人気ブログランキング |
タグ:社会・生活 ( 206 ) タグの人気記事

2019年 06月 24日
夢と野望の人生・嘉納治五郎
f0103459_8595239.jpg現在は2020年の東京オリンピックの話題でいっぱいですが、私にとっては何といっても1964年の「東京」以上のものはありませんが、そんな時代の人間にとっても幻に終わった戦前のオリンピックは気になる話題でしたが、テレビもなかった当時、あまり目にする機会はなく、太平洋戦争に突き進んでいく悲劇ばかりが報道されていました。
 この番組では、そんな最中に柔道を世界に知ってもらうことに精魂を傾けた嘉納治五郎の晩年にフォーカスを合わせていました。すでに70歳を超えて2回のヨーロッパ渡航は容易ではなかったと思われ、2回目の帰途に亡くなられたとのことでした。

余談になりますが、ベルリンオリンピックの記録映画をまとめたレニ・リーフェンシュタール(当時36才)は、戦後、戦犯容疑で逮捕投獄され苦しい日々を過ごすことになります。しかし54歳にしてアフリカに渡り写真集「ヌバ」を出版し世界的な大反響を起こしました。

by my-pixy | 2019-06-24 08:54
2019年 06月 01日
200年回顧
ブログが具合悪かった間にあれこれ思案を巡らし、歯科臨床はこの200年あまりの間に何を解明したのかを考え直して見ました。私が臨床に入ってきた当時、歯科臨床の第一線にいらした大先輩が明治から大正にかけての方々で、その足跡を辿ることで1800年代末期に落ち着きました。これ以前となると義歯はゴム床で平線咬合器もなく文献的にも見るべきものはありません。
f0103459_12194375.jpg
 
 200年という年月は歯科医の職業寿命にもまつわる大きな問題ですが、戦争という断絶も含め、咬合というテーマが歯科臨床に取っていかに重すぎる課題であったかが、Gysi,マッカラムなど歴代の大家の足跡からも良くわかります。不遜な言い方を許されるなら、「歯周病」と「咬合」は歯科臨床のパンドラの箱だったのかもしれません。時間軸を変えて見直すと、無歯顎・有歯顎と咬合にまつわる諸問題はその難しさがはっきりします。

by my-pixy | 2019-06-01 09:11
2019年 05月 26日
大相撲の大混乱も一段落
f0103459_1441338.jpg予測できない出来事続きの春場所大相撲も14日目でどうやら一段落。千秋楽を前に賜杯の行方も「平幕の朝乃山」に決まってやれやれですが、トランプが帰るまではまだ安心はできません。
それにしても昔からの大きな組織で、場所ごとに様々な事件も起こる中、よく対応していくものだと感心しています。年数回、場所ごとに主力メンバーが集まったり、伝統の部屋別の構成が、形骸化していないからでしょう。
今場所だけを見ていても、新旧交代などを中心に様々な大事件をに直面しながら、しなやかな対応ぶりに驚かされましたが、来場所に向けての楽しみも増えました。


by my-pixy | 2019-05-26 12:12
2019年 05月 24日
ブログのお疲れ
f0103459_945468.jpg基本ゼミに絡んで昔のブログなどを再掲載したり、お友達の記事を借用するなど色々酷使したせいかストライキをおこされてしまいました。昨日はそれでやむなくキーノートの仕事などを始めましたが、今度はここでもストライキ、泣く泣くAppleCareのご厄介になったりしていました。千秋楽間近な大相撲も大混乱で、毎日取組編成会議もグシャグシャになっているようです。
米中貿易戦争も収まりそうもありません。EU問題も大詰のようですしどこを向いてもすっきりした話はありません。

by my-pixy | 2019-05-24 09:06
2019年 05月 06日
小さな伝記
f0103459_8515196.jpg若い頃ならともかく今頃10連休などと言われてもどうすればよいのだ!仲間内で繰り返された会話でしたが、どうやら間もなく終わろうとしています。

結局、古いブログをかき回したり、書棚から昔の本を引っぱり出したりしただけなのですが、それで日々が過ごせたことには何よりでしたし、多少の片付けにもなりました。

今日の話題は古き写真の話題ですが、歯科医だった緑川洋一さんなどとも交流があり、日曜美術館などでも何度か取り上げられ、近年故郷の鳥取に美術館もできたようです。ほとんどの写真が鳥取砂丘をバックにした家族や知人の記念写真風なのですが、それでいて何とも言えないほっこりした感じの写真を、手をかけて撮り続けたふしぎな写真家でした。

by my-pixy | 2019-05-06 08:52
2019年 03月 12日
仮設住宅と復興住宅
f0103459_8152158.jpgこの一週間は様々な3.11関連の番組を見ていますが、中でも最もショッキングなのはこのニュースでした。数年前にできた応急的な仮設住宅では、不自由ながら昔の人の繋がりが取り戻せていました。

