人気ブログランキング |
タグ:海外旅行 ( 99 ) タグの人気記事

2014年 05月 11日
1964年・$500と¥30000の旅
1964年・$500と¥30000の旅_f0103459_841854.jpg
 考えるところあって50年前の旅の日記帳をブログに連載することにしました。当時は8ミリムービーに熱中していたので静止画像は多くありません。そのためどちらかというと文字主体になります。長くなったらHPの方に移動するかもしれません。1ドル360円時代の貧乏旅行でしたが旅の相棒は同級生の須佐美康治氏です。原文を尊重し訂正は最少に止めました。

 学生時代からパスポートなしで行ける海外旅行だなどといって、ニセコにスキーにいったり、本土返還になった奄美に出かけたりしていました。ヨーロッパのスキー場のパンフレットなどは貴重品のように取り扱っていました。1950年代に入るとトニーザイラーアルペン3冠王、猪谷千春のアルペン入賞、自分自身のスキー連盟指導員などが続いていました。

 時を同じくして歯科臨床の方ではタービンやエアーモーターが導入されて、長い間歯科用ユニットのてっぺんに鎮座していた電気エンジンが消えて座位診療への移行が始まりました。診療室の設計は抜本的に見直されることになり診療システムの変革が急速に進み始めました。1964年東京オリンピックは社会全体の変革の節目でもあったのです。 こうした流れのなかで1967年に新築移転を控えていたわれわれは、情報収集と技術導入のラストチャンスを迎えようとしていたのです。

 ようやく訪れた海外渡航には総力を挙げて、仕事から遊びまでどん欲に取り入れたいと正月休みを延長して欲張った計画を立てました。カメラは3台、重量制限でスキーのビンディングは外してコートのポケットにいれるなどしてワイキキの浜を歩き、サンフランシスコ、ロスアンジェルス、ニューヨーク、ボストンを経由し、コペンハーゲンからスイス、オーストリアのスキー場を巡り、最後は南回りでバンコック、シンガポールで途中下車して、1964年クリスマスから翌年1月末までの40日間でした。吞みすぎだ、睡眠不足だ、と泣き言はしばしばでてきますが、何とか無事帰ってこれたのは33才という若さだったからでしょう。
1964年・$500と¥30000の旅_f0103459_8251986.jpg
 上の画像は当時もっとも影響を受けた小田実、スキーの片桐匡さんの著書と、最後のポスト型のユニットとなったCenntury unitと先端を走り始めたスペースラインで模索していた仮オフィスです。長期休暇が取りやすいこと、スキーをしたいことで躊躇なく暮れから正月を選びましたが、このことが様々なネックになって目的遂行をさまたげることになりますが、タイミングだけはベストでした。
タグ:

by my-pixy | 2014-05-11 12:08
2013年 02月 01日
2月  ベネチア 
 2月  ベネチア _f0103459_841374.jpg 少し季節は早いのですが、病院通いなどが多かった今年の1月が終わってほっとしています。そんなせいでこんな写真が出てきました。
 実際には5月の連休のことで一泊しかしていませんが、何となく目に止まったのはこのところの気分に合ったからかもしれません。体勢は整ったので今年の連休にはなどと思っているからでしょう。もちろんスライドからのデジタル化ですが、症例写真はほとんど処分しても旅のスライドだけは、そのままファイリングキャビネットに入っていますし、カレンダー製作もあってパソコンにもたくさん入っています。月替わりの記事は彼らの出番です。
タグ:

by my-pixy | 2013-02-01 08:58
2012年 12月 01日
ホバート   1972
 ホバート   1972_f0103459_13491847.jpg 最近はすべての事情が変わってしまいましたが、かつては世界各地に伝統と歴史を誇るヨットレースがありました。クリスマスにシドニーをスタートし新年にホバートにフィニッシュするレースはそうした中の一つで、ホバートの港では地元の舟をすべて退避させてレース参加艇を受け入れます。町の人達はヨットのマストが立ち並ぶ情景をお正月の飾り付けのように楽しみにしているようでした。
 1972年日本からも参加するヨットがあり、その観戦をかねてオーストラリアに出かけました。
タグ:

