タグ:デジカメ ( 139 ) タグの人気記事

2016年 10月 01日
自分の口腔内写真のレベルダウン
f0103459_8292829.jpg 昨日、書き始めた義歯をセットしてその写真を整理しながら、口腔内写真の恐ろしい事実に気づきました。この画像はD500のXQDカードを封印してからSDで記録したセット時の画像です。上段の美しい正面観に対して、中段からは見るも無惨な上顎咬合面観が並んでいます。一体これはどういうことなののだろうと半信半疑で画像調整をしていましたが納得できず、だんだん昔にもどっていきました。かって自主製作して使い続けてきたミニリングはその後ニッシンMF18にその場を追われることになりました。マニュアルで頑張ろうという志の高さは正道でしたが、オートに流れる世間に棹さすことはできなかったからです。(この頃からマニュアルにこだわる反骨精神は徐々に萎えて行き、オートフォーカス可能なマクロレンズMicro Nikkorで反骨精神は地に落ちてしまったようです。 かってのわが相棒や、今回のビッグカメラのアドバイザーの意見も聞きながら、今回撮影した画像を見直して、問題はミラー撮影周辺に潜んでいることが分かってきました。進化はそれなりに認めながら、掛け違ったボタンは元に戻さなければならないのです。)
メモリカード問題
 まず、比較的簡単なメモリーカードの問題です。新しいデジタル一眼レフを導入しなかったことや、35ミリフルサイズ機や動画、高速連写機能を必要としなかったことで、記憶媒体(メモリーカード)についての認識が決定的に遅れていました。D500の2つのスロットのうちの1つがXQDカードに切り替えられるほど普及は進んでいたのに、混乱の収拾策としてXQDカード封印を決断しましたが、これは私の無知のなせることで、世間の流れには逆行するものでした。このカードの普及は急速に進み、ビッグカメラの商品展示もこの1ヶ月ほどの間に、5階のハードディスク売り場から地下2階のカメラ売り場に大移動し、商品の種類もメーカー、容量など急速に増えています。 そんな中で私がD500のスロットを封印するなどということは真っ当なものとは言えません。では何故、今回のようなことになったかと考えると、私のSDカードオンリーの使用法が乱脈なものになっていて、それに新企画のXQDカードがマッチしなかったためだったようです。
 具体的にはカードからパソコンへ移した画像をそのままパソコンのPSDで加工し、加工したデータを名称変更せずカードに再度に戻すといった乱脈操作を平気でやっていたようです。セミナー受講生の画像などが受講生から、セミナースタッフへ、私へとデータが渡り歩くことは日常的になっていました。その都度名称が確実に変更されたり、もとのカード上書きしなければ問題ないのですが、ルーズになった感覚で、XQDカードへのデータ出し入れもしていたことは否定できません。
「自称お化けデータ」はオリジナルデータと、同名のまま上書きされた加工データの、XQDカード内でのバトルの産物だったようです。いつもの癖でバタバタとXQDの新画像をブリッジ上で加工し、そのまま元へ戻したりすれば、同名の2つデータ間でバトルを起こるのも当然でした。
f0103459_881441.jpg 左は昨年買ったもの、右は先日購入したものです。どちらも同じSDカードですが接点は2倍に増え、カードリーダーも高速になっていますが、しかし次になんといって買えばよいのかは分かりません。机の上にはもっと多品種が転がっています。フィルムを選んで買い、撮影現像後あれこれ言っていた時代とは何という違いでしょう。この接点の増加ぶりをみれば、新規格のメモリカードが次々出てくるのも分かりますが、現代はすべてが同じなのかと思うと気が遠くなります。

