タグ:デジカメ ( 142 ) タグの人気記事

2006年 07月 13日
板の間稼ぎ
f0103459_1035673.jpg 先週の臨床歯科を語る会の器材展示コーナーで見慣れぬカメラを目にしました。小型デジカメの内蔵ストロボ光を、アクリルの棒でレンズわきに引いてくるものです。同じような試みは個人的に行われていますが、歯科用CTまで開発している大メーカーが、Mブランドで売出したことがトピックです。これでY.S.G.M歯科界4大メーカーの「板の間稼ぎカメラ」が出揃いました。(Gだげは極限的な外部圧力をかけてつぶしました。)
 太いアクリルの棒を屈曲するのは苦労したらしくレンズの横まで届いていません。さらに左右の屈曲はばらばらで技工室で直して上げたいような代物です。カタログ画像でも上唇の影がはっきり写っていますから、大半のストロボ光はカメラ本体のところで漏れているのでしょう。二本の角はなんの角・・・・と童謡になりそうです。    
 ただカシオのデジカメ自体はまんざらでもなさそうなので、今週になって調べてみました。Exlim EX-P505という機種ですがすでに製造中止。量販店、ネット通販いずれもほとんど見当たりません。ビッグカメラもすでにメーカーに返品済みとのことでした。(返品はつぶしか歯科用かこれも問題です。)そうなるとちょっと悪戯したくなります。

 何かちょっと気になる形だったのですが謎はすぐ解けました。あまり実用にはならなかったのですが愛玩用としては最高だったPentax 110と何となく似ているのです。もちろんこちらはメタルボディ、レンズ交換型の本格的一眼レフですが。
 横浜ビッグカメラ・パソコン店の店頭セールに数台残っていると聞き遠征してきました。素人細工のM社OEM 89000円はとんでもありませんが、1万7000円なら何かに使えます。
f0103459_10385356.jpg


by my-pixy | 2006-07-13 10:39
2006年 07月 04日
ミニ・ウイング
f0103459_17203430.jpg6月28日にお目見えしたミニ・ウイングですが、モデリングライトという呼び名も耳新しく、詳細も不明でしたので追加してご説明します。この種の照明装置はあくまでも撮影時の補助をするもので、これ自体で撮影するものではありません。
f0103459_1144349.jpg モデリングライトという名称でメディカルにコールにも組み込まれていました。ただ豆電球1個というランプでは明るさが不十分でほとんどものの役には立ちませんでした。
 
 眼の良い方には不要かも知れませんが、普及型デジタル一眼レフのファインダーは、フィルムカメラと較べると暗く、小さくて見にくいものです。被写体が明るく見やすければ、ピント合わせも楽ですし被写界深度もよく分かります。カメラやミラーの曲がりや、余分なものの写りこみも防止できるでしょう。

 開発に当たっては補助ライトの性格上、張り出したウイングが撮影用ミラーの邪魔にならないことに気を使いました。軽量化も重要課題でしたが、LED発光部だけで47グラム、総重量でも105グラムで、ミニリングに装着しても気にならない重さにおさまりました。もちろん、点灯したままストロボ撮影しても画像への影響はありません。試作機は「臨床歯科を語る会」に展示しますが、初期ロットの仕上がりは7月末を予定しています。

by my-pixy | 2006-07-04 15:04
2006年 06月 28日
モデリングライト Mini・wing
f0103459_9142445.jpg

