タグ:義歯の機能とかたち ( 166 ) タグの人気記事

2018年 09月 28日
欠損は大臼歯咬合支持喪失から剪断不全へ・その時義歯は
f0103459_14504893.jpg
アイヒナーの分類などに見るまでもなく、欠損歯列の始まりは大臼歯の咬合支持の喪失に始まることには異論がないだろう。その後はペリオの進行が推移を決めることが多いが、小臼歯、犬歯に欠損の範囲を広がってしまうと、咬合支持だけでなく前歯部での剪断にもことを欠く事になる。
 この間に欠損補綴も姿形を変え、SBRに配慮し、本来の歯列の温存に努めても、機能の保全は次第に困難になる。画像はその全体像を多角的に表現しようと試みたものである。その詳細は近著「補綴臨床の60年」に網羅したが、この画像はその総目録とも言えるもので、両者を対比しながらご覧いただくことで、全体像を理解して頂きやすくなるのではないかと期待している。次の機会は11月25日のモグラ塾の予定だが、欠損歯列の分類などとも関連づけて展開したいと思っている。

by my-pixy | 2018-09-28 14:50
2018年 09月 25日
インプラントは杖?
f0103459_16154135.jpg昨日まで臨床基本ゼミの欠損歯列のパートでした。4人の若手と一緒に広範な話題を分担し受講生からの症例相談も加えて長い二日間でした。事前の相談では火曜会などの場では決して登場しない23才の欠損症例も参戦し、その対応にも苦しみましたが、当日のプレゼンでも異彩を放ち、術者は「23サイ」というニックナームで可愛がられることになりました。これまでのセミナーでの雰囲気を感じとってかインプラントのケースはほとんどありませんでした。画像はそれにダメを押そうとしてか、講師側からのリクエストで私のプレゼンに追加された5年ほど前のものですが、スライド製作時よりよりも確信を持って受講生の方たちに提示できました。
一方この2ヶ月ほど苦しみ抜いているエキサイト・ブログの改悪はどうにもならないところにきています。この方向で進まれるなら・・・・と背水の陣でお付き合いをして見ましたがどうにもならずボロボロの旧タイプに戻しましたが、それが打ち切られるなら10年余のお付き合いもこれまでということになるでしょう。

by my-pixy | 2018-09-25 09:59
2018年 09月 21日
欠損と補綴の始まり
連休は最近の若手を相手に基本ゼミですが、1960年代に始まった私の補綴とのお付き合いを見直す良い機会にもなりました。右側にある赤いTYLMANのTheory and practice of crown and bridge prosthodontics Fifth Editionは、私の総てのスタートになった忘れられない一冊です。1000ページ余にわたる全文を翻訳したいなどと、とんでもないチャレンジを続けた日々のことも忘れられません。
f0103459_17535945.jpg
その中でも総てのスタートラインになったのが、右側に書き込んだアンテの法則です。スライド自体は昔のものですが、延々と続けてきたブログのタグ義歯の機能とかたちのルーツもここにありました。簡潔にFixed とRemovalに分割しただけの英文のPartial dentureには初めから負けているようです。欠損補綴に関心を持ち原稿に書籍に何度もパーシャル・デンチャーという言葉をタイトルに使いましたが、毎回その文字数の多さとそれに代わる日本語が見つからないことに苦しんできました。

by my-pixy | 2018-09-21 18:01
2018年 09月 12日
2018基本ゼミ・症例検討会
f0103459_1434512.jpg いよいよ来週末から、今年の基本ゼミの後半戦「欠損歯列の処置方針・見方」などといった話題に入ります。すでに受講生の方々には宿題提示が依頼されており、それに沿った症例提示が行われる段取りは進んでいます。しかし受講生側と主催者側との間には大きな断層が広がっており、どうやってそれを埋めて行けだ良いのかは震災復興なみの難しさです。昨夜も火曜会で同じようなケースプレの後、ディスカッションが深夜まで続きました。担当医の目を通して患者さんの主訴や反応の後、治療のステップも細かに説明され、いつものメンバーがらの質問も繰り返されましたが難しさは残りました。何を言いたいのかお分かりにならないでしょうが、例え話でお話しするとこの漁師のおじさんです。この人「補綴臨床の60年」の表紙の漁船を操船している愛すべき人ですが、シャイでなかなか顔を見せてくれません。この写真は漁船の左側の窓からの一瞬です。陶芸作家和唐さんの人柄が偲ばれるスナップですが、この人がいるので今回の表紙登場に登場してもらったのですが、しかしそんなこと伝えられませんよね。 プレゼンで患者さんのことを伝えるのに、そんな工夫が必要な時もあります。「星の王子様」のキツネのように。このところパソコンやブログに振り回されて痴呆が進んでしまって・・・・本来の内容はまたあした!。