ミラー撮影
 正面観と咬合面観の色調の違いは、通常のストロボ撮影とミラーを使ったストロボ撮影だけの違いです。一定な条件を維持しやすい正面観にくらべ、ミラー撮影は被写体、ミラー、口角鉤、カメラなどが一体になって動くことは不可能です。開口量なども年々低下しますから撮影条件は年とともに難しくなっています。左右差などがあれば舌や口唇などをコントロールして異物を排除した画面を撮ろうと、いよいよむずかしくなります。
 問題は一般撮影ではあり得ないレアチャンスをどうとらえるかですが、AFや自動測光などを味方につけるか敵に回すかでも違いができます。 私たちは常に3人体制ですが、それでもその一人一人のキャリアや理解度などが結果を左右します。左右一体のアングルワイダーでカメラは片手持ちなどはサーカスとしか思えません。マニュアルをうまく使いこなすことが最後の秘策でした。

by my-pixy | 2016-10-01 08:18
2016年 09月 27日
蜘蛛の糸でD500に結着
f0103459_10592190.jpg 事実上ビッグカメラに入り浸って1日が過ぎました。全品まとめて返品手続きを始めたのですが、最後の最後で荷物はまとめて持ち帰りました。帰ったときは午後8時を過ぎていました。朝一番はニコンイメージングセンターとのやりとりでした。かねがねAdobeとNiikonの対応の悪さは分かっていたので避けてきたのですが、返品問題で火がつきました。

 既にこの件では新品交換の処理をしてもらっていたのですが、ビッグカメラに出向しているニコン社員の方を通してのことだったので、同じルートを使わず正面きってやろうとしたことが間違いでした。デジタル化以前にはいつもニコンのサービスセンターにお友達がいて親しくお付き合いし、歯科雑誌の連載なども共同でやっていました。しかしデジタル化以降こうしたお付き合いは禁止になり、個人的接触は電話さえもできなくなりました。1900年までのフィルム時代とはすべて変わり、お友達は一人また一人と退職して行かれました。

今回、お世話になったビッグカメラの方はおそらくそんな中で、出向社員という道を選ばれたのだと思いますが、新型カメラ購入の時だけは頼りにしてきました。これまでも数々のアドバイスを頂いてきましたが、昨日も控えめながらこちらの心情を理解し、お化け画像の原因分析を個人として進めて下さいました。それらをふまえて私の方もXQDカード封印でD500を使うという決断をしました。長く使ってきた7000シリーズには何の魅力もなかったからです。 消去法でリスクも残るが魅力もある方を選択しました。

by my-pixy | 2016-09-27 07:56
2016年 09月 26日
再三のお化け画像でニコンと決別も
f0103459_15202023.jpgいろいろ取り込んでいるD500ですがソニー製XQDカードにも同じトラブルが発生し、クレームに対する対応の悪さもあって、今回購入した全製品を返品し、今後可能な限りNIKON離れをする覚悟を決めました。
 SDカードに特に問題が無いのに、何故新しいXQDカードを新採用したのかは全く分かりませんでしたが、D500は明がにこちらがメインになるような基本設計です。しかしこれにともない不明なトラブルに見まわれていることも事実です。さりとてXQDカードを封印し、ファインダーのクリアさだけでこのカメラを選ぶ気にもなれません。答えはなかなか見つかりませんでしが、動画、連写対応らしくキャノンも別規格でC-fastというカードを準備していることも耳にしました。

by my-pixy | 2016-09-26 11:23
2016年 09月 23日
SONY製XQDカードへ
f0103459_1054308.jpg  水没したカメラの廃棄にも到らぬ中で、D500のテストにつまづいています。前回も悩まされた原因不明の不良画像の出現に、XQDカードの交換、SDカード以外の使用中止からカメラ本体の交換まで行って一段落したばかりなのにです。
ソロソロ一段落したのでXQDカードの再挑戦をはじめたところ、またまた怪事件が起こり始めました。撮影した記憶もないブルーセピア調画像の再来、露出補正の乱調、読み込み不全のためのメインスイッチの機能麻痺などです。連休が続くなか担当者を追いかけてのビッグカメラ通いが続きます。

長年にお付き合いのニコン担当者のカンで、今回は2回目のREXER・XQDカードを戦犯と特定し、最近発売されたSONY製XQDカードに全面切り替えることになりました。これが大当たりでシルバーウイーク前半のの電気的混乱は一挙にけりがつきました。こんなことなら前回のD500本体の交換は不必要だったのかもしれません。ニッシンストロボまで疑われてのドタバタ劇でした。まだまだ安心はできませんが、これでけりがついたらREXERはもちろん許せませんが、それを推奨してきたニコンも共犯です。

by my-pixy | 2016-09-23 11:08
2016年 09月 21日
水没事故から一ヶ月
f0103459_926087.jpg リオ・オリンピックの快進撃はあるものの、事実上初めてのカメラ無しの台湾旅行を翌日にして茫然自失の二日間でした。これまで数え切れないほどの旅行はしてきましたが、カメラなしの旅なんてありません。山に登るのだって頂上からの一枚が欲しいからです。ペンタックス6X7を持ち込んでのシドニーホバートレースが記憶に残る最大の事件でしたが、何とない予感で完璧な35ミリバックアップを用意していました。