ちょっとくたびれたのでケースプレはしばらくお休みです。
 HPトップページ下で覆面製品紹介を続けてきたLED照明が、ようやく登場できそうなりました。かってK-Maxを使用していた頃、明るく照らし出される歯列のフォーカシングやフレーミングには大きな魅力を感じていました。ミニリングに交代してからもできることならあの撮影状態をとりかえせないものかと考えていました。少数のLEDをミニリングにつけてテストして見ましたが、120球を越すK-Maxには及びもつきません。ミニリングの外側に首飾りのようにぐるりと一周させても期待する光量は得られませんでした。球数を増やせば使い勝手が悪くなるだけでなく、コストが上がってK-Maxの二の舞になります。
 作戦を大転換し球数は60球を維持しながら加工性をよくし、光の方向を可変にして明るさを確保できるようなウイング形式にしました。局面は一転最大の山場は越しましたが、最後はバッテリーケースです。始めは電池側から決めようとしましたがリチューム用の既製品はまったくありません。型起こしなどできる相談ではないので、スイッチが組み込まれたバッテリーケースがあり、小型で所要の性能が得られる電池をという逆の探し方をしてもらいました。ケイタイ用充電器なども参考に9V角形アルカリ電池以外にないという結論になりました。
 K-Maxの経験が役立ち最小ではないものの小型にまとまり、親亀の電源部の背中に子亀のように乗る形になりました。ウイングの角度は可変で集光位置は変えられますが、通常は写真程度の角度で良さそうです。使用感は期待通り Ref 97とのコンビで快適な環境です。拡大鏡で見落とすエラーまで見つけられます。

by my-pixy | 2006-06-28 16:41
2006年 06月 04日
QP Card
 何度も書いていることですが、デジタル画像の色調補正ほど厄介なものはありません。歯肉の色と歯の色を合わせるだけのことなのですが、その片方だけでも容易ではないのです。歯肉の赤味だけのことでもその彩度、青み、黄色みなどさまざまで、いくら調整してもこれで万全ということにはなりません。今日はOKと思った色が翌日にはシアンが強すぎる、それを直したら今度はイエローが・・・といったことは何時ものことです。判断している自分自身がブレるのですから手のつけようがありません。
 RAWデータが使えるようになって調整は楽になりましたが、拠り所の無さは変わりません。調整域が拡がっただけにかえって厄介とも言えるかもしれません。こんなとき画面の中の白い点があれば、ホワイトバランスツールでかなり正解に近づけることができます。
 JPGでも同じことができないかと考えていましたが、撮影時にQP Cardというグレースケールのカードを写しこみ、Photoshopのトーンカーブやレベル補正についているスポイトを使うことで、似たような効果が上げられることが分かりました。カラー補正にグレースケールなんて!と思う方は無視して下さい。それでもというだまされやすい方は、プロショップか大型店で聞いてみてください。RAWデータに使った場合ほど正確ではありませんが、定価4200円で10枚くらい入っていますから割り勘でもよいでしょう。メーカーは新しいものを使えといっていますが。
f0103459_8245432.jpg


by my-pixy | 2006-06-04 00:44
2006年 05月 30日
背面モニター
f0103459_11301986.jpg  私自身はそろそろ2年ほどRAW+JPGでの撮影を続けていますが、セミナーなどでお話ししていると、すべての方にRAWデータを推奨することは難しいと感じます。問題はカメラよりもパソコンやソフトの問題で、10年以上も毎日Photoshopを使ってきた人間が「簡単ですよ」というのはあまりに無責任だと思うからです。ただ多くの方がデジタル画像のバラツキに悩んでおられることも事実なので、そちらへの対策も考えないわけには行きません。
 20DからD200になって背面モニターの視認性は大幅に向上しましたが、そうなるとこれで画像の正否を判断できないかと思い始めます。そんな時あるカメラ雑誌で写真のような特集をやっていました。10機種の比較ではD200はダントツのトップでした。フルサイズの機種なども凌いでの結果ですから気分は悪くありませんが、だからといって私にはあまり役立つテストではありませんでした。
 いくら見やすくなったといっても、1.8インチで写っているかいないか、明るいか暗いかだけを見ていた時と基本的に大きな変化はないからです。画像の内容を判断するには背面モニターはあまりにも非力で、色の彩度もコントラストも低くすぎます。ヒストグラムを併用してもリングストロボの画像の判断にはあまり役に立ちません。カメラの調整も明るさ暗さの5段階だけで、コントラストなどはありませんから、過信すると判断ミスにもつながりかねません。ケーブルでつないで壁掛けテレビに映しだしてみればその差は歴然です。