by my-pixy | 2018-09-12 12:20
2018年 09月 03日
アンコール
f0103459_13594773.jpg 夏も過ぎ少し時間も空きましたが、前回のアンコールをかねパーシャル・デンチャーに特化したお話しの機会を予定しています。 いつもの「もぐら塾」に準じた日曜日1日のセミナーで、午後の半日は症例相談を予定しています。 また臨床歯科を語る会の時に製作した事前抄録の販売も企画中ですので、ご入用の方は同じメールにてご連絡ください。こちらはレターパックにて事前に郵送いたします。フルカラー125ページで5000円です。 午後の時間はこれをテキストに追加画像も含め進行の予定です。特に臨床歯科を語る会で反応が多かった、インレー、ピンレッジなどの話題を予定しています。 また様々な話題で切れ切れになってしまったアタッチメントからテレスコープに移行してゆく流れや、最近話題になることが多い少数残存症例の二次固定についても、分かりやすくお話しできるのではないかと思っています。 高齢者の患者さんに快適なパーシャル・デンチャーを使って頂くために、今後ますます必要性の高まる領域になるはずです。

by my-pixy | 2018-09-03 16:05
2018年 03月 27日
10年を経てようやく思いついた新書名だが
f0103459_14475649.jpg 年齢のせいで頭の回転がすこぶる悪くなり、出版時にはどうしても思いつけなかった書名に10年を経てようやくたどり着きました。ブログのタグ名では一歩進歩していたのですがまだまだでした。このところもくあみ会などで散々いじくり回されてもぴったりきませんでしたが、「インプラント」という言葉を使わないこの書籍で言いたかったことが突然浮かびました。書籍原稿前段の部分で強調したかったことは可撤性であっても動かない補綴ということでしかなかったのに、出版社とのゴタゴタの中で曖昧なまま締切になってしまったのです。
 
 お買い上げいただいた方には大変申し訳ありませんが、表紙の赤字を黒マジックででも塗りつぶしていただければ大変幸せです。背中の赤文字ぐらいになればわれわれの思いに近づけそうです。遅ればせながら、もぐら塾、臨床歯科を語る会などのラストチャンスを通じて申し開きはさせていただきます。もともとはFixとRemovalで分けられていた英文に戻っただけと言ってしまえばそれまでですが、歯周補綴、一時固定、二次固定、などとの使い分けもスッキリするように思います。

by my-pixy | 2018-03-27 08:02
2018年 03月 02日
間もなくもくあみ会 in NIIGATA
 月が変わって間もなく新潟もくあみ会です。こちらはインプラントと欠損歯列を巡って混迷が続いてい流ようです。総合タイトルには「欠損隣接歯が弱体化している局面」という枠がかけられましたが、
それでも明確に決まらず「隣在歯が弱体化・・・」というサブタイトルもついています。

 一口腔単位では決められないから、片顎もしくは部分的に視野を絞って話をしようということです。
上顎か下顎かが決められないなら、1本でも弱った歯を見つけてそれを軸にものを考えようということですから、すれ違いや偏在への対応を最優先してきたわれわれとは正反対のスタンスです。