 ようやく最近になって立派な復興住宅に入居できたのに、記事の赤線のように孤独死が急増しているというのです。さらに予想される単身入居者の訪問をしたくても「個人情報保護」のためにできず、発見が遅れるというのです。隣近所との付き合いも管理組合の見回りもできない悲劇です。

 万里の長城のような防潮堤が張り巡らされ、その内側にはかさ上げされた広大な平地が作られても、予定された方々は僅かしか戻られていません。そのうちの1〜2のお友達の元に人は集まり、夕方にはそれぞれの家に戻られるという姿も気になりました。そろそろ10年になろうという年月の重みでしょうか。
 さらに驚いたのは大半の欧米諸国ででは、太陽光、風力など自然エネルギーで電力消費はまかなわれ、化石燃料に依存しない状況が確立しているとのことです。福島の廃炉も重大問題ですが、少なくともそれ以外の原発再稼働などは馬鹿げた電力会社と政治家の癒着でしか無いようです。狭いとはいえ日本でも、過疎地を利用して自然エネルギーの循環だけで、日本の電力供給は心配ないのです。

by my-pixy | 2019-03-12 08:15
2019年 03月 03日
仙人の陶芸展示会
f0103459_11321353.jpgf0103459_14401370.jpg先週は一週間、京橋で矢倉沢仙人の作品展示会がありました。わがアジトの目と鼻の先なので日参していました。

上の写真は今回のお気に入りの新作ですが、下の写真の展示台になっているのは、待合室のコーナーに長く住み着いていた、スペイン渡来の家畜の餌箱です。

これからは仙人の工房に移住することになりましたが、先日はクマも出たそうでちょっぴり心配です。

by my-pixy | 2019-03-03 14:24
2019年 01月 30日
アジアカップの1枚とラオス地下洞窟
f0103459_12184330.jpg時差でちょっと辛い時間帯でしたが、待った甲斐があった瞬間でした。しかしテレビではこれほどのショットとは分かりませんでした。二人の対決とサッカーボール、漫画でもこんな完璧なシーンが描けるでしょうか?。ということで、このところはコンビニで新聞を買うことにしています。カメラマンの名前を明記するこの新聞社のスタンスがこの一枚を紙面化したと思うからです。同じスポーツ欄で、横審はご意見番果たせているか!と痛快です。

今夜は待望のラオスが夜9時からNHK.BSプレミアムです。NHK番組予報にも気合が入っているようで楽しみですが、地下洞窟の話ばかりでなく、前回放送のようにメコン全域のことにも触れて欲しいものです。

by my-pixy | 2019-01-30 12:20
2019年 01月 27日
大坂なおみ・天声人語から
f0103459_1340516.jpg

日本レベルでは相撲も大詰めでしたがこちらは世界規模。しかも2時間ほどのゲームの中にはテニスだけではないドラマが山積していました。あと2ポイントに迫ってからのまさかの大ブレーキ!!。テレビの前でも声を出したくなる連続で、スイッチを切ろうかと思った瞬間さえ続きました。
しかし今になればあれがなければ、つまらないゲームだったかも知れないとさえ思えてしまいます。サッカーなどでは分からない一人のプレーヤーの心理を、これでもか!これでもか!というほど見せてくれました。

by my-pixy | 2019-01-27 10:43
2019年 01月 07日
NHK、ユージンスミス再放送
f0103459_13203443.jpgアジトにも来客多数で賑やかな新春の1日でしたが、始まりは何といってもタイトルの再放送でした。
昨年、生誕100年ということで、東京都写真美術館でも展覧会、講演会などのなど数々のイベントがあったようでそれらの資料も取り込んで素晴らしい番組に仕上がっていました。(この画像はその後私の本棚の奥から発掘されたものですが、この時何にのめり込んで購入したのかわかりませんが、多分愛読していたアサヒカメラの影響だったでしょう。)

 最初の放送も感動的でしたが、その時の2時間の放送を1時間に短縮し、さすがNHKBS!という素晴らしい編集でとても「再放送」などというタイトルではもったいない1時間でした。この間別資料などを発掘したり、購入したりして備えていましたが、それらを総て吹き飛ばすような緊迫の1時間でした
いつもこんなことはできないでしょうが、再放送にこれだけ手をかけられるとしたらBS本放送は恐るべきものです。沖縄戦を前に米軍が急遽建設した普天間などの写真を安倍内閣の官房長官などは見たことがあるでしょうか。米軍上陸前の静かな農村の佇まいと、その直後に続く悲惨な変貌を一目見たら、いま普天間移転のためという名目だけで、埋め立て工事強行は許せない地元沖縄の人たちの
気持ちが痛いほどよく分かります。
ユージンスミスは「ライフ」などでも仕事をしていた筋金入りのカメラマンでしたが、戦場で2眼レフを使っていたりして半端ではない情熱を感じます。時々名前が出てくる当時の著名カメラマンには、この人も!というよう名前がでてきますが(カルテイエ・ブレッソン、サルガドetc)いずれもグレースケールで素晴らしい画像を残された方々です。

by my-pixy | 2019-01-07 09:33