f0103459_11303474.jpg 歯科用途の写真はいつも2枚以上をつき合わせての比較です。術前術後、口腔内と模型上、長期経過などなどほとんど1枚だけで見るとことはありません。そしてその両者の画像が揃っていることが必要なのです。歯肉の色も歯の色も片方ずつなら見られてもつき合わされてはたまりません。僅かな赤みやイエローも誰でもが気がつきます。シェードガイドなどというツールはこの難しさから生まれたものです。 一般の風景写真などでは1枚の画像をとことんまで突き詰めることはあっても、比較して揃えることは稀なはずです。われわれだけが常に現物合わせを繰り返しているのです。スライドの場合は大半があなた任せでしたからやってこれましたが、デジタルはいじれるだけにきりがありません。カメラの背面モニターから始まって、デスクトップ、ノートパソコン、プロジェクターと渡り歩く間に同じ画像も千変万化です。その変化に振り回され多大な時間をとられることからは何とか抜け出したいものです。
 05年9月20日付けのデジタルスクエアに、RAWデータ調整法のアイディアを書いたことがあります。 その後いつも実行しているわけではありませんが、ホワイトバランスツールを使う方法はきわめて有効だと考えています。多くの人が多用しているJPGでも同じようなことができないかと考えてきましたが、トーンカーブやレベル補正についているスポイトツールでも、似たような使い方ができそうなことに気がつきました。まだ日が浅いので確定的なことは書けませんが、近々公開できると思います。

by my-pixy | 2006-05-30 17:37
2006年 05月 22日
デジタル写真セミナー
2回目のセミナーが終わりました。
・これからデジタル一眼レフを買おうとされている方
・スライドの資産をデジタルに引き継ごうという方
・院長や先輩が作られた細かな虎の巻に忠実に撮影をされているスタッフの方
・今後もスライドに固執し必要なときはスキャナーでデジタル化する技工士
・術前と術後や、新旧2機種の色調不統一に悩まれている方
・RAWデータの実態と使い勝手を見たいという方
・貯まったデータの整理とバックアップを心配されている方
年代も撮影歴もさまざまな方々がいらして、そのできるだけ多くに対応したいと考えたので大変でしたが良い勉強にもなりました。

f0103459_11234132.jpg
スライド時代から、歯肉の色と歯の色にこだわる歯科医、技工士の感覚は、それらの色調についてはかなり厳しいものがあると感じていました。今回の準備中に、そうした要求のベースが、常に2つのものを着き合わせて比較する日常からきていることに気づきました。シェード・テイキングなどがその典型ですが、患者さんの要望も隣在歯との比較が中心ですから、歯科医、技工士が対処しなければならないのは当然です。
 印刷や広告なども色には厳しいでしょうが、専門職もいるでしょうし色数の多さに救われることも多いはずです。シェードガイドに見るような細かな色のステップを、異なる素材で再現するのは大変なことですが、同じような要求を日常のデジタル画像に求めても無理なような気がします。
 私はこの数年間2台のディスプレーを並べて使っていますが、どの世代でも2台の調整がうまくマッチしたことはありません。デスクトップからノートへ、そしてプロジェクターへというステップでも色調が目まぐるしく変わるのは誰もが経験するところです。ディスプレーのカラー調整器機も何度か試しましたが満足できる結果は得られていません。スライドのように固定されたものがなく、すべてかが容易に動いてしまうデジタル画像は、その反面、任意の調整には広範な知識と大きな努力と経験を要求されるのです。