 これを臨床経験の差と捉えることもできますが、私は術者側の問題ではなく患者サイドから考えるしか歯科臨床の実力は煮詰まっていないと思います。インプラントの30年は動乱と混乱の歴史だったことを思い出すべきでしょう。生き残ったのは過剰な埋入が大半だったはずですが、これを成功例として
カウントしたらとんでもない結果になります。
 最も大切なことは、その患者さんの流れがどうであったかということとと、その流れをどれだけ食い止めることができたかということです。それを知るためには初診時の推論と、その後の経過観察をおいて
他にはないはずです。
 この30年余りの間に数々の予測しなかったトラブルを経験しました。インプラント体の強度が不明であったことや、術前の状態と術後の経過を継続的に捉えられないことも大きな壁でしたが、70歳、80歳という患者さんの加齢が、相乗的に重なったことも評価を困難にしました。

f0103459_1320577.jpg


by my-pixy | 2018-03-02 11:26
2017年 12月 06日
6ヶ月ぶりのチェアサイド・技工士
f0103459_13342411.jpg久しぶりのチェアサイドでの技工作業。口腔内写真も久しぶりで、手が震えてカメラが安定しませんでした。6ヶ月のブランクを思い知らされる2〜3時間でした。
3人の患者さんそれぞれの問題を抱えてえいらっしゃいましたが、なんとかそれぞれに対応することができたことは幸いでしたが、今後のことを考えると難問もあり、長期経過に対応することの難しさを思い知らされるばかりでしたが、皆さんがパーシャル・デンチャーのユーザーで、複数の義歯をお持ちだったことは不幸中の幸いでした。

by my-pixy | 2017-12-06 13:34
2017年 10月 12日
下顎少数前歯残存
f0103459_12303832.jpg 今年の臨床歯科を語る会でも、どの部位が無歯顎化することを防ぐべきかというような話題が、クローズアップされましたが先日の救歯会を囲んでのプレゼンでも、冒頭の壬生、苅谷の先生の発表は、下顎前歯部の少数残存歯の経過観察でしたが、1本のインプラントを巡ってその対応は真っ二つに分かれていました。

 インプラントの功罪に的を絞った私のプレゼンの後、懇親会の席上でノートパソコンを広げられた斎藤先生の周囲に人だかりができました。話題は患者さん67歳から80歳までの経過で、やはり富士山のように長い裾野をひいた下顎前歯部の顎堤の姿が印象的でした。私にも一症例ですが手こずった経験があるので会話に加わり、近日中にあらためて少人数でミーティングをもつことになりました。こういうハプニングがスタディグループの楽しさです。

 数日後、15名ほどのメンバーが再会し、斎藤先生に先日の2症例の詳細を話して頂きました。淡々とした口ぶりの中に高齢者の少数残存症例の推移やインプラントに対する思い入れなどがちりばめられていて、共感すること多いプレゼンでした。私は準備していたデータを取り違えるなどの一幕もありましたが一週間前の続き番組と、十数名というコンパクトさに救われ、ほぼ全員との対話で相互理解は一歩深まったようです。


f0103459_10365225.jpg 初めから仕組んだわけではないのですが、少数残存症例の歯列改変を巡ってインプラントや移植の功罪にスポットが当てられた二日間でした。主役ではありませんが私の「支台歯として機能した智歯」というプレゼンも20年経過の複数ヒストリーとして参戦できたと思っています。
 セミナー前段ではスポットライトを浴びていたインプラントが、プラス1のプレゼンターとともに静かに去っていくというドラマは「パーシャル・デンチャー新時代」の著者としても本望でした。

by my-pixy | 2017-10-12 11:09
2017年 03月 28日
ビームバー
f0103459_8432083.jpg 閉店セールではないのですが、日頃はあまりお目にかからない方も来院されます。今日もトクヤマのお友達がいらっ去るようですが、中には技工士さんも含まれます。昨日は希少のなかの大型ラボの社長がお土産を作ってお見えになりました。
 1970年頃には成書にも記載されていたビームバーです。私も1〜2回はチャレンジしたこともあります。患者さんに嫌われる前方パラタルバーを何とかしたいという思いは同じですが、当時はクラスプ線による屈曲でした。鶴見大学出身のこの社長とは「すれ違い咬合」CAD?CAMなどで時々接点があるのです。

 こちらはお得意のCoCrですから見栄えはします。若手の歯科医に理解してもらうのは大変でしょうが、1970年代の翻訳書籍も持参して頂き珍しくもりあがりました。残り少ない日々でチャンスがあればトライしてみたいのですが・・・。

お問い合わせは横浜トラスト歯科技工研究所へ。

by my-pixy | 2017-03-28 08:50