3日間の台湾旅行をやり過ごしてからは、「修理不能」の回答は観念しながらもせめてズームレンズは!とか、SDカードは!などと未練がましく考えたり、診療室で後家になるリングストロボとマクロレンズの相手のことを考えていました。長い10日間ほどでしたがご宣託が下る前には腹はくくっていました。経済的負担は大きくなっても、D7000から、7100、7200と続いてきたシリーズと別れることで、不幸な事件も忘れようとしたのです。
操作系の複雑化で予想外に戸惑ったりもしていますが、D5姉妹機らしい確かな足どりも感じています。(マニアックと思われるでしょうがカメラらしいカメラです。)

by my-pixy | 2016-09-21 09:56
2016年 09月 05日
XQDカード
f0103459_8164344.jpg NIKON の一眼レフは、伝統的に一桁の数字をその時々のフラッグシップにつけてきました。多機種になってネーミングに行き詰まり混乱したこともありましたが、今回のD500もその系列のD5の姉妹機という位置づけで、兄弟分としての名前がつけられたものです。偶数が良いか奇数が良いかなどと、後から評価されるときも数字は拠り所になってきました。
 
 D5が現在のフラッグシップであることははっきりしていても、われわれの用途には高価すぎ、重すぎ多機能すぎてとても手に負えません。そんな中でフルサイズのD5の姉妹機であるD500に注目していました。D100、D200、D300と使ってきた親しみもありましたし、APSC(DX)のなかではこれしかないと思いました。長らく7000、7100、7200などで過ごしてきたのは結果オーライの使いやすさだったのですが、数字的にも今ひとつ愛着はもてませんでした。
 
 不測のできごともあり、終の棲家として今回の選択になりましたが、そこにはファインダー以外に、2つのカードスロットルの1つに、最初のデジタル一眼に使われていたマイクロドライブ的なXQDというメモリーカード復活がありました。SDカードの普及で安く高機能なメモリーカードはすっかり定着しましたが、あの安っぽさはいつになっても好きになれませんでした。どんなありがたみがあるのかはよくわかりませんが、1999年のD1時代を思い出してその復活に惹かれたのです。

by my-pixy | 2016-09-05 08:19
2016年 08月 30日
★★★保留★★★  Best camera for 口腔内写真 2016
f0103459_892566.jpgf0103459_11911.jpg リオ・オリンピックが終わって日本中が金メタルラッシュに沸き返っている中、私にだけしか評価されないかもに知れないデジタル一眼レフがニコンから発売された。大風呂敷にうんざりしたキャッチコピーも「世界はここまで、凝縮できる」と控えめだ。

 その第1はリングストロボ専用の口腔内写真には不要な内蔵ストロボを外して、そのスペースに視野角30.8度という見やすいペンタプリズムを搭載したことだ。(7000シリーズより一段上、FX機と同等のフィルムカメラの感覚が戻ってきた。)これだけでもD1以来悩まされてきたAPSC機の大きな欠点が解消したので万々歳。重量は100グラムアップしたが、殆ど失いかけていたカメラへの楽しみを少しとり戻した。その他にもISO100〜51200という高感度や、新画像エンジンEXPEED5、チルト型背面モニターなども使いこめば役立ちそうだ。
 