 久しぶりにスクリーンに近い場所に座ってプロジェクターの画像を見ていると、その画像の荒さにはげんなりします。デスクトップで画像を作っているときには100%以下で見ているのに、映写時には同じ画像を数百パーセントか1000%近くにも拡大されているわけですから当たり前のことですが、スクリーンわきの演者席は針のむしろです。ついついレザーポインターを忘れて、ノートパソコンの画面に逃げ込みたい気分になってしまいます。プレゼンには丈夫な心臓と厚い顔の皮が必要です。

by my-pixy | 2006-05-22 17:30
2006年 05月 01日
光学ファインダー
f0103459_11111780.jpg カメラのファインダーには人一倍こだわってきましたが、ついに来るべきものが来てしまいました。「デジカメに光学ファインダーは不要!」というご宣託です。現行のデジカメの外寸と2.5インチのデイスプレーという動かしがたい条件の中では、こうなることはやむを得ないと思っていましたが、大メーカーの主力機種がこれだけ一斉に変わってくると、これは変化ではなく革命です。

 一眼レフは大丈夫!と思っていても、こちらもファインダー軽視はとっくに始まっています。重く高いガラスのペンタプリズムは普及機には使われていません。とても買えっこないプロ用の機種をのぞいたら、まともなファインダーをもつデジタル一眼レフは数えるほどです。「いくらブツブツ言ったって、もうあんたの時代は終わったんだ。!」といわれているようです。

 やむなく虎の威を借りてプロカメラマンの望月宏信さんのブログから引用します。この方の写真の美しさにはいつも感心していましたが、先月辺りからブログに転向され、この分野でも素晴らしいサイトになりました。わが「土竜のトンネル」もそれにあやかりたいと真似をした次第ですが、本家は海外、旅行、写真の3部門で堂々のトップで、文字通り足下にもおよびません。

 以下、望月さんのコメントです。(一部省略)
いろんなカメラがありますが、選ぶポイントは「ダイナミックレンジ」の広さなのです。明るい所と暗い所が、両方どこまでちゃんと表現されるかが重要です。今や「画素数」なんて、たいして重要ではありません。簡単に言えば、原則として撮像素子(CCDやCMOS)が小さいほど、レンジが狭いと考えて良いでしょう。もっと簡単に判断するなら、強引な言い方ですが「カメラが小さいとダメ」。一眼レフのように大きなカメラほど写りがいいのです。

 気楽にパシャッと撮ってキレイに写るカメラが求められますね。ところが、気軽に撮りたい人は当然「小さいカメラ」を使いたがります。ここがどうしても矛盾する部分。プロならコンパクトデジカメだって写真集出せます。シロートさんほど余裕のある性能のカメラを使って欲しい。それのが楽です。

by my-pixy | 2006-05-01 18:20
2006年 04月 23日
電子手鏡の8年  その2
 再構築に当たっては、デンタルX線撮影をどうするかという問題と、テレビかパソコンかどちらのディスプレーを使うかという2つの問題があります。
 現在はセレクターで切り替えてエルモと一眼レフを使っているのですが、この点はさして問題がないだけに大画面のテレビが優勢になってきたのです。いくら便利だといっても画素数的にエルモには限界があるのですが、カメラから入力するとなるとX線フィルムの撮影という問題が壁になります。シャーカステン上の撮影にはカメラの固定が必要になるからです。エルモを買いたくても現物がない人には、アクリルのチューブで固定する方法などをお勧めしていましたが、自分で使う気にはなれませんでした。
 スライドデュープ用の装置などのように、レンズの先端部に取り付けることも考えましたが、撮影時も外した時も装置がじゃまなになります。そんなことなら小型デジカメ撮る方が簡単そうですが、入力が2系統になるのでは何にもなりません。1台のカメラで現在よりシンプルな方法でなければならないのです。ISOを上げることも考えましたが戻し忘れが心配です。
 明るいシャーカステンでも手持ちは無理と決めてかかっていましたが、むかしリングストロボを光源にしてデユープをしていたことを思い出しました。被写体を明るくすれば良いのだと気づいてから、問題はすらすらと解けてきました。乳白色の蛍光灯にフィルムを近づけるとワット数にもよりますがF11で1/500位が切れます。
 手持ちならばフィルムを立てて横からの撮影の方がすべてが楽です。レンズとフィルム間は約16センチですから、カメラをキャビネットの上面で固定することもできます。
仕上げはランプの明るさと、間に挟むアクリル板の厚みをコントロールすれば、口腔内撮影と同じ条件、マニュアルでF19、250で、すべての撮影がまかなえることになります。ただしミニリングのスイッチだけはOffにして下さい。