by my-pixy | 2012-12-01 09:41
2012年 09月 01日
9月・ 遠くへゆきたい
9月・ 遠くへゆきたい_f0103459_19541593.jpg
 新しいカメラも手にはいったし、たまには新幹線以外にも乗ってみたいものと思っていたら、ドイツ経由で帰ってくる人、海外からのメール、沖縄クルージングのお誘いなど、どどっと良い風が吹いてきました。
夏休みでしばらく放り出していた語る会事後抄録、今夜にでも片付けて身辺を整理しておかなければなりません。
タグ:

by my-pixy | 2012-09-01 19:44
2012年 08月 01日
フィヨルド
フィヨルド_f0103459_7523892.jpg8月、ノルウエーフィヨルドの町。この二人は民宿の兄弟で、釣りの仕掛けに熱中していました。1997年のことでしたがフィヨルドを巡ってヨーロッパ最北端ノルドカップを目指していました。
タグ:

by my-pixy | 2012-08-01 07:48
2012年 07月 01日
7月 撮影地不明 ネパール
7月 撮影地不明 ネパール_f0103459_15491570.jpg オリジナルが Penta 6×7 であることは分かっていますが、ポジネガ両方を使っていたこともあり、その後のデジタル化もあってもはやインドかネパールかもはっきりしません。動物の種類からすればインドの可能性ありなのですが、先月の画像と一緒になっていますからポカラの帰途だろうと思っています。

 そんなことよりもあと一週間、何度も組み換えて頭がグシャグシャです。一番の悩みはエンディングをどうするかです。
タグ:

by My-pixy | 2012-07-01 16:06
2012年 06月 01日
6月 ポカラからの帰路
6月 ポカラからの帰路_f0103459_16362821.jpg 1975年のことですが、ヒマラヤ連峰を見ようと空路ポカラにゆき、帰りは陸路タクシーで帰って来ました。車はポンコツ、峠道の高低差は大きくなかなかの迫力でしたが、一人旅でもあって印象に残る光景には出会いました。

 ヨーロッパのアルプスを見た後でも、7000〜8000メートルで高さが倍になることは、ボリュームは8倍になるわけで、突然現れるこのような想像以上のシーンに感動しました。
タグ:

by my-pixy | 2012-06-01 16:15
2012年 05月 01日
チロルの片隅で  5月
チロルの片隅で  5月_f0103459_1394776.jpg オーストリアの片田舎で見かけた看板です。英語読みにしても何屋さんかは分かりますし時計の文字盤に散りばめられたチロリアンハットからは、ショーウインド-以上のものが伝わってきます。こうしたディスプレーを作ってくれる職人さんや、発注する人が共に生活している村は、どんなにか住み心地がよいでしょう。

 30年前の写真ですガきっとまだ動いていると思います。次々生まれる大型ショッピングモールが地元の商店を潰していく日本とは何かが違います。
タグ:

by MY-pixy | 2012-05-01 13:27
2012年 03月 01日
3 月 ザルツブルグ郊外
3 月 ザルツブルグ郊外_f0103459_7412457.jpg たった一日か二日のことなのですが、昨日の淡雪もあったりして突然3月になったような気がして、あわてて月初めの写真を探しました。マイカレンダーが無くなった影響はてきめんでこれからも月の変わり目はばたばたしそうです。
 この写真、われわれのスキーのインストラクターでもあったヘルマン・ヘルツォークさんの生まれ故郷オーストリアのマリア・アルムです。何度か訪れましたしここから連れ帰った木彫りのチロリアンとはずっと同居しています。

 
タグ:

by my-pixy | 2012-03-01 07:24
2012年 02月 01日
2月 アベイロ  
2月 アベイロ  _f0103459_8161769.jpg カレンダーがなくなったので、つい月の変わり目を忘れてしまいます。

 昨年、迷いながらも終わりにするのを決めたときブログの雰囲気が変わることも懸念していたのですが、果たせるかなこの一枚がないことはやはり重大です。
 やはり何とかして続けなければなりません。
 さいわいカレンダーには落選した写真はありますので何とかなりますが、少し先の分まで用意をしておかないと切羽つまってしまいます。これは1980年代のポルトガルですが、最近テレビに登場してくるのを見ていていても、あの、サウディサウダージュという言葉を思い出します。
タグ:

by my-pixy | 2012-02-01 08:17