まりは何といってもタイトルの再放送でした。
昨年、生誕100年ということで、東京都写真美術館でも展覧会、講演会などのなど数々のイベントがあったようでそれらの資料も取り込んで素晴らしい番組に仕上がっていました。(この画像はその後私の本棚の奥から発掘されたものですが、この時何にのめり込んで購入したのかわかりませんが、多分愛読していたアサヒカメラの影響だったでしょう。)

 最初の放送も感動的でしたが、その時の2時間の放送を1時間に短縮し、さすがNHKBS!という素晴らしい編集でとても「再放送」などというタイトルではもったいない1時間でした。この間別資料などを発掘したり、購入したりして備えていましたが、それらを総て吹き飛ばすような緊迫の1時間でした
いつもこんなことはできないでしょうが、再放送にこれだけ手をかけられるとしたらBS本放送は恐るべきものです。沖縄戦を前に米軍が急遽建設した普天間などの写真を安倍内閣の官房長官などは見たことがあるでしょうか。米軍上陸前の静かな農村の佇まいと、その直後に続く悲惨な変貌を一目見たら、いま普天間移転のためという名目だけで、埋め立て工事強行は許せない地元沖縄の人たちの
気持ちが痛いほどよく分かります。
ユージンスミスは「ライフ」などでも仕事をしていた筋金入りのカメラマンでしたが、戦場で2眼レフを使っていたりして半端ではない情熱を感じます。時々名前が出てくる当時の著名カメラマンには、この人も!というよう名前がでてきますが(カルテイエ・ブレッソン、サルガドetc)いずれもグレースケールで素晴らしい画像を残された方々です。

# by my-pixy | 2019-01-07 09:33
2018年 12月 30日
ユージン・ スミスの戦争  沖縄を撮った男
f0103459_14275450.jpg4Kディスプレーお披露目の南極訪問とかいう冗漫な番組が終わったと思いきや、タイトルのような番組が始まりました。太平洋戦争勃発の頃に始まる物語と思っていましたが、ユージン・ スミスという名前はその後アメリカのLIFEや日本のアサヒカメラなどの巻頭を何度も飾っていた著名なカメラマンでしたし、その後水俣でも大きな仕事をされていたことは記憶していました。
 
何度か読み直していると今回のNHKタイトルもスペースのとり方など曖昧でよく分かりませんでした。しかしLIFE社とスミス本人の考え方の違いが、撮影した画像の採否を巡ってしばしば衝突し、参加した沖縄戦での大怪我にも発展したようでした。
 そして退社、休職後何年かを経て沖縄戦時代の思い出が再来日、日本人女性との結婚などにつながるのですが、水俣病との葛藤から2度目の大怪我といった事件にも発展したようです。

カットにも借用した写真や、サイパン、沖縄などでの写真に見られる日本の民間人への限りない優しさと、LIFE本社との葛藤は、水俣では窒素という大企業に向けられました。こうした不条理には徹底抗戦するのが彼の生きざまだったのでしょう。

# by my-pixy | 2018-12-30 13:23