 ここまでくれば一安心、セレクターもエルモも個別のシャーカステンの不要になりました。撮影台は自動現像機のそばに一台あれば十分で、キャビネット上もすっきりしました。どちらのディスプレーを使うかはゆっくり考えます。長年お世話になったエルモの行く先も考えて上げたいと思います。
f0103459_15181028.jpg


by my-pixy | 2006-04-23 17:52
2006年 04月 21日
電子手鏡の8年  その1
f0103459_1164061.jpgf0103459_1171113.jpg 1998年には、まだデジタル一眼レフは登場していませんでしたが、小型デジカメが100万画素に届き使い勝手も向上してきたので、何とか臨床に応用できないかと考えていました。 当時の主力は親指カメラと呼ばれた小型ビデオカメラでした。日本の歯科メーカーは自社では製作せず、日本製電子器機を組み合わせた米国製品を輸入して売りまくっていました。たった40万画素しかなのに動画を静止画に変換するために、カート一台の図体にもなる馬鹿馬鹿しい装置でした。それに水をかけてやろうというのが「電子手鏡」という発想でしたが、勝算はありました。
 むかし話は98年9月号の歯界展望の「電子手鏡のすすめ」に譲りますが、小型デジカメで始まった電子手鏡は、その後エルモ製資料提示装置DT 70に引き継がれました。自現機から出てきたデンタルX線フィルムを、すぐに拡大して見たいというニーズが高かったからです。DT 70はこの目的にはぴったりの装置で多くの人に愛用され、生産中止が決まった時には身内で在庫の争奪戦がおこるほどでした。フォトビデオカメラなどと呼ばれる同種の製品もありましたが、使い勝手は断然エルモでした。
 カメラで撮影したりパソコンを操作したりする手間が無く、濡れたフィルムでもシャーカステンの上に置けば、そのまま見られる魅力が、ニコンD1に始まるデジタル革命の中でも厳然と生き残ってきました。しかしこのことは患者さんへの画像提示を「ビデオ・テレビ・ライン」に依存させ、パソコンによるシステム展開を妨げる弊害も生みました。症例の記録というラインは完全デジタル化されながら、即時性を生かした患者さんへの提示がなおざりになったのは、大半の患者さんが古くからの方々で、あらためて全顎の提示を必要とすることが少なかったためで、その空間にエルモががっちり根を張ってしまったのです。 遅ればせながらシステム再構築を考え始めました。

by my-pixy | 2006-04-21 17:50
2006年 04月 20日
K-Maxは不滅?
 白色LEDを使って口腔内写真がとれないか?と熱中していたのはついこの間のことのようですが、デジタル・スクエアにその記録はなく「蔵」の中に仕舞われていました。2002年のことですから、もう4年も経っているのですが思い入れが強かっただけに記憶は新鮮です。手作りの開発段階に、部品を探して秋葉原を歩き回った技工室の人達も同じ気持ちで、コスト高で継続生産はできなくなりましたが、愛用機は技工室の第一線で頑張っています。
 顕微鏡の部品として蛍光灯を使った照明装置はあってもこちらはコードレス。支柱に乗ったバッテリーともども片手で持ち歩ける手軽さは抜群です。かつてのユーザーの方でミニリングに切り替えられた方にはぜひお勧めします。
 LEDの素材は現在も大きく進歩はしていませんし、コストもほとんど下がっていません。大事にして上げて下さい。
f0103459_17503243.jpg


by my-pixy | 2006-04-20 17:49