タグ:書籍・映画・テレビ ( 110 ) タグの人気記事

2018年 06月 20日
最高のプレゼント
f0103459_16501542.jpg どうなることやらと試合開始を待っていましたが、なんとなんと開始早々これ以上ないプレゼント。それに支えられてこれ以上ない滑り出しでした。全部見ていたわけではありませんが、予選のどのゲームよりも安心して見ていられました。監督も選手の人たちも辛いこの1ヶ月ほどだったと思いますが、様々なデータを払拭して、1点を取り返された後もあまり心配はしませんでした。まるで画像のモンスターが背中を押してくれているようでした。
 このペット・モンスター! 連れ帰ってから何年になるかも忘れましたが、久しぶりに入浴させてからから姿が見当たらなくなっていました。まさかこんなロングセラーになってご健在とは・・・・。

そのせいかサボっていたブログにまで驚異のアクセスでした。

by my-pixy | 2018-06-20 17:04
2018年 05月 01日
レトロスペクティブ
f0103459_9534063.jpg
f0103459_945146.jpg 5月のゴールデンウイークといえば格好のお出かけシーズンでしたが、10連休だなどというのに「こもりきり」になっています。自分のプレゼンに多忙なためですが、昔の資料を見直すにはこれまでにない時間で、それなりの楽しみにもなっています。
 ちょうど連休前から1970年代に入ってきて、こんな資料も出てきました。ナソロジー旋風が吹き荒れた直後でしたが、当時のわれわれにはこうした出版物が突然出現した背景はわかりませんでした。小さなパンフレットながら大きな話題になり、アルファオメガという書名は誰一人知らぬ人はない状態になりましたが、Periodontal Prosthesisという言葉はまだ耳新しいものでした。
f0103459_915291.jpg
 アルファオメガは大きな話題になり、何度か来日したMorton Amsterdamは著名人になりましたした。イニシャル・プレパレーションという言葉も急速に次第に定着し、ナソロジーに続く歯科臨床の大波も一段落して収束に向かっていくのですが、取り残されていたのはパーシャル・デンチャーでした。ちょうど1970年の大阪万博の時でしたが、64年の東京オリンピックに続くビッグイベントとして正確に記憶しています。[すれ違い咬合]元年でもあったからです。

by my-pixy | 2018-05-01 09:09
2018年 03月 06日
ノーベル賞より早かった
昨年の暮れのノーベル文学賞にはびっくりしました。全部は読みませんでしたが3作は読んでいましたから、慌てて丸善、ブックセンターなどということにはなりませんでした。来日の際のテレビも全部見ていましたから、作品の理解にも役立ちました。そして このことがその後の福岡伸一さんの著書の理解にも役だったので、イニシャルプレパレーションや二次固定への流れにも役だったと思います。
f0103459_15235592.jpg

 

by my-pixy | 2018-03-06 14:39
2017年 08月 25日
井上 靖「氷壁」画集
f0103459_11101222.jpg
f0103459_1557588.jpgf0103459_15573270.jpg 昭和33年朝日新聞に連載された井上 靖「氷壁」の挿絵として書かれた水彩画集が出てきました。当時かなり話題になったもので、小説もいろいろ話題になりましたが、特に毎日の挿絵は楽しみでしたので飛びついたのを覚えています。
著者と上高地や、涸沢に出かけられた後日談も出ていて、良き時代が偲ばれます。ちょうど30歳になったばかりの頃でした。
古い小説をめぐって話題の取り合いになりましたが、本家の方は画集のご紹介でしたが、幸い実物はこちらに残っていましたので、画集の方の追加をアップしました。横長の形態などに手こずって半日仕事になってしまいました。(穂高をめぐって物語は展開されるのですが、なぜか3枚目の見開きは赤倉観光ホテルです。小説との関係がどうなっていたかはよくわかりませんでしたが、当時日本国内では非常に印象深いスキー場でした。)

by my-pixy | 2017-08-25 16:00
2017年 07月 01日
次は臨床歯科を語る会!
f0103459_15125011.jpg 私個人にとって今年最大のイベントが終わり、二日ほどゆっくり眠りだいぶ回復しました。今年の語る会では特に仕事もないので気楽なのですが、初回もぐら塾の積み残しや、執行部が交代する来年のもくあみ会のことを考えると息は抜けません。自分は一件落着すれば毎日SUNDAYですから時間的余裕はたっぷりいわけにはゆきません。
 話は変わりますが、今年に入って歯科雑誌の進路が次第にはっきりしてきたような感じがします。あいも変わらず分厚さだけを誇っているもの、衰退の一途で息も絶え絶えなもの、自社の歩んできた道筋を振り返り、その延長を模索しつつあるものなどです。その反復がゆっくりですが新たな紙面づくりにつながってきているような気がします。仲間内で話していてもその兆しを感じているのは私だけではないようです。ばかばかしいような広告ページもずいぶん元に戻ってきたようです。残るは無駄な用紙の選択を適正化していけば「厚くて重い」という批判も脱却できるのに、あいかわらず写真プリント用のような厚紙志向は広告主へのアッピールでしょうか。雑誌は雑誌、年月をかけて緻密に作られた成書と、座談会とは同じにはならないことをご存知なのは編集部のはずですが。