 ただ、写真=スマホという流れは変えられないので、どこまでの方に共感が得られるかは難しい。静止画の口腔内写真も大切にしないで、動画にうつつを抜かす人には無縁なBest of 2016だから念のため。この間カメラ本体は一度新品交換したが未だ思ったような結果をえられていない。ことを複雑にしているのは使用説明書で、機能満載に関わらずページ数は7100と同じでサイズは半分。当然言葉足らずで分かりにくいことこの上なく、索引なども不完全だ。
カメラ背面の液晶モニターだけでなく、本体上面の表示パネル、新設されたボディ周りの「infor」ボタン、「Fn2」ボタン、などを使用説明書と首っ引きで見る作業は、若い頃の数倍の苦痛だ。今日もリングストロボがらみで適正露出が得られず露出補正で混乱していた。多くの方に口腔内写真ベストカメラ
2016などと推奨することはとても無理だと思うようになってきた。

by my-pixy | 2016-08-30 09:00
2016年 06月 21日
ガサねた?
f0103459_1042242.jpg これまで続けてきた一眼レフによる口腔内撮影に取って代わるなどということではありません。小さくて軽い方が良いという方、写真はスマホで撮るものと思っていらっしゃる方への提案です。現物も見ていませんし使ってみたわけでもありませんが、もしかしたらこんなものが歓迎されるのかなというご紹介です。
LEDライト内蔵でマクロレンズ付きでミラーレス機で等倍以上も可能というのですから騙されても良いかもしれません。7月下旬ということですが、こんなかたちでミラーレス機が新しいシステムカメラに成長していくのかもしれません。
 ただ、キャノンのやること・・・・という不安もあります。
f0103459_13141528.jpg












やっぱりミラー撮影はおろか直接でもムリ!!!

by my-pixy | 2016-06-21 10:38
2016年 04月 16日
デュープのスタッフ達
f0103459_13133237.jpgf0103459_12595771.jpg デジタル前夜の1990年代、活躍したスタッフ達を総動員して、最後のデュープを楽しんでいます。

 大量処理を命題にした死にものぐるいの葛藤とは全く違います。遮蔽用の黒ビニールやルーペまで揃えて、一枚ずつをチェックしながらのデジカメ取り込み。フォーマットも今回は後から調整の必要がなさそうなので、RAWなしのJPGのみという身軽さです。500枚ほどを処理し、パソコン、4Kディスプレーなどのチェックを終え10人はどの基本ゼミ受講生ギャラリーの反応も確かめました。予想通りの反応で、部屋がもう少し広ければ80〜100インチ位ほしかったなという印象はぬぐえませんが、迷いながらの挑戦結果には満足しています。プロジェクターに変わってのセミナー用の用途には、ブログや単独の画像も簡単にひきだせますし画質も予想通りですから、相互方向のキャッチボールなど新たな展開が楽しみです。ここでは何といっても本人の記憶力が問われることになりそうです。

患者さんへの反応もそれとなく確認していますが、相手次第で多様なようです。旅行やその記録で作ったカレンダーを愛用して頂いた方からは、絵はがきサイズのカードのリクエストも頂いていますが、年齢的にも反応は今ひとつです。何のテレビか不思議そうにしていらっしゃる方もありますが、テレビ放送は一切映していませんし音声もなしです。スクリーンセイバーの流れに乗って頂くには時間がみじかいだけにバオバブに気づいて頂くのにとどまっています。

by my-pixy | 2016-04-16 13:00
2016年 04月 14日
最後のスライドデュープ
f0103459_16254842.jpg
 かってこのA4スチールキャビネット20段ほどに満ちあふれていたスライドはほとんどありません。しかし何回かに分けて進行させたデジタル化作業には一抹の不安を隠せませんでした。方法、その時点でのデジタル一眼レフの性能、そして多量作業に先を焦るばらつきなどです。今回の4Kディスプレーでは懸念していたその問題点が浮き彫りにされました。初期にデジタル化した画像は、最近のマダガスカルの画像とは比較できないのです。

もちろん年代としても1900年代のスライド経由というハンディキャップはありますが、これほどではないはずです。そんなこともあろうかと虎の子の少数のスライドはデジタル化後も捨てずに残しておきました。今回のテストを踏まえて、虎の子達の最デジタル化を始めます。今さらという気分もありますがそれを終わらせれば未練は残らないでしょう。大型連休の身の振り方も決まりました。左側の平積みのスライドの上に乗っているのが、スライドからデジタルへの過渡期に活躍した、オリジナル「4〜9枚合成スライド製作装置」製作は東京技研です。精巧にできた愛着あるこの装置も、今回が最後の舞台です。

by my-pixy | 2016-04-14 16:46