by my-pixy | 2017-07-01 11:16
2017年 05月 11日
フンデルトワッサー
f0103459_10272644.jpg
 リンクのついたブログをサーフィンして歩いていたとき思いもかけない名前に目がとまりました。フンデルトワッサーです。繪も生き方も不思議きわまる人で、ポスターは長いこと壁面を飾ってきましたし、こんな大きな画集も誰にも渡さずアジトにも連れてきました。ジョギングのついででなくいつかゆっくりお話ししましょう。

f0103459_10203320.jpg

by my-pixy | 2017-05-11 10:44
2017年 03月 29日
手仕事の医療・評伝 石原寿郎
f0103459_8522059.jpg 長年音信不通だった人が突然、思いもかけないお土産持参で現れました。石原先生の評伝ということどんな内容だろうと関心はもっていましたので、久しぶりの長話になりました。懐かしいお名前の出てくる評伝を暫く読んだ後、同じ頃、鈴木文雄先生にこれも読んだ方がよいよと頂いた書籍のコピー「補綴と生物学」で懐かしい石原先生の文章を読み返しました。石原先生が補綴学に取り組まれる前に、歯周病学から入られたことを知っておきなさいということで頂いたコピーでした。

 分担執筆のなかで石原先生は「補綴物の生物学的要件は結局のところ、次の二つに帰着する。第1は、形態および機能を正常な状態に恢復すること、すなわちrestorationであり、第2は、かくして恢復された状態を永く保持し、歯牙口腔の健康を維持増進すること、すなわちmaintenanceである。この両者を満足して始めて生物学的に正しい補綴物ということができるのである。」と書かれていますが、他の章では3/4冠、ピンレッジのことだけを書かれていますが、まだ咬合についての言及はありません。まだその前夜だったからでしょう。
 一方、歯周疾患に関する研究の歴史には広く触れられ、歯周膿漏なる名称はいろいろ議論があるように見受けられるが、われわれ補綴学的な立場からは歯肉炎、辺縁性歯周炎、歯周症の3者を考えればよいであろうと述べておられます。
f0103459_815890.jpg

by my-pixy | 2017-03-29 08:54
2017年 02月 23日
書籍は静岡へ
f0103459_933668.jpgf0103459_97506.jpg
 静岡館長が平日1日を返上して中古書籍と挌闘して、ダンボー-ル16個を発送してくれました。最初はもう少し大型の段ボールで始まりましたが、若さとはいえ持ち上がらず、詰め替え作業に転じた頃の様子です。昼食はアボカドのリゾットで一息いれたあと、得意の休憩もなく汗をかきまくって奮闘する姿には頭が下がりました。

ただ道は半ばです。到着した段ボールの整理もあることご苦労様です。

by my-pixy | 2017-02-23 09:12
2017年 01月 01日
第九
f0103459_15521081.jpg 正月は家にいない生活を送り続けてきたせいで、有名な「第九」をきちんと聞くことはありませんでしたが、昨夜は始めから終わりまで息もつかさず見入っていました。
 さまざまな解説や紹介も驚くことばかりでしたが、何よりも100人からの楽団員すべてにピンポイントの視線を送りながら、指揮者として至上の時を過ごしておられる89才には脅威を感じました。まだまだかけ出しだ!言われ続けているような2時間でした。

by my-pixy | 2017-01-01 16:06
2016年 12月 16日
投影画像4:3か16:9か
f0103459_9562953.jpg もぐら塾を間近にしてプレゼン準備に忙殺されています。新しい画像も製作する必要が出てきてこれまでのスタンダードを変更する必要がでてきました。すでに大会場での講演会では16:9が優勢になってきているようですが、私自身は2000年のデジタル化以来、自分のスタンダードとしてXGA、UXGAなど、どのサイズを撰ぶべきかに腐心してきました。その出発点は35ミリがどうなるか不安の中、サイズの大小が問題で、DXかFXかに関心はあっても、縦横比率にはあまり問題にしていませんでした。合成画像もでプロジェクターの選択もその延長線上で考えていました。

 しかし画像の指導権を握っていたカメラの衰退とスマホの躍進は、「ライカ版36×24ミリ」というスタンダードをどんどん過去のものにしていたのです。自分自身でもテレビもパソコン・ディスプレーも横長にしながら、画像サイズのスタンダードは見直しをしてこなかったのです。液晶プロジェクターに愛想をつかして4Kディスプレー導入しても、費用とサイズで50インチか60インチかということしか問題にしていませんでした。

 しかし取り付けられたテレビは当然16:9ですし、気がついてみればあのキーノートというソフトも、新規作成の画面は「標準とワイド」が選択できるようになっています。先進的にプロジェクターを使わないプレゼンテーションを謳いながら、やっていることはチングハングという始末です。貸し会議室を転々とするスタディグループと、移動しない会場を前提とするイベントでは、考え方を変えなければならないはずなのです。 このことに気づいて大幅な改革が必要になりました。パワーポイント的な生まれ育ちを嫌っている暇はないのです。せっかく液晶プロジェクターの枷を取り払ったのに、画面の両端を遊ばせるなんて冗談にもなりません。

by my-pixy | 2016-12-16